RAMS by 壺屋総本店 ショコラティエ 村本賢亮さんインタビュー

『地産地消』をコンセプトに、旭川のメーカーとの斬新なコラボチョコレートを誕生させた『RAMS』。
発売から1ヵ月半が経った今、ショコラティエの村本さんに、誕生秘話と今後の構想を伺った。

 創業88年を迎えた壺屋総本店が、今年1月に誕生させたチョコレートブランド『RAMS』。手掛けたのは、代表取締役である父の背中を追い、昨年からショコラティエとして勤務している村本賢亮さんだ。事の始まりは今から約3年半前。「いつか旭川へ戻ろう」と思いながらも東京で営業マンをしていた村本さんに、父・定範さんから「ベルギーに行く気はないか?」という誘いがあった。「壺屋で働くにはまず現場を知りたい」と考えていた彼は、そこで菓子作りの基礎を学ぶことを決意。そうして2年半にわたる厳しい修行を完遂させ帰国した後、ショコラティエとして壺屋で働き始めた。
 そのうちに、旭川にはチョコレート専門店が少ないことなどから「チョコレートで旭川らしい何かをしたい」と考えるように。そこで『地産地消』をコンセプトに、旭川の飲食メーカーの素材を使った商品を作るという案に辿り着いたのである。最初は江丹別 伊勢ファームのブルーチーズ、2つ目は男山酒造の復古酒、3つ目は珈琲亭ちろるのコーヒー豆、4つ目は日本茶専門店USAGIYAの抹茶。これらは最初からプランを立てて実現していったものではなく、どれも偶然の出会いや人との繋がりによって生まれた商品だそう。素材とチョコレートの両方をいかすため、試作を重ねてようやく出来上がった、見た目通り努力の結晶なのである。
 そしてまもなく登場予定の新作は、自身の思い出の味でもあるという、みずのの生姜ラーメンとのコラボ。生姜の食感が楽しく、醤油の香ばしさも感じられるオシャレな1粒が完成した。
 村本さんの今後の目標は、コラボしたメーカーを記した旭川のマップを完成させること。そしてそのうちに旭川を飛び出し、道内の名産品とのコラボも考えているそう。いずれは旭川の人が道内を旅するような気分で、いろんなチョコレートを楽しんで欲しいと願っている。

新たな商品として注目したいのは、なんとハイヒール型のチョコレート。女性にとっては夢のようなプリンセス気分を味わえる。甘いハイヒールなんて、喜ばれるに違いない!

発売日・価格未定
※写真はイメージ

チョコっと一問一答
小さい頃の:夢サッカー選手 特技:異国の人とのコミュニケーション 好きな食べ物:チョコレート! 自宅での過ごし方:映画を観るか本を読む 今年の目標:たくさん商品開発してマップを広げる!

旭川市南6条通19丁目
壺屋 き花の杜
☎︎0166-39-1600
営業時間/9:30~19:00
休/不定休 P/あり

関連記事

  1. U-16 旭川プログラミング コンテスト事前講習会

  2. 映画羊と鋼の森 主演の山﨑賢人さんが春光台中学校卒業式にサプライズ登場!

  3. 旭川から世界へ! まったくあたらしい映画イベント始動!

  4. 大日本プロレス アブドーラ・小林選手が再びasatan編集部にやって来た!

  5. 女子プロレス界の最高峰“OZアカデミー”の旭川大会が決定!

  6. 平成29年度旭川市文化賞 贈呈式に潜入

  7. 映画 「生きとし生けるもの」 監督 今津秀邦さんインタビュー

  8. 瀬川あやか スペシャルインタビュー

  9. OZアカデミー 女子プロレス 旭川大会

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP