カラダのお話し 2017年7月

このコーナーでは、旭川市内で医院を開業されている先生に登場してもらい、読者が抱える身体の悩みにお答えしてもらいます。
あなたの誰にも相談できないカラダの悩みに先生がお答えします。

Q. 最近は梅毒にかかる若い人が増えている、と聞きました。本当でしょうか。梅毒なんて過去の性病だと思っていました。症状にはどんなものがあるのでしょうか。
相談者:20代会社員

A. 梅毒はSTD(性行為感染症)の1つです。昔は花柳病などと呼ばれ、売買春で感染することが多かったようです。昔の病気と思われがちですが、このところ目立って増えてきています。梅毒に対する知識が失われ、注意をしなくなったことが一因と考えられます。梅毒は昔の病気ではなく、今でも注意すべき感染症なんです。

原因、症状は?

梅毒の原因は、トレポネーマという菌です。この仲間には結核菌もいます。このトレポネーマが局所感染し、全身に広がることによってさまざまな症状が出現します。初期には外陰部の硬結、鼠径リンパ節の腫れなどですが、特に女性は症状が分かりにくいことが多いのです。痛みもほとんどないため、この第1期で見つかることは多くありません。それでも感染力は強いので、この時期に他人に感染させてしまうケースが少なくないのです。私も最近、梅毒の患者さんを治療させていただきましたが、帯下が多いとのことで診療にこられて、外陰部の硬結(硬性下疳)があるのに気付き、血液検査をして梅毒とわかったのでした。幸いその他の症状は見られず、第1期として抗生物質の投薬治療をしました。その後の血液検査では治癒が確認されてほっとしました。

進行すると、症状は?

第2期以降になると、バラのように紅い発疹、いわゆるバラ疹が見られるほか、梅毒性乾癬、扁平コンジローマなども現れます。第3期以降は菌が全身に広がり、第4期になると脳を始め、神経系統にまで菌が及びます。そうなると治療は難しいものになります。初期であれば、ペニシリン系の投薬治療で済みます。変だな、ちょっと危ない性行為をしたな、と感じたら、速やかに婦人科を受診することをお勧めします。

どのような検査?

視診、触診、血液検査で確定します。これにはさまざまな検査があり、偽陽性(梅毒に感染していないのに陽性に出る)もあるので、そうした場合は精密検査に回します。治療は先ほど書きましたように、ペニシリン系の抗生物質を服用します。症状が進んでいる場合は、抗生物質の注射や点滴になります。梅毒トレポネーマは、幸い抗生物質に耐性を持ちませんので薬の効きやすい菌です。初期にわかれば、完全に治癒する病気なのです。

豊岡産科婦人科
院長:久田孝司
住所:旭川市豊岡4条1丁目1-10
電話:0166-31-6801

先生に悩み相談をしたい方は、お手紙またはメールでasatan編集部まで相談内容とお名前・年齢・職業・連絡先を明記の上、お送りください。
※注意:いただきましたお悩み相談のすべてが掲載となるわけではございません。予めご了承願います。
宛先:〒079-8431 旭川市永山町2丁目120-31 P・G・A 2F 株式会社asatan あさひかわtown情報
asatan編集部「カラダのお話し」宛 メール a-info@asatan.com

関連記事

  1. カラダのお話し 2017年4月

  2. カラダのお話し 2017年10月

  3. カラダのお話し 2017年5月

  4. カラダのお話し 2017年9月

  5. カラダのお話し 2017年8月

  6. カラダのお話し 2017年6月

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP