ぷりぷりぷりぷりぷりん

プリンに使う材料といえば、卵に牛乳に生クリーム。そりゃ北海道だもん、これらをひとつにしたら、おいしいに決まっている。
今回は旭川市内とその近郊で買える、食べに行ける12個のプリンをお届け。ぷりぷりのぷりんを口に含めば、それはもう、幸せのひとこと♥

  • 試作を重ね完成させた自信作!
  • カフェ

ハルキッチン 

住所:上川郡東川町東11号南4 TEL:090-6992-0131

懐かしい昭和のプリンが食べたいと思い立った店主の岩淵さんが、昔通っていた喫茶店の味を思い浮かべながら、試作を重ね完成させた自信作。昔懐かしい弾力と飾らない甘みが心地良く「思いっきりすくい上げて大胆に食べるとよりおいしい」と岩淵さん。運が良ければサクランボやクッキーなどのトッピングが乗ることも。ざっく …

  • 素朴で懐かしさすら感じさせる!
  • カフェ

cafe good life~カフェグッドライフ~ 

住所:旭川市東旭川町東桜岡52-2 TEL:0166-36-7722

窓の外にある豊かな緑を眺めながら食べると、そのおいしさもひとしお。自然由来の味を尊重して、余計なものを一切加えずにわずか8分で蒸し上げるこのプリン。たっぷり入ったバニラビーンズとほどよい弾力が、どこか素朴で懐かしさすら感じさせる。上に乗る果実は周りの畑で自家栽培したもの。6月はブルーベリーやラズベリ …

  • 真っ白なプリン!
  • カフェ

みんなのカフェ銀座(交流広場) 

住所:旭川市3条通15丁目 銀ビル1F TEL:090-5221-3297

料理教室の講師経験のある店長・山下さんが発案した真っ白なプリン。「健康的なお菓子を作ろう!」という案から、塩スイーツブームにかけて塩麹を使ったというが、これが大当たり。口に入れた途端にふわっと塩分が広がり、その後に麹の香りが鼻に抜け、最後にはシンプルな牛乳の甘みが残る。ゼラチンではなく、柔らかさに長 …

  • 躍動するぷりっぷりの食感!
  • カフェ

heart cafe CUORE~クオーレ~ 

住所:旭川市東旭川南1条7丁目2-13 TEL:0166-73-9609

スプーンに乗せると、まるで喜んでいるかのように躍動するぷりっぷりの食感。その秘密は、冷やして固めるというゼリーに近い作り方にある。札幌の有名店から取り寄せるイングリッシュブレンドの茶葉に、乳脂肪分の高い濃厚な生クリームを使うが、この作り方が食後に嬉しい絶妙なさっぱり感を生んでいる。深くて華やかな紅茶 …

  • 贅沢なほどなめらかな食感!
  • カフェ

菓子工房 かしのみ 

住所:旭川市春光台3条5丁目2-20 TEL:0166-55-0438

じゃがいもを使ったスイーツを作りたい! という思いから誕生。じゃがバターのじゃがいも×乳製品という部分にヒントを得て、クリームチーズを掛け合わせ、それらをプリンに。丁寧に裏ごしをするため、贅沢なほどなめらかな食感で、じゃがいもの自然な甘みとチーズのコクが小さな瓶に充満している。アクセントがコショウな …

  • 贅沢な食感がたまらない!
  • カフェ

倉沼CAFE 

住所:旭川市東旭川町倉沼30-6 TEL:0166-74-8739

プリンのおいしさをぎゅっと凝縮したらこうなった、といっても過言ではない『くら生プリン』。弱火で1時間蒸し上げることで生まれる、柔らかくも中身の詰まった贅沢な食感がたまらない。そこに卵黄・砂糖・バニラビーンズで作る甘いアングレーズソースとカラメルソースがシャワーのようにかかり、飾らない主役をがっちりと …

  • 1990年オープン。似顔絵・キャラケーキが人気
  • テイクアウト/ 洋菓子&和菓子

菓誌の森 

住所:旭川市錦町12丁目3083-6 TEL:0166-51-8866

クリームほど柔らかすぎず、プリンまでの弾力は持たない。この絶妙な加減にプロの技が光っている。蒸し焼きにする50分の間、火加減を調整することで柔らかさを保ち、最後はブラウンシュガーを乗せバーナーで焼き色を付けて完成。パリッ&とろ〜りの異なる食感がひとつに。

  • 1980年オープンの老舗。アモール店もあり
  • テイクアウト/ 洋菓子&和菓子

手作り菓子 きく屋 

住所:旭川市東光11条1丁目2-12 TEL:0166-31-3883

アイスでも、プリンでもない。10年前の発売以来、数々の媒体で取り上げられ、今やアイスプリンという新ジャンルを構築したこの商品。オーブンで37分焼いた後に冷凍することで、ひんやりとろける独特の食感が誕生。食べどきは、冷凍庫から取り出して常温で20分置いてから。

  • 2009年オープン。キャラメルやメレンゲも販売
  • テイクアウト/ 洋菓子&和菓子

田んぼの中の小さな プリン屋さん ぴっぷりん 

住所:上川郡比布町北5線13号 TEL:0166-85-3360

昔からお菓子作りが趣味だったという店主の有岡さんが、カラメルが苦手な自身の子どもにカラメルなしで作ったのがきっかけで生まれた『ぴっぷりん』。使う食材は、比布産の『かっぱの健卵』を筆頭に道産オンリーだ。子どもでも安心して食べられるやさしい味に、遠方から訪れるファンも多い。

  • 2005年オープン。フルーツタルトやケーキも販売
  • テイクアウト/ 洋菓子&和菓子

Pudding・TaBa 

住所:旭川市川端町4条10丁目3-28 TEL:0166-54-3518

「大きなプリンに夢を持っていた」という店主・田畠さんの思いから、そのボリュームはなんと大人約4人分。添加物を使わずに卵・牛乳・バニラビーンズで作る、自然由来のホッとする味わいと、ほどよい硬さにファンも多い。昨年全国放送で取り上げられてから、人気はさらに加速中!

  • 1月オープン。オーナーは横浜・東京で12年間修行
  • テイクアウト/ 洋菓子&和菓子

pâtisserie unjour 

住所:旭川市永山3条16丁目2-1(ドコモショップ隣) TEL:0166-74-4661

グレープフルーツの皮を煮出した牛乳の甘みに、突き抜けるように爽やかな果実の酸味、ちょっとばかりのほろ苦さも相まって、想像以上のコラボが完成。上から、果肉・ゼリー・プリン・カラメル。それらが合わさって喉をとろりと滑ったら、初夏の爽快感が口いっぱいに現れる。

  • 道内でも珍しいプリン専門店。昨年神楽から移転
  • テイクアウト/ 洋菓子&和菓子

スノークリスタル北海道 

住所:旭川市流通団地2条1丁目10-27 TEL:0166-73-6622

自然放牧された牛の低温殺菌牛乳に、中札内産の卵。そこへチーズの製造過程で出来るホエーを加えて作る、もったりとした重厚感はまさに奇跡。発売から11年が経ち、過去には全国2位も獲得。今では1日2,000個を製造するが、相変わらずすべてが手作業だ。道理で愛されるわけである。

関連記事

  1. 野菜をごちそうに。道産贅沢ドレッシング

  2. 札幌へ行こう

  3. 旭川のSNS映えグルメ&スイーツ asatelegram

  4. 異国情緒あふれる アジア飯

  5. 最高のバゲットに、最高のジャム

  6. 昔も今も、この場所で。 〜言葉にできない想いを乗せて〜

  7. VOICE 今月の読者の声特別 拡大版 〜人生最恐の心霊体験〜

  8. さんろく感謝の日 4軒だけひと足先に行ってきました。

  9. 北海道命名150年記念特集 旭川だってもうすぐ130年!

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP