北村晴男弁護士の法律相談 2017年2月

北村 晴男
弁護士(東京弁護士会)
1956(昭和31年)年生まれ。長野県出身。
1992(平成4)年に個人事務所を開設し、2003(平成15)年に法人化。生命保険、交通事故、医療過誤、破産管財事件、家事事件など多岐にわたる事件を処理している。
弁護士法人 北村・加藤・佐野法律事務所代表。
メルマガ「言いすぎか!! 弁護士北村晴男 本音を語る」(まぐまぐ!)配信中

離婚した元夫のSNSに載っている、私の写真を削除してもらうことはできるか?

 長年の離婚協議の上、ようやく離婚が成立しました。離婚成立後は清々しい気持ちで新しい生活を心から楽しんでいたのですが、ある日友人に「前の旦那さんのSNSにあなたの写真がたくさん載っているよ」と教えてもらいました。結婚していた当時からやっていたものらしく、離婚後には新たな写真は載せていないようですが、過去のものを消していないようです。元夫に直接連絡を取ることはしたくないので、友人から消してもらうように頼んだのですが「当時のものなんだから言われる筋合いはない」と言われました。どうしても消してもらいたいのですが、法的に対処できますか?  
  (旭川在住/S・K)

 今回のケースの場合、元夫に対する削除請求とサイト運営者に対する削除請求の、2つが考えられます。  まず、元夫に対してですが、有名人でも一般人でも誰にでも肖像権があります。肖像権とはプライバシー権の一種で、正当な理由なく、自己の容姿を撮影されたり、これを公表されたりしない権利です。例外として、報道などで、たまたま映ってしまった場合、報道の自由は民主主義社会の基礎を作るものとして最大限尊重されますから、無断で公表しても違法とされない場合があります。ただ、元妻の写真をSNSに載せ続けるということについては、正当な理由はまったくありませんから、肖像権に基づいて、元夫に「SNSから削除してください」と請求することができます。お尋ねのケースでは、そうした意思を表明した日以降に、写真を載せ続けること自体が不法行為になります。どうしても削除してくれないようであれば、調停を起こすというのが現実的ですね。調停というのは、ほとんど費用があると思います。裁判官は双方の主張が出揃えば、和解に向けて相手側を説得してくれます。この場合でいうと、損害賠償請求は放棄してもらう代わりに削除したらどうですか、と説得すれば、大きなメリットを感じて和解し、削除してくれるでしょう。多少とも判断力のある人なら。他方で、サイト運営者に対して請求できるかですが、それぞれのSNSに削除に関する規定があると思います。通常は明白に不法行為に当たる投稿については、規則によって削除の対象になると思います。そのルールに従って申告をすれば、サイト運営者が削除に応じてくれる場合が多いものと思います。  

 肖像権について追加ですが、最近はテレビのバラエティ番組などで、街の人の顔にモザイクがかかっているのをよく見ますよね。これは「肖像権」が一般の方に浸透した結果、権利意識が高まっており、それに伴って、放送する側も配慮しているということですね。  

あなた自身や身近に起きている悩みごとを投稿ください。
投稿先:info3@asatan.com「北村弁護士法律相談」まで

関連記事

  1. 北村晴男弁護士の法律相談 2017年5月

  2. 北村晴男弁護士の法律相談 2017年7月

  3. 北村晴男弁護士の法律相談 2017年9月

  4. 北村晴男弁護士の法律相談 2017年6月

  5. 北村晴男弁護士の法律相談 2017年8月

  6. 北村晴男弁護士の法律相談 2017年3月

  7. 北村晴男弁護士の法律相談 2017年1月

  8. 北村晴男弁護士の法律相談 2017年4月

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP