カラダのお話し 2018年8月

このコーナーでは、旭川市内で医院を開業されている先生に登場してもらい、読者が抱える身体の悩みにお答えしてもらいます。
あなたの誰にも相談できないカラダの悩みに先生がお答えします。

陸上競技をしている高校生です。生理が重く、競技日と重なると休みたくなります。生理前に体調も悪くなります。友達が、生理日をずらしたら、と言ってくれました。そんなことができるのでしょうか? それより、生理自体が軽くなればいいのですが。
(相談者:10代/学生)

A. 月経(生理)で悩んでいる女性アスリートは少なくありません。欧米の女性アスリートは80%以上が薬を服用して、月経の問題に対処しています。残念ながら日本では、数%というところでしょうか。もっと普及していいものだと思います。
薬としては、女性ホルモンのエストロジェンとプロゲステロンの合剤であるLEPというものを使います。経口避妊薬としても使いますが、用途はむしろ月経不順を改善したり、月経痛を軽減したり、不正出血を治療したり、と避妊以外の使い方の方が多いのです。以前よりもホルモン含有量が少なくなり、安全性が高くなっています。血が固まりやすくなる、ということ以外は、副作用の少ない比較的安全な薬です。
LEPを服用することで月経痛が軽くなり、経血も少なくなります。排卵が抑制されるので排卵痛(中間痛)、排卵期出血(中間出血)もなくなります。月経の前の体調不良、月経前症候群も改善されることが多いのです。いいことばかり書いているのでは…と疑われるでしょうが、欧米のアスリートの多くが服用していることが、その証拠です。日本は経口避妊薬と呼ばれていた頃から、薬を使うことに忌避感があったと思います。経口避妊薬の普及が進まなかったことが、日本の女性アスリートがLEPに目を向けない主因と思われます。
確かに血が固まりやすくなり、血栓ができる可能性は捨てきれません。ですから水分を十分に取り、脱水に陥らないようにすることが大切です。服用開始3ヵ月くらいは不正出血がみられることがありますが、服用を続けることで多くは消失します。筋力を低下させることもありません。大事なことですが、日本で処方されるLEPはドーピングにあたりません。安心して服用してください。
大切な競技の日が月経にぶつかる。痛みだけでなく、出血も気になりますね。その月経を動かすこともできます。早めることと遅くすること、どちらが確実かというと、遅くすることの方です。早めることはうまくいかないことがあります。これもLEPを使います。運動だけではなく、旅行や試験日にぶつかる、という時にも有効です。実際、入試の頃には、月経日を移動させて、という受験者が多くなります。お母さんに付き添われてきますが、別に診察の必要はありませんので、気軽に相談してくれれば結構です。
LEPをいつから使えるか、というと、初経が始まれば使えます。LEPによって骨端線が閉じると心配される方もいますが、初経が始まって以降は、LEPを投入されてもほとんど影響がないことが分かっています。身長が伸びなくなるのではと不安になる必要はありません。

さいごに

ご相談の方は高校生ですので、初潮を終えているものと思われます。婦人科、あるいは小児科、スポーツ医に相談するといいでしょう。きっといい成績を残せると思います。

豊岡産科婦人科
院長:久田孝司
住所:旭川市豊岡4条1丁目1-10
電話:0166-31-6801

先生に悩み相談をしたい方は、お手紙またはメールでasatan編集部まで相談内容とお名前・年齢・職業・連絡先を明記の上、お送りください。
※注意:いただきましたお悩み相談のすべてが掲載となるわけではございません。予めご了承願います。
宛先:〒079-8431 旭川市永山町2丁目120-31 P・G・A 2F 株式会社asatan あさひかわtown情報
asatan編集部「カラダのお話し」宛 メール a-info@asatan.com

関連記事

  1. カラダのお話し 2017年11月

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP