知っておきたい 雪道の走り方

降雪や日照時間の短縮により、運転環境が大きく変わる冬場は交通事故が多発! しかし、誤ったブレーキ操作によるスリップや、わだちにハンドルをとられての衝突など、知識があれば未然に防げるケースも多い。そこで今回は北海道クミアイ自動車学校の辻悟さんに、雪道の上手な走り方を伺った。この冬は余裕のある安全な運転を目指そう!

Q. 雪道の特徴を教えて!

A. 冬は積み上がった雪や、吹きだまりによって見通しが悪くなるうえ、道が狭くなるので、対向車や歩行者と接触する危険性が高くなります。また、ゆっくり走る車が増えるため、時間にゆとりを持って運転に臨むことが重要です。

Q. 停止時の注意点は?

A. 早めにアクセルペダルから足を離し、できるだけエンジンブレーキを使いましょう。必要に応じてポンピングブレーキを使い、ゆっくり止まることが大切です。AT車の場合もチェンジレバーを2やLにすることでより強いエンジンブレーキが期待できますが、急激な減速は走行が不安定になり、スリップにつながるため注意してください。

Q. 走行時の注意点は?

A. 雪や氷などによって滑りやすくなるため、ブレーキをかけてから停車するまでの距離が長くなります。走行する場合はスピードダウンと、夏季の2倍以上の車間距離を確保しましょう。また、凍結した路面などでの追い越しは非常に危険です。

Q. ホワイトアウト現象って何?

A. 雪などで視界が白一色になることを言います。ホワイトアウトが発生している場合は安全な場所に車を停め、無闇に車外に出ずに天候の回復を待つか、警察・消防・近くの民家に救助を求めましょう。猛烈な吹雪の場合、車から離れると自分の位置を見失い、遭難する恐れがあります。地吹雪によっても、ホワイトアウトが発生することも知っておいてください。

Q. わだちがある道はどう走ればいいの?

A. わだちではハンドルがとられて車が横向きになったり、スピンして反対車線に飛び出してしまうことがあるため、なるべくわだちの流れに逆らわず、十分にスピードを落として走行しましょう。わだちから脱出するときは、周囲の安全を確認した後、徐行しながらハンドルを左右に小刻みに切って車体を左右に揺さぶり、揺れの反動を利用して脱出します。脱出できない場合は無理せず、スコップで除雪しましょう。

Q. まさかの立ち往生! どうしよう!?

A. 車をできるだけ道路の左端に沿って駐車し、ハザードランプの点灯、停止表示器材の設置をすることで後続車に合図します。雪が降っているときは車内に排気ガスが入り込むのを防ぐために、定期的にマフラー付近を除雪しましょう。また、窓を少し開けて車内の換気をしましょう。除雪ができない場合はエンジンを切ってください。

注意してください! 事故多発! 危険地帯の留意点

カーブ カーブ内での急激な加速や減速は、走行が不安定になることがある。カーブに入る前に安全速度までしっかり減速し、一定の速度で曲がるようにしよう。
橋の上 強い風が吹くことで、黒く濡れたアスファルトのような凍結路面「ブラックアイスバーン」ができやすい。見分けることは非常に困難。
交差点 タイヤなどで磨かれ、路面がツルツルになっている場合がある。冬は歩行者のスピードが遅くなることや、もらい事故が発生することを考えて特に慎重な運転をすること。
坂道 追突事故が発生しやすいポイント。勾配に応じてギアを変え、十分な車間距離を保つこと。下りでは早めに減速することを忘れずに。
トンネル トンネル内部は湿度が高く、出入り口付近は冷たい風が吹き抜けるため、全体的に路面が凍結していることがある。

雪道でも安心? 安全運転サポートシステム

※システムを過信せず、ドライバー自身による安全運転を心掛けてください。

アンチロックブレーキ(ABS)

ブレーキを強く踏み込んでも車輪がロックするのを防ぎ、ハンドルの操作を可能にする装置。路面によってはその効果を発揮できないことがあるため、とっさのブレーキ操作をしないような運転を心掛けよう。

トラクションコントロール

各タイヤの空転を検知し、走行中のふらつきや横すべりを抑える機能。タイヤのグリップ力が伝わらない路面では制御しきれない恐れがある。急発進・急加速はしないことが望ましい。

横滑り防止装置

カーブで横すべりしたときに、エンジンの出力や、それぞれのタイヤのブレーキを調整することで安定した走行を確保する。ハンドルを切った状態でのブレーキ操作は危険なため、カーブ手前で減速をしっかりと行なうこと。

自動ブレーキシステム

センサーによって前方の危険を察知し、衝突を防ぐシステム。雪などがセンサーに付着した場合や視界が悪い状況では使用できない場合がある。また、凍結路面では作動しても車が止まれない可能性がある。

教えてくれたのはこの人

公安委員会指定 北海道クミアイ自動車学校
辻 悟 さん


面積約30,000㎡、直線走路240mの広大な環境は道内トップクラス。スムーズで快適な練習と充実した教習システムで、合格をしっかりサポートする。無料送迎は旭川市内・近郊と、広く対応しているため通いやすいのも魅力。春までに免許を取得したい人は、早めの入校を。

住.旭川市永山北3条8丁目182-1
☎ 0166-48-1141/0120-887-931
営.9:30~19:30(日・祝祭日を除く)

関連記事

  1. 異国情緒あふれる アジア飯

  2. ひとつだけのカフェ特集

  3. アウター着まわしコーデ術 2018 Winter / Spring

  4. 出会いと別れの春 思い出に残る歓送迎会

  5. まず知ることが第一歩! 旭川の住宅事情 早わかり

  6. 若妻が行く! Vol.2 マイホーム計画のための モデルハウス見学

  7. 秋といったら新米だ米(よね)

  8. とっておきの日本茶。

  9. おいしい酒を求めて…日本酒の春

カテゴリー

人気の記事

PAGE TOP