仕事も人も、なんでも【楽しく】がモットーの『ゆい・ゆい本舗』

仕事も人も、なんでも【楽しく】がモットーの『ゆい・ゆい本舗』

手作りグルメや雑貨、無料提供しているギャラリー、スタッフたちの個性を伸ばす活動支援など幅広い活動を行なっているギャラリー喫茶【ゆい・ゆい本舗】をご紹介します。


工夫を凝らした【カフェ飯&スイーツ】が満載

旭川市のお隣のマチ東神楽町にあるギャラリー喫茶【ゆい・ゆい本舗】は、障がいのある人たちが働いている就労支援事業所。

代表の野々村さんは、一緒に楽しみならがら♪をモットーに、事業所のスタッフみんなと様々な活動に取り組んでいます。

その中心となっているのが喫茶店。
接客や調理をはじめ、新作メニューも働いているみんなで意見を出し合って作っているんだとか。
カレーやグラタン・スイーツなど、地元食材や自家菜園野菜などを使ったが料理が揃っています。

最近のイチ押しは、忠別ダムカレー!
特徴であるロックフィル式ダムをハンバーグとライスで表現。
ダムから望める山々は芋もち。
ランチョンマットには忠別ダムの写真。
めっちゃダムLOVEが溢れた一品です♪

忠別ダムカレー850円
出典:asatan

まだまだ魅力的なメニューがいっぱいあります!
1コインで味わえる【ブレンドカレーG(サラダ付き)/500円】。
Japacheese(ジャパチーズ)のチーズを使った【ハンバーグドリア(サラダ付き)/700円】。
あっさり加減が女性に好評の【くりぃむパスタ/650円】。

スタッフが工房で焼き上げる米粉を使った【シフォンケーキ】や【クッキー】も見逃せません!
旭川産ゆめぴりかの米粉を使っており、【シフォンケーキ】は4種類(各120円)で、ドリンクとのセットメニューが人気です。
【クッキー】は8種類で、各1袋100円とリーズナブル。
スタッフが一つひとつ丁寧に作っていることが、見て食べて感じる素朴で優しい味のクッキーです。

もちろん、どちらもテイクアウトOKです♪

表現する人たちの発表の場【展示ギャラリー】

表現者たちの発表の場を提供したいと実施しているのが、店内の壁を活用した【展示ギャラリー】です。
プロ・アマ問わず、出展無料!
絵画や写真、ビーズ・布・木工・ガラスなどのハンドメイド作品など展示物は多種多様。

専門雑誌で何度も金賞を受賞した東神楽町在住のカメラマンの写真展、各種教室やサークルなど、さまざまなモノづくりを楽しむ表現者たちの発表の場になっています。

事業所スタッフの作品も展示されることもあり、販売もしています。
ちなみに、展示ギャラリーは1ヵ月サイクルで、広いスペースをすべて使わなくてもOKとか。

自分の作品を発表したいと思った方は連絡してみては。

(左)店内の壁面を活用したキャラリー。(右)スタッフ手作りしたビーズブレス・ストラップ・猫クリップ
出典:asatan

スタッフの【個性を伸ばす支援】で夢を叶える

旭川市の街並みがフリーハンドで描かれた黄色いタクシー【みつばちタクシー】が走っているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

2019年11月から旭川市内を走っている夢を乗せた車です。
そのボディに絵を描いた青山雄一さんは【ゆい・ゆい本舗】へ通所しているスタッフのひとりなんです。

事業所で働いているスタッフたちの店舗運営を通しての支援のほか、スタッフ一人ひとりの特徴や個性…平たく言えば『好きを伸ばすサポートをする』という事業所の理念が、具現化した出来事のひとつと言えます。

【みつばちタクシー】のボディに絵を描くことになった経緯は、下の『青山雄一さんの夢を叶えた黄色いボディ!』を読んでもらうとして、遂に2台目11月に出現します。

最初の夢が叶ってから1年。
前回よりイラストが大きく描かれていて、あさっぴーや旭山動物園、大雪山など旭川のマチの風景が満載です♪

耐熱・耐候マーカーを使って描いている雄一さん。旭山動物園の動物たちがフロントに
出典:asatan

そして遂に完成した2代目がこちら!

右が今回完成した2代目のタクシー
出典:asatan

お披露目の際、これまでの3台が並んで展示。
今後は市内のどこかで見ることができますよ!
見つけると良いことがあるかも♪
まだまだいろんな構想がありそうな【ゆい・ゆい本舗】。
目が離せませんね。

ギャラリー喫茶 ゆい・ゆい本舗 基本情報

住所:上川郡東神楽町ひじり野北1条3丁目1-3
TEL:0166-76-4237
営業時間:10:00~16:00
定休日:日曜日、祝日
駐車場:あり