カラダのお話し 2017年9月

このコーナーでは、旭川市内で医院を開業されている先生に登場してもらい、読者が抱える身体の悩みにお答えしてもらいます。
あなたの誰にも相談できないカラダの悩みに先生がお答えします。

Q. 友人が昨年末頃から「生理がひと月に2、3回もある」と心配していました。生理の出血は多い時と少ない時とがあるようです。生理痛もある時とない時があると言っていました。普通は月に1度だと思うのですが、何か悪いところがあるのでしょうか?
(20代/会社員)

原因について

A. 月経(生理)周期は通常ひと月に1度。その間隔は25日から35日ほどが普通です。20日よりも短かったり、45日よりも長ければ、何か問題があると考えていいでしょう。周期が長いよりも短い方が身体にはよくないのです。頻繁に出血をすることで、貧血になりやすいからです。お友だちの状況ですが、情報が少なくてあまり正確なことは言えませんが、本当の月経の中間に、排卵期の出血があるように思います。これは排卵の時期に女性ホルモンのひとつであるエストロジェンがやや過剰に分泌されて、子宮の内膜が厚くなり、出血しやすい状態になることで起きます。月経と月経のちょうど中間あたりで起きることから、中間期出血とも呼ばれています。右か左の下腹部に張ったような軽い痛みを伴うこともあります。これを排卵痛といい、排卵した卵巣の側が痛みます。
出血量が少ないのであれば、この排卵期出血はそれほど問題になりません。量が多かったり、1週間も続くようなら婦人科を受診してみて下さい。超音波検査で排卵前後に見られる卵胞というものを確認し、視診で頚管粘液に混じった血液が見られれば、ほぼ確定します。排卵期出血の多くは数日で治まりますが、先ほど述べたように1週間以上続いたり、いつもの月経の量以上に多いようなら診てもらう必要があります。軽いようなら止血剤のみ、なかなか止まりそうになければホルモン剤の投与になるでしょう。毎月量の多い、そして長く続く排卵期出血があるようなら、継続的にホルモン剤の投与が必要になるかもしれません。

そのほかの原因は?

このほかにも、本当の意味でのホルモンのバランスが崩れた状況(女性ホルモンの分泌が少ない)でも不正出血が起こります。ただ、この場合の出血は時期が一定ではなく、下腹部の痛みを伴うことも少ないのです。若い女性の場合は卵巣そのものの異常ではなく、卵巣をコントロールする脳下垂体からの性腺刺激ホルモンが乱れていることが多いようです。その原因として、ストレスや過激なダイエットが挙げられます。拒食症で月経が止まることはよく知られていますが、逆に不正出血が起こるということもあります。これが、生理がしょっちゅう来る、と嘆く原因になります。ひどくなると、出血していない日がない、というまでになってしまいます。血液検査などでホルモン分泌状況はわかります。あまりこじらせないうちに、早めに受診することをおすすめします。

豊岡産科婦人科
院長:久田孝司
住所:旭川市豊岡4条1丁目1-10
電話:0166-31-6801

先生に悩み相談をしたい方は、お手紙またはメールでasatan編集部まで相談内容とお名前・年齢・職業・連絡先を明記の上、お送りください。
※注意:いただきましたお悩み相談のすべてが掲載となるわけではございません。予めご了承願います。
宛先:〒079-8431 旭川市永山町2丁目120-31 P・G・A 2F 株式会社asatan あさひかわtown情報
asatan編集部「カラダのお話し」宛 メール a-info@asatan.com

関連記事

  1. カラダのお話し 2017年10月

  2. カラダのお話し 2017年8月

  3. カラダのお話し 2017年4月

  4. カラダのお話し 2017年6月

  5. カラダのお話し 2017年7月

  6. カラダのお話し 2017年5月

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP