剣淵町で地域おこし協力隊として活動する二人に聞いた道北の生活

剣淵町で地域おこし協力隊として活動する二人に聞いた道北の生活

旭川から車で約45分の所にある剣淵町で地域おこし協力隊として活動する2人の女性に話を伺いました。地域おこし協力隊とは?北海道に移住してみてどう?あなた方から見る過疎の道北の課題は?今後、地域おこし協力隊を考えている人や、田舎暮らしを考えている人は必見です。


地域おこし協力隊とは?

地域おこし協力隊とは全国の過疎に直面する過疎地で、大きな都市から移住することを目的に国が主体となって行なっている地域おこしの一環です。

人口減少に歯止めがかからない北海道は特に需要が多く、剣淵町に関わらず道内の多くの市町村で取り組まれています。

全てが当てはまるわけではありませんが、もちろん旭川から道内の過疎地に移住してそこの町や村で移住者として活動することも可能です。

行う活動や要望は市町村によって様々ですが自分の能力を試したい人や、田舎暮らしをしたいけど仕事をどのように探せば良いかわからない人などにとっては、まずは良いきっかけとして移住のステップを踏めるのではないでしょうか?もちろんそれぞれの市町村から給与は支給されます。

剣淵町で活動する2人

(左)小西さん (右)村上さん

2020年現在、剣淵町では奈良出身の小西さんと大阪出身の村上さんが活動を行なっています。

小西さんは北海道に移住をして6年目。

鹿追町、富良野市、東川町と農家での仕事を主に剣淵町へとやってきました。

一方村上さんは、地域おこし協力隊になる前に剣淵町で物件を購入し、その流れもあって剣淵町の地域おこし協力隊として活動することになりました。

現在は剣淵町の中心で「noir(ノアール)」というカフェを運営しています。

北海道の生活で感じること

ありきたりな質問から始めましたが、関西出身のお二人からすると道民のペースはゆっくりと生活をしているように感じるようです。

もちろん剣淵町という過疎の町で生活をしているということもあるのでしょうが、それらを除いたとしても道民のペースはゆっくりだそうです。

また、雪の生活に憧れて来たものの想像を超える生活のトラブルに驚くことが多いとのこと。

「雪が多い日は家のドアが開かない」「寒い日は水道を落とすという北海道ならではのスタイル」「雪庇で窓が割れた」などなど。

ただそれらの不便を「楽しい」と語るように、一つ一つの手間を楽しんで生活ができているようです。

北海道は外国

剣淵町での活動

北海道で生まれて北海道で生活をしている人には理解できないことかもしれませんが、道外の人からすると北海道は外国のような場所に感じる人が多くいます。

元々ネイティブ(先住民)が生活をしていた北海道や沖縄では本州の人が読めない漢字であったり、家の作りであったりと、最初はまるで異国に来てしまったかのように感じます。

それが魅力で観光や移住をしてくる人がいるのですが、元々住んでいる道民にはあまり理解ができない感覚かもしれません。

分かりやすく言うと北海道は道外の人からすると「日本語の通じる外国」ということです。


二人が感じる道北の課題

お二人が剣淵町で活動する中で強く感じることが「旭川から北へ行く観光客が少ない」ということ。

剣淵町はアルパカ牧場や絵本の里など観光としてのスポットを保持しているにも関わらず、剣淵を通り越して稚内を目指す観光客が大半です。

町の規模からしても仕方ない部分はありますが、仕方ないと諦めるのではなく、その状況からいかにして剣淵町に立ち寄ってもらえるような魅力を作り出すかを考えています。

「よそから来た人ができるわけがない」そんな事を思う人もいるかもしれませんが、良質なアイディアなどは道民が持っていない視点からも発見することができると思います。

協力隊の高齢化

日本全国の高齢化に伴って地域おこし協力隊の高齢化も比例するように進んでいます。

約10年前に始まったこの制度ですが、国の意向としては若い世代が地方に移り住み新たなイノベーションや地域活性化を目指していました。

しかし若い世代の人たちがあまり地方に行こうとはせずに、3〜40代の人たちが協力隊として多くなってきているのが現状です。

それらの年齢であっても地方では若手という見方をされるので問題はありませんが、高齢化の現実はこのような所にも影響を及ぼしています。

旭川で新築住宅を建てるなら道北振興へ
PR

地域おこしを考えている人へ

スペイン語のクラスから地域の子供へ向けた教室など幅広い活動が行われてます。

旭川の市民でもそれ以外でも、地方都市へ行って地域おこしの活動に興味がある人は少なくないかもしれません。

自治体によってサポートの体制や条件は様々ですが、田舎へ移住したい人や地域おこしがしたい人、企業をしてみたい人、農家をやりたい人など、様々な条件の中から探すこともできます。

ただ「引き出しが多いにこしたことはない」とお二人が語るように、田舎ではその人の持っているスキルが存分に生かされたり重宝されることも多々あります。

都会では五万といるようなweb知識しか持っていない人も、田舎ではこぞって周囲の人が頼りにしたくなるスキルであることも事実なのです。

最後にちょっとしたお話

南米を旅していた奈良出身の小西さんが北海道に移り住んだ理由は、アルゼンチンのパタゴニアに滞在していた時に帰国が近づいてきて、日本で生活をするなら北海道がいいなと考えるようになり移住をしてきました。

ペンギンがものすごく好きで野生ペンギン全てを見に行くことが現在の夢だそうです。

一方大阪出身の村上さんは大阪でライダーカフェを経営していたバイク好きの女性。

地域おこし協力隊を目的に移住してきたわけではなく、大阪で生活していた時すでに剣淵町で空き家を購入したのがきっかけで、剣淵の地域おこし協力隊として活動を始めました。

皆様々なバックグランドや理由を持って地域おこしに健闘しているようですね。

この記事のキュレーター

バドミントン元全日本ジュニアチャンピオン。大学卒業後、地元企業に就職したのち、海外を旅するため退職。オーストラリアで生活後、アジア、南米、北米を1年半放浪。帰国後は沖縄の宮古島、兵庫の淡路島などで島生活を経てバドミントンネパール代表のコーチに就任。その後メキシコでジュニア代表もコーチし、マヤ族と一緒に生活。海外ではクリスタルやオパールなどの天然石の買い付けも同時に行い、オリジナルの手法で編み込む、天然石アクセサリー「名もなき石屋」を立ち上げ。著書にノンフィクション「旅を終えると君の余命は1年だった」を出版。英語、スペイン語、手話での会話が可能。

関連する投稿


【2月2日(日)開催】元祖越冬キャベツの里 第31回わっさむ極寒フェスティバル

【2月2日(日)開催】元祖越冬キャベツの里 第31回わっさむ極寒フェスティバル

2020年2月2日(日)に和寒町で開催されるイベント【元祖越冬キャベツの里 第31回わっさむ極寒フェスティバル】の紹介です。


最新の投稿


【まるで南国⁈】ベビーフェイスプラネッツのランチ!

【まるで南国⁈】ベビーフェイスプラネッツのランチ!

旭川市忠和にあるベビーフェイスプラネッツというお店をご存知でしょうか?先日、友人たちとランチで訪れたのですが、とても個性的で面白いお店でした。皆さんに知って頂きたいと思ったので、今回はベビーフェイスプラネッツの魅力を紹介します。


一人出張先のホテルで味わう【旭川】のうまいもの!3選

一人出張先のホテルで味わう【旭川】のうまいもの!3選

その土地の美味しいものを味わうのも旅の楽しみの大きな要素ですね。しかし、札幌には何度も行っているので、あまり楽しみなグルメがありません。そこで、今回は旭川の美味しいお酒と美味しいおつまみをホテルに持ち込んでみました。


猫好き必見!旭川の「猫カフェ」で癒されよう♡

猫好き必見!旭川の「猫カフェ」で癒されよう♡

空前の猫ブーム!猫を飼いたいけど飼えない。猫は飼ってるけど違う猫とも触れ合いたい。これから飼ってみよう… なんて思っている方に旭川で行ける「猫カフェ」を紹介します。


【3月7日(土)・8日(日)開催】EOS DANCE STUDIO 第4回発表会 Colors of Dance

【3月7日(土)・8日(日)開催】EOS DANCE STUDIO 第4回発表会 Colors of Dance

2020年3月7日(土)・8日(日)に旭川市で開催されるイベント【EOS DANCE STUDIO 第4回発表会 Colors of Dance】の紹介です。


JR四条駅から徒歩圏内にある、幼児に嬉しい特典のあるお店♪

JR四条駅から徒歩圏内にある、幼児に嬉しい特典のあるお店♪

小さい子を持つ親としては、小学校入学前の幼児が特典を受けられるお店があると嬉しいですよね。旭川のJR四条駅から徒歩圏内に、未就学児にメリットのあるお店を見つけましたのでご紹介します。


旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!

人気ランキング


>>総合人気ランキング
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
グルメクーポン
新店舗情報