美術品・骨董品【お宝なんでも無料鑑定会】in青森開催!!

美術品・骨董品【お宝なんでも無料鑑定会】in青森開催!!

東大赤門前で骨董品や美術品の鑑定買取45年、今や全国に15店舗を構える『本郷美術骨董館』が9月18日(日)弘前市、19日(月・祝)青森市にて【お宝なんでも無料鑑定会】を開催します!


本郷美術骨董館の魅力

骨董品や美術品と言っても、絵画・掛け軸・茶道具等、多種多様な種類が存在します。

例えば『古染付鉢』(中国時代の器)という骨董品があります。
この鉢を高く買取してもらいたいと思った場合…。
あなたは茶道具商・中国美術商、どちらに持っていきますか?

正解は…、茶道具商です。
おそらく10倍以上の金額差になるのです。

古染付はお茶の世界では珍重されますが、中国ではあまり評価されません。
清朝時代の官窯の鉢でしたら逆です。

このような例は焼き物に限らず、絵画など、美術・骨董品全般に言えます。
要は「餅は餅屋」という事です。

しかし、どこに相談したら良いのか分からないのが現状です。
そんなお客様のご要望に応え、本郷美術骨董館にはあらゆる分野の専門家が集まり、27人の鑑定士が在籍しています。

3つの対応力

1.【総合対応力】
オールジャンルの鑑定・査定ができます。
あらゆる分野の専門家がそろっています。

2.【スピード対応力】
現金即決で対応します。
豊富なデータ、経験によるスピード鑑定、買取を行います。

3.【販売対応力】
高価買取で対応します。
本郷美術骨董館ならではの販売力を持ち、高価買取が可能です。
【買取品例】
絵画・茶道具・刀剣・古美術・陶磁器・現代アート・中国美術・宝石・時計・津軽藩由来品・百貨店購入美術品

【一攫千金!!】昔から家にあった物がとんでもないお宝だった!?本郷美術骨董館の鑑定会へ行ってみよう。 | asatan

https://asatan.com/articles/1545

不要になった美術・骨董品。リサイクルショップに持ち込む方もいますが、まずは専門店での鑑定が良いのだそう。骨董品や美術品はとても専門性が高く、店舗によって査定価格が大きく変動してしまうことも!?そこで、東大の赤門前で40年以上も美術・骨董品の鑑定や買取りをしている本郷美術骨董館がおすすめです。人気の鑑定会の様子もご紹介します。

今、高価買取の美術・骨董品

数年来、中国の美術品熱は高まっており、中国美術品の買取価格が高騰しています。

文化大革命の際、膨大な数の中国美術品が世界中に散らばり、中国人バイヤーはこれらの美術品をコレクターに売ろうと買い戻しに走っているからです。

さらに本郷美術骨董館では中国人向けのオークションを定期的に開催しており、その実績を元に、中国の絵画、陶器、道具類の情報を網羅しています。

ただし、中国バブルがいつ終わるか分かりません。 高値を付けている今だからこそ、売却を検討されてはいかがでしょうか?

あと、青森では日本のゴッホと言われている棟方志功の作品が多く流通しており、高値での買取実績が豊富です。

また、弘前市出身の奈良美智氏の作品は、世界的に有名な現代アートとして高値での取引となっています。
【高価買取作家名】
斉白石・呉昌碩・張大千・徐悲鴻・孫文・山口長男・白髪一夫・棟方志功・奈良美智 など

イベント詳細

イベント名:お宝なんでも無料鑑定会
日時:2022年9月18日(日)10:00~15:00
場所:弘前商工会議所2階(青森県弘前市上鞘師町18-1)
日時:2022年9月19日(月・祝)10:00~15:00
場所:東奥日報新町ビル2階sevenC's(青森県青森市新町2丁目2-11)
入場:無料
駐車場:あり
※ご予約・お問い合わせはフリーダイヤル(0120-518-100)骨董屋 百番まで