カラダのお話し 2017年12月

このコーナーでは、旭川市内で医院を開業されている先生に登場してもらい、読者が抱える身体の悩みにお答えしてもらいます。
あなたの誰にも相談できないカラダの悩みに先生がお答えします。

Q. 友だちが、「産後に気分が落ち込み、育児に気持ちが入らない」と言っていました。産前に比べると表情が暗く、話すことも愚痴ばかりでした。これはいわゆる『産後うつ』というものでしょうか。
(相談者:20代/主婦)

A. 産後、一時的に気持ちが落ち込むことはよくあることです。産後数日で泣きたくなったり、赤ちゃんを可愛く思えない、家族に不満を抱く、などは決して稀なことではありません。多くの妊婦さんが経験することです。
産後3日から10日の間にこうした症状が現れることが多く、『マタニティブルーズ』と呼ばれます。気持ちがふさぐ、集中力が無くなる、不眠などの症状が出ますが、最も多いのは涙もろくなることです。産婦さんの30%程度にこうした症状が現れる、という報告もありますので、誰にでも起こりうると考えて良いでしょう。ほとんどは2週間ほどで自然に治ります。よく話を聞いてあげるだけで、治療の必要がないことが多いのです。
ですが、この中の5%ほどが産後うつになる、と考えられています。産後うつは抑うつ感・焦燥感・不安・不眠・自責・育児放棄などが現れます。マタニティブルーズから移行を含めて、産婦さんの5から10%に現れる、という報告があります。こちらも決して少なくありません。赤ちゃんを愛せない、家族を愛せない、自分は母親として失格なのではないか、という自責の念は、悪化すれば自殺にも至り兼ねませんので、周囲が気を付ける必要があります。

治療法

 産後うつの場合、家族の協力が欠かせません。産婦さんに育児のすべてを任せずに、時には赤ちゃんから離して、育児の負担を軽減することが必要です。ただし、自分がダメだから赤ちゃんから離された、と思わせないようにすることが大切ですが、妊娠前にうつなどの精神疾患を経験した女性や、赤ちゃんに病気が見つかった、望まない妊娠・出産をした女性に多い、という報告もあります。私たち産科医は、こうしたことを常に念頭に置いておく必要があります。最近、放映されたテレビドラマ『コウノドリ』でも、産後うつがテーマになっていました。症状が重い場合、投薬を含め精神科医と連携して治療します。マタニティブルーズと違い、産後うつは治療が必要な状態と思って良いでしょう。
マタニティブルーズも産後うつも、家族の理解と協力が欠かせません。出産をした病院でも相談に乗ってくれるはずです。行政の支援もあります。1人で抱え込まず、まずは身近な誰かに話してみることです。育児に気持ちが入らないことに、罪の意識を持ち過ぎないことです。我慢を続け、自分を責め続けるのが最もいけないことです。

さいごに

産後うつの場合、向精神薬(SSRIのパキシルなど)を使わざるを得ない場合もあります。妊娠中はともかく、授乳にはそれほど影響はありません。乳汁への移行は10%程度で、赤ちゃんへの影響は少ないと考えられており、あまり気にせず薬を使えます。とにかく1人で悩まないこと。それが最も大切なことだと思ってください。

豊岡産科婦人科
院長:久田孝司
住所:旭川市豊岡4条1丁目1-10
電話:0166-31-6801

先生に悩み相談をしたい方は、お手紙またはメールでasatan編集部まで相談内容とお名前・年齢・職業・連絡先を明記の上、お送りください。
※注意:いただきましたお悩み相談のすべてが掲載となるわけではございません。予めご了承願います。
宛先:〒079-8431 旭川市永山町2丁目120-31 P・G・A 2F 株式会社asatan あさひかわtown情報
asatan編集部「カラダのお話し」宛 メール a-info@asatan.com

関連記事

  1. カラダのお話し 2017年11月

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP