JR【旭川発】ノロッコ飲み鉄ふらの旅

JR【旭川発】ノロッコ飲み鉄ふらの旅

JR北海道の観光列車「ノロッコ号」に乗って、富良野市、上富良野町をめぐる飲み鉄(列車で酒を飲むこと、飲みに行くこと)を楽しんできました。グルメあり、地元とのふれ合いあり、ノロッコ号の様子も交え、さる1日の様子をレポートします。


ノロッコ号とは

富良野、美瑛エリアの周遊に利用できる観光列車、それがノロッコ号だ(正しくは「富良野・美瑛ノロッコ号」という)。

雄大な景色をのんびり走る列車から楽しめるとあって、観光客に人気。
運転区間は、旭川~美瑛~美馬牛~上富良野~ラベンダー畑~中富良野~富良野となっている。ラベンダー畑は、ノロッコ号のためだけに期間限定に開業する駅のことで、最寄りにはラベンダーで名高い観光地がある。

ノロッコ号が走るのは、2023年6月10日(土)、11日(日)、6月17日(土)~8月13日(日)の毎日、8月19日(土)~9月24日(日)の土日祝となっている。

列車は機関車と客車の4両編成。DE15形ディーゼル国鉄型機関車を間近にできるとあって、鉄ファンにも面白さ満載。

牧歌的な外装が施された客車。
美瑛、富良野お馴染みの丘や農場の景色と調和しそう。

旭川発、いざ富良野へ

旭川~美瑛

JR旭川駅。2番ホーム周辺はノロッコ号を盛り上げるべくポスターや案内が。
Welcomeな設えに、ワクワク感が上昇する。

10:00 旭川駅発。

客車の様子。
座席はテーブルをはさんで座れる6人掛け席、窓に面した2人掛け席が並ぶ。
これは自由席車両だが、指定席車両もほぼ同じ。

だるまストーブも。
9月の運行時など、寒い日には火が入るのだろうか。
演出としてはかなりイケている。

他に、パンフレットを配置するスペースがあったり(ラベンダーは造花ですがw)。

車内で配られた乗車証明書。
JRさんの小粋な演出だ。
ちなみに、これと札幌ー富良野を走るフラノエクスプレスの乗車証明書と並べると、2枚でひとつの図柄が完成するんだそうな。

ガタンゴトンと列車は加速する。DE15形、思いのほか早いな(笑)
北彩都も不思議とキレイに見えるね。

何はともあれビールでしょ。乾杯。
ふと思えば、サッポロクラシック、季節の新商品はいつもJRの中で飲んでるような気もする。

美瑛まではどこにも停まらず一直線。

10:30 美瑛駅着。
美瑛にはあっという間に到着だ。
富良野に向かう発車まで少し時間があったので駅を出てみる。
おお、美瑛駅の景色に馴染んでるね、DE15形。
初めてノロッコ号の塗装を目にした時には、おれのDE15に何してくれてんだ(お前のか)と思ったが、こうしてみると悪くないね。

そうそう、通常の富良野行のきっぷでは途中下車できませぬ。
何を隠そう筆者が持っているきっぷは・・・

エリア内が乗り放題の「道北一日散歩きっぷ」。
なので、一旦駅の外に出ようとも、再び入場することができるのだ。
今回の目的地は富良野だけでなく、ほかの町も立寄ろうという予定なので、このきっぷは必須アイテムとなる。

でもね、ふと気づいたのだが、旭川ー富良野を往復すると運賃(普通)は2,580円。
途中下車しなくともこれを買った方がおトクなんじゃ?(ただし土日祝限定だけど)。

美瑛~富良野

10:42 美瑛駅発。
列車は美瑛から富良野に向かって再びガタンゴトン。
ビールはふたつ目。
さあ、ここからが本領発揮だ。

酒じゃないっすよ。ここからは車窓からの雄大な景色が連続する、ノロッコ号の本領発揮だ。

在来の富良野行でも景色は同じだが、ノロッコ号は沿線の一部の景色を“見どころ”として速度を落として運転してくれるという、いかにも観光列車的なサービスがある。

最初の減速区間は、美瑛駅~美馬牛駅にあるフォトスポット「赤い屋根の家」。
あれれ? シャッターのタイミングが悪かったかな。赤い屋根の家は、黒い屋根の家の向こう側、木が2本立っているその右だ。
車内にはガイドのアナウンスが流れ、見どころについて説明してくれている。

で、この辺りからは、沿線の緑がより濃くなってきて・・・

窓が開いているので、森の臨場感が素晴らしい。
入ってくる風の心地よいことと言ったら、もう。

左手には十勝岳連峰が見えますとアナウンスがあったりと、旅情はたっぷりだ。
楽しくて酒は進み、3本目、ワンカップ大関に突入(笑)

車窓に広がる玉ねぎ畑。
富良野までは、山と農場の景色が延々と続く。
車だと何度となく見過ごす景色も、列車からだと不思議と新鮮だ。

11:40 富良野駅着。
キハ40形に目がない筆者である。
旭川駅からここまで1時間40分。あっという間だったな。

横にいるのは「特急フラノラベンダーエクスプレス」。
札幌と富良野を乗り換えなしで約2時間というシロモノだ。こんなのがあるなんて観光地としての富良野、思っている以上に存在感は大きい。

富良野で飲もう

さあ、富良野市だ。
市街地を歩くのは数年ぶりだ(コロナ禍もありご無沙汰)。
目的地は、駅からすぐ。ちょっとぶらぶらしてみようかね。

あの有名なカレー屋さんは、すごい人だかり。駐車場も満車のようだ。
久しぶりに行ってみたいが、地元民としては(道民という意味ね)平日狙いが無難ですかね。
ああ、ソーセージカレーが食べたい。

いわゆる飲み屋街となっている小路。
五郎さんが飲んでた店ってどこらへんにあったんだろう。セットなので店名は違うけど店は実在したんだよね。
とか言いながら、目的地はもうすぐ。
あ、「北の国から」の話でした。

で、目的地はここ「鳥せい」。
道東、道央でチェーン展開する若鳥の炭火焼、から揚げのお店。
テレビでコマーシャルをやってたのでCMソングが頭に残ってる。
♪お待ち~してます~鳥せいチェーン
CMソングの女王、芹洋子さんが歌ってたんだよね。
なのに、旭川には店舗がない(確か出店はないと記憶しているが)。

ので、ぜひ行ってみたいと狙いをつけていたのだった。
なんとうれしや、昼から営業している。

で、ちょっとした誤算が発覚。
鳥せいは焼鳥屋みたいなものと思い込んでいた筆者。旭川では「串鳥」的な。
確かに串ものもあるのだが、実際には半身の唐揚げや炭火焼、ほか鳥料理で宴会なんかもできる居酒屋的お店。

まあ、それでもビールを飲ませてくれるのなら問題はない。
オーダーした鶏唐揚げは、衣さくさく、さっぱりとジューシーな揚げ上がり。一人で食べきれるかな?というボリュームも難なくペロリ。

同行の者は「炭火焼」を。
これも、もも、胸、手羽で一人前。旭川でいうところの「新子焼き」だね。
いいな、富良野は。こんな良い店があって。

こんなドリンクもあったので、旅行気分でお試し。
揚げ物になかなか合うね。こりゃ、アリだな。
お酒のちょっとアレだけどワインなら、というヒトにも向いていそう。

ハシゴは上富良野で

鳥せいを出て、富良野マルシェなどを見学し富良野駅へ。

14:07 美瑛発上富良野駅行ノロッコ号に乗車

きっぷは「道北一日散歩きっぷ」だもの。
乗り放題、降り放題。富良野線は日中ならけっこうマメに列車が往来しているので、案外移動がスムーズだ。

14:39 上富良野駅着。

駅を出てすぐに旧国道。休日というのに静かだ。逆に言えば休日だから静か。この時間帯はスーパーなどがあるエリアが賑わっているはずだ。

ここでの狙いは焼肉屋。上富良野特産の豚サガリで一杯やろうではないか、という予定だったが、店が開いてない(事前に確認した情報では営業のはず)。
仕方がない。ちかくに「アラビゴ上富良野店」というのがあるようだからそこで時間をつぶそうか(同行の者ともども喫茶店好きだから、それも悪くない話)。

この道、昔々若かりし頃、仕事で時々通ったんだよね。その頃はバイパスがないので、美瑛から富良野に向かう道はここ。とても賑わっていたんだよ。
なんて話をしていると、同行の者がある店を発見。

第一食堂。
同行の者情報によるとテレビのローカル番組に出てたとか何とか。

入ろうかどうしようか、店の前をうろうろしてると、中から人のよさそうな女性店員さんが「どうぞ」と。
まあ、こういう流れも面白かろう。これが旅。

店に入れば「生ビール」の貼り紙にとりあえず一安心(笑)。

特段ツマミになりそうなものもないなあ。旅の恥はかき捨てとばかりに「生姜焼き定食、ゴハン味噌汁ぬきで」と注文。
同行の者は「おかず5品定食、以下同文」を注文。
対して、気さくに「いいですよ~」と受けてくれる、なんていい店だ(笑)

店の方々と、昔は賑わってましたよねなんて話で盛り上がっていると、知り合いらしき女性が入ってきて「残ったから食べて」と。
段ボールの箱にはイチゴのパックがいくつか。
どこかの商店の売れ残りか、あるいはその方が生産者さんか何かで、出荷しそびれたものか。

「よかったらどうぞ」と、お店の方からおすそ分けのおすそ分け。
ラーメンを食べてた若いカップルさんにも同様に、みんなで思わぬデザートと相成った。
イチゴは昔ながらの味がして美味。

いやはや、偶然入った店ながら、何だかドラマチックだねえ。

店を出て、16:00発 旭川行きキハ150系に乗車。

16:22 美瑛駅着。
次の列車まで約1時間。確か駅前に食堂があったよね、という目論見は、「あれ?ちがう店になってる!?(しかも開いてない)」ということで敗れたり。
お昼時は賑わう美瑛の市街地も、夕方近くは閑古鳥。静かなものだ。

仕方がないので、道の駅でサッポロクラシック缶300円を買い、富良野線ハシゴ酒の締めとする。

そうそう、噂の「うどん自販機」の店にも立ち寄ったのだが・・・
お腹が減っていなくて、うどんは断念。
話のネタに、無理してでも食べておけばよかったかな、と思わないわけでもない筆者である。

ちなみに、自販機うどんは、若い頃によく食べたな。

というワケで、17:20 発、再びのノロッコ号乗車~17:46 旭川駅着。
安着祝いにそば屋で再び飲む。

ノロッコな後記

実は、ノロッコ号に初めて乗ったのは、コロナ禍に見舞われる前の年。
乗り鉄&メシ鉄で立ち寄った帰り道、上富良野駅から。
時刻表に合わせ、何となく乗ってみたら、偶然それがノロッコだった。

確か9月のこと。この列車で飲んだらきっと楽しいだろうなと思うも、ほどなくシーズンが終了。

で、いよいよ念願を果たしたわけだが、いやはや、コレ面白いです。楽しいです。おすすめです。
筆者らが乗ったときは、そこそこ混んではいてもスムーズに座れた、という感じ。だが、これから夏の盛りになり、とくにラベンダーが見ごろになれば、けっこう混むんじゃないかと思う。

ご利用の際は、早めに乗り場に並ぶか、指定席の予約をおすすめします。

ノロッコ号に関する情報は下記、JRのサイトをどうぞ。

この記事のキュレーター

美味しいもの、旨い酒を味わう時間が何より大事。
不惑の呑兵衛を目指すべく、きき酒師の資格を取得。

・SSI認定FBO公認 きき酒師
・日本酒WEBメディア SAKE TIMES ライター

関連するキーワード


JR 鉄道 富良野市

関連する投稿


【美瑛/富良野】おすすめカフェ2選

【美瑛/富良野】おすすめカフェ2選

少しずつ暖かい日も増え、ドライブが楽しい陽気になってきました。 そこで今回は、筆者おすすめの、美瑛、富良野にあるカフェを2選、紹介します。


【旭川・富良野】おすすめ桜スポット3選

【旭川・富良野】おすすめ桜スポット3選

旭川では桜が続々と見頃を迎えていますね! 今回は、旭川から少し足を伸ばしていける、富良野でのおすすめ桜スポット2つと、筆者が最近訪れた、旭川で桜が綺麗だったスポット1つ、合わせて3スポットを紹介します。


【愛別町】石北本線「愛山駅」が3月16日に廃駅に 3月15日のお別れイベントに行きませんか?

【愛別町】石北本線「愛山駅」が3月16日に廃駅に 3月15日のお別れイベントに行きませんか?

石北本線で旭川駅から10個目の駅【愛別町】にある【愛山駅】が3月16日に廃駅になることが決定し、3月15日の最後の日にお別れイベントが開かれるそうです。【愛別町】で発見された「北海道石」や「愛別町グルメ」のご紹介もします。


【3月20日】富良野市麓郷地域最後の商店で餅つき開催!

【3月20日】富良野市麓郷地域最後の商店で餅つき開催!

2024年3月20日(水)に富良野市麓郷市街地 藤林商店で開催される『藤林商店事業承継記念 お餅つき』のご紹介です。


ビジネスマン御用達!【旭川発】富良野でランチにオススメのお店

ビジネスマン御用達!【旭川発】富良野でランチにオススメのお店

富良野へは旭川からお仕事で訪れる方も少なくないのではないでしょうか? 日帰り出張などでランチをするシーンもあるかと思います。 今回はそんなビジネスマンにオススメのお店を2点ご紹介致します!


最新の投稿


【6月16日】旭川駅前でスポーツ体感イベント開催

【6月16日】旭川駅前でスポーツ体感イベント開催

2024年6月16日(日)に旭川駅前北広場で開催される『ASAHIKAWA SPORT COLLECTION』のご紹介です。


暑い日に食べたい!旭川でおすすめの蕎麦屋2選

暑い日に食べたい!旭川でおすすめの蕎麦屋2選

旭川で食べるおすすめの蕎麦屋さんを紹介します!


旭川でラーメンを食べるならここ!タイプ別美味しいラーメン3つ

旭川でラーメンを食べるならここ!タイプ別美味しいラーメン3つ

旭川には美味しいラーメン屋さんがたくさんあるので、お店選びも迷ってしまいますよね。 これぞ旭川ラーメン、特製味噌のラーメン、ご飯ものとのボリュームあるセットのラーメンをご紹介。 今日のラーメン選びの参考にしてみてくださいね。


【7月6日・7日】くまだまさしがやってくる!鷹栖町でタカフェス開催!

【7月6日・7日】くまだまさしがやってくる!鷹栖町でタカフェス開催!

2024年7月6日(土)・7日(日)に鷹栖町北野地区住民センターで開催される『音THE笑 タカフェス2024』のご紹介です。


うますぎて疲れも吹き飛ぶランチ

うますぎて疲れも吹き飛ぶランチ

今回は美味しいランチのお店や、週に1度旭川市内に配達してくれる人気店のグルメを紹介!


コープ
vision
vision
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!
カラダ
新店
不動産
本郷美術骨董館'
LINE募集'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
a不動産
ヒトミ
旭川ホテルガイド
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!