カラダのお話し 2017年5月

このコーナーでは、旭川市内で医院を開業されている先生に登場してもらい、読者が抱える身体の悩みにお答えしてもらいます。
あなたの誰にも相談できないカラダの悩みに先生がお答えします。

Q. 20代の友達から、「生理不順で困っている」と相談を受けました。最近は半年間も来ないことがあるそうです。体毛も濃くなり、ニキビも増えたと言っていました。生理がいつ来るのかわからず、とても不安そうにしています。何かの病気でしょうか。私から見ても、ずいぶん体重が増えたように感じます。婦人科に行くべきでしょうか?
(相談者:20代会社員)

病状について

A. 最も考えられるのは、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)です。これは女性の5%ほどに見られるもので、卵巣に小さな嚢胞が多発することが特徴です。主な症状としては無排卵、それによる月経不順、男性のような体毛、肥満などです。女性ホルモン分泌サイクル異常と考えられていましたが、最近はもっと複雑な要因が絡まって引き起こされる、と言われています。インスリンに抵抗性をもつことがあり、将来的に糖尿病(Ⅱ型)に陥る恐れがあります。長い間月経が来ない状態を放っておいてはいけません。女性ホルモンのうち、エストロジェンだけが分泌され続けていると、子宮体癌の誘因になりかねません。少なくとも3ヵ月に1度は月経を起こすことが望ましいのです。

どのような治療方法?

治療は薬物療法が基本です。排卵誘発剤の1つである、クロミフェンという錠剤を服用します。注射による治療もありますが、まずは経口剤で排卵が起こるか試みます。低用量ピルもニキビなどの改善に役立ちます。今すぐ子どもが欲しいか、などで治療の選択が変わってきます。インスリンの作用を強めるメトホルミンという薬も、保険適用外ですが有効です。それら薬物療法でダメなら、卵巣の小嚢胞をつぶす手術(多孔術)も選択肢に入ります。また、注射による排卵誘発(ゴナドトロピン療法)も用いられることがあります。

どのような検査?

超音波検査、血液検査が行なわれます。超音波検査で卵巣に小嚢胞があるか、血液検査で脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを測定します。この血液検査で、LHが高値でFSHが正常値か低値なら、ほぼ診断が確定します。さらに体毛が男性型か、肥満があるかどうかを判断します。肥満を解消するだけでよくなることもあるので、PCOSが疑われる方は、体重を減らすことが大切です。この状態を放置していてはよくありません。

さいごに

心当たりがある方は、婦人科に受診することをおすすめします。その際、1~2ヵ月の間基礎体温を測っておけば参考になります。面倒かもしれませんが、基礎体温の測定を習慣化することが望ましいのです。

豊岡産科婦人科
院長:久田孝司
住所:旭川市豊岡4条1丁目1-10
電話:0166-31-6801

先生に悩み相談をしたい方は、お手紙またはメールでasatan編集部まで相談内容とお名前・年齢・職業・連絡先を明記の上、お送りください。
※注意:いただきましたお悩み相談のすべてが掲載となるわけではございません。予めご了承願います。
宛先:〒079-8431 旭川市永山町2丁目120-31 P・G・A 2F 株式会社asatan あさひかわtown情報
asatan編集部「カラダのお話し」宛 メール a-info@asatan.com

関連記事

  1. カラダのお話し 2017年4月

  2. カラダのお話し 2017年7月

  3. カラダのお話し 2017年9月

  4. カラダのお話し 2017年6月

  5. カラダのお話し 2017年10月

  6. カラダのお話し 2017年8月

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP