カラダのお話し 2018年3月

このコーナーでは、旭川市内で医院を開業されている先生に登場してもらい、読者が抱える身体の悩みにお答えしてもらいます。
あなたの誰にも相談できないカラダの悩みに先生がお答えします。

最近、屋外で猫に餌を与えていた女性が細菌に感染して亡くなった事件がありました。私は今妊娠4ヵ月なのですが、人畜共通感染症というものがあると聞きました。ペットからもうつるのでしょうか? うつるとしたら注意しなければならないことを教えてください。
(相談者:30代/主婦)

A. 妊娠中に気を付けなければならない感染症は多くありますが、この方が心配される人畜感染症はトキソプラズマ症だと思います。トキソプラズマは女性が亡くなった事件のコリネバクテリウムとは違います。トキソプラズマが寄生虫なのに対し、コリネバクテリウムは細菌です。トキソプラズマはネコ科の動物を最終宿主とし、人や家畜などは中間宿主です。
もちろん、ペットがトキソプラズマを宿している場合はうつる可能性があります。ただし、胎児にうつって起こる先天性トキソプラズマ症は、妊娠中に初めて感染した場合です。つまり、長年飼っていた猫からは既にうつっている可能性があるため、それほど心配する必要はありません。ですが妊娠がわかったら、新たに猫を飼うのは控えましょう。猫の糞からうつることもあるので、野菜や果物はよく洗い、猫のトイレ掃除は妊娠中避けるようにしましょう。ガーデニングを趣味とされている方も多いと思いますが、猫の排泄物が混じっていることもあるので、土や砂には気を付けてください。素手ではいじらない方がいいと思います。検査に関してですが、血液検査である程度分かります。トキソプラズマ特異的IgGを調べます。日本では、この検査で陽性になる方がおよそ5~10%と言われています。これが陰性の妊婦さんは、感染しないように注意する必要があります。猫との接触に注意しましょう。

治療について

治療には薬があります。胎児への感染を完全に止めることはできませんが、古くからアセチルスピラマイシンという薬を使っています。日本では妊娠中の方の初感染率は、およそ0.13%と考えられています。これと出生数などを鑑みれば、年間130~1,300人の先天性トキソプラズマ症児が生まれている可能性があります。決して少なくない数です。
ですが、心配し過ぎてもいけないと思います。猫だけではなく、生肉にもトキソプラズマが付着している場合がありますので、生肉の扱いにも要注意です。食べる際にはよく加熱しましょう。日本では猫の感染率がおよそ10%と言われています。感染した猫が他の動物にうつすのは、感染してから2週間以内ですので、成猫よりも子猫からの方が感染の危険性が高いと考えられています。子猫はかわいいのですが…。トキソプラズマ症は、感染した母体にはそれほど大きな障害をきたしませんが、胎児には大きな障害をもたらします。水頭症・小頭症・てんかん・失明などのほか、子宮内胎児死亡を引き起こすこともあります。残念ですが妊娠が分かったなら、猫、特に子猫との接触を避けましょう。猫のトイレにも気を付けてください。今は空前の猫ブームですが、胎児を守れるのはお母さんしかいません。生まれるまで、少しの間辛抱が必要かもしれません。

豊岡産科婦人科
院長:久田孝司
住所:旭川市豊岡4条1丁目1-10
電話:0166-31-6801

先生に悩み相談をしたい方は、お手紙またはメールでasatan編集部まで相談内容とお名前・年齢・職業・連絡先を明記の上、お送りください。
※注意:いただきましたお悩み相談のすべてが掲載となるわけではございません。予めご了承願います。
宛先:〒079-8431 旭川市永山町2丁目120-31 P・G・A 2F 株式会社asatan あさひかわtown情報
asatan編集部「カラダのお話し」宛 メール a-info@asatan.com

関連記事

  1. カラダのお話し 2018年2月

  2. カラダのお話し 2017年4月

  3. カラダのお話し 2017年5月

  4. カラダのお話し 2017年8月

  5. カラダのお話し 2018年1月

  6. カラダのお話し 2018年5月

  7. カラダのお話し 2017年12月

  8. カラダのお話し 2018年4月

  9. カラダのお話し 2017年9月

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP