映画羊と鋼の森 主演の山﨑賢人さんが春光台中学校卒業式にサプライズ登場!

山﨑さんが調律したピアノで校歌を涙の大合唱!

 ピアノ調律師の成長を描いた映画『羊と鋼の森』。作品のほとんどを旭川市内で撮影し、主人公が調律師を目指すきっかけとなる重要なシーンの撮影は、旭川市立春光台中学校で行なわれた。そこで主演の山﨑賢人さんが撮影のお礼として、3月15日に行なわれた卒業式にサプライズ登場! 卒業生を激励した。

 感動のピークに達した式終盤の突然の登場に、体育館は熱気に包まれ、なかには泣き出してしまう生徒も。大歓声を受け登壇した山﨑さんは、祝福のメッセージと、ちょうど1年前にこの体育館で行なった撮影の思い出を振り返った。さらに、卒業式で使用するピアノを前日に彼が調律していたというサプライズが発表され、生徒たちは再び驚きと喜びに沸いた。そして最後にはそのピアノを使い校歌の合唱をプレゼント。感極まり号泣する生徒もいるなか、彼も涙をこらえながら歌声に聴き入った。

山﨑さんからコメントを貰いました!

 中学3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。一生に一度しかない中学の卒業式に、こうしてお邪魔する機会は中々ないので、凄く不思議で緊張しています。しかもこの体育館でちょうど一年前に撮影したのが、僕が演じた外村が調律師を目指した大事なシーンだったので、懐かしい気持ちでもあります。
 「羊と鋼の森」はほとんどのシーンをここ旭川で撮影していたので、旭川にはいろんな思い出があります。美味しいラーメンとか、ジンギスカンとか。旭山動物園のペンギンの散歩も可愛かったです(笑)。
 卒業生の皆さんは、とにかく色んなことに挑戦してみて下さい。外村も高校2年生のときに調律師という仕事に魅力を感じて、調律師を目指すのですが、やっぱり最初はうまくいかない。でも外村は、調律という仕事が好きで、諦めずにコツコツ頑張り続けるんです。これから新しい生活を迎える皆さんの背中をそっと後押ししてくれる作品になっていますので、ぜひ観てもらえると嬉しいです。

山﨑賢人

旭川市内3館にて6月8日(金)公開 羊と鋼の森

2016年本屋大賞受賞 宮下奈都原作の、ピアノの調律に魅せられた青年の成長物語。キャストには主人公を演じる山﨑賢人をはじめ、鈴木亮平、上白石萌音・萌歌姉妹、三浦友和ら実力派俳優陣が集結。撮影は旭川市を中心に行なわれ、旭橋や近文駅など馴染みのある風景も多数登場する。

©️2018「羊と鋼の森」製作委員会

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、「森」の匂いがした

STORY~ストーリー~

森に囲まれた田舎町で育った外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会いその音に感銘を受ける。外村は調律の世界に足を踏み入れ技術を学ぶが、技術だけではない調律師の難しさに直面。ある日、ピアニストの高校生姉妹の調律を引き受けるも、ある問題が発生し…。

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP