【身近なお悩み法律相談】違法な映像と知ってて映像を見るのも違法?

【身近なお悩み法律相談】違法な映像と知ってて映像を見るのも違法?

弁護士に相談するようなトラブルや問題なく暮らしたい。でも、何かあったときのために知っていて損はない! そんな身近で起こったお悩みに、テレビなどでも活躍している【北村晴男弁護士】が答えてくれた、身近なお悩みの解決法&アドバイスを紹介します。


SNSにある好きなアーティストの映像が違法映像かもしれない…見るだけでも違法なのか

レコード会社が公式にHulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)などの動画配信サービスにアップしているミュージシャンMのライブ映像を、編集や加工をして自分のSNSに投稿をしている人がいます。

私はそのミュージシャンMのファンなので、違法行為をして作られた映像なのではないかと思いつつも、その人がアップした映像を見てしまいます。

編集や加工がされているとはいえ、違法ダウンロードして作られた映像を見てしまっている私も違法なのでしょうか?
(S・N/28歳)

アーティストを守る為の法律

まず、なぜ違法ダウンロードが処罰されることになったのかについて説明します。

通常、音楽や映画はCDやDVDとしてお店で売られたり、有料でネット配信されたりしており、このCDなどの代金やネット配信料が、それを作った作者(アーティスト)などに収入として入ります。

この収入は、さらに新しい作品を作ったり、アーティストの卵を育てたりすることなどに使われることで、より豊かな文化が生まれることになります。

ところが、海賊版の音楽や映画がダウンロードされると、アーティストなどにはまったくお金が入らず、新しい作品を生みだしたり、次世代のアーティストを育てたりすることができなくなります。

このように、違法ダウンロードは文化の発展を妨げるという意味で社会に大きな悪影響を与える行為です。

そこで、特にCDやDVDとして売られたり、有料でネット配信されている音楽や映画の海賊版を、海賊版であると知りながらパソコンなどにダウンロードすることについては、刑罰の対象とすることとされたのです。

旭川で新築住宅を建てるなら道北振興へ
PR

許可なく編集、加工する事自体が違法

本件では、レコード会社が公式にアップしているライブ映像を、編集・加工して自分のSNSなどに投稿している人がいる。

まず、この行為が違法であることは間違いありません。

ミュージシャンのライブ映像というのは、それを撮影して仕上げている人がいるわけで、ライブ映像が完成した段階で、直ちにその人に著作権が発生します。

その著作権というのは、著作権法で保護されているのですが、勝手に(著作権者の許可なく)編集や加工をされないという権利です。

これは著作者人格権のひとつで「同一性保持権」というものです。

だから、勝手に編集や加工をすれば、この同一性保持権を侵害する違法な行為になります。

さらに、それをSNSなどに投稿するという行為は、著作物を利用する行為となり、これも著作権侵害になります。

「違法行為をして作られている映像なのではないかと思いつつ」ということなので、相談者の方も少し疑問は持ちつつも、「違法」だと分かっていると言っていいでしょう。

現在の著作権法をしっかり理解する事が大事

まず、違法だと分かっていながらダウンロードした場合について検討します。

2010年に著作権法が改正されて、元来は私的な利用のためだったら著作物をダウンロードしても著作権法違反ではなかったのですが、最初に述べた理由から、特別に規定が設けられました。

有償著作物等(本来有料で提供されているもので、録音され、または録画された作品)を違法コンテンツと知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役もしくは、200万円以下の罰金に処せられます。

まさかダウンロードするだけで犯罪になると知らない人もまだ多いようですが、気を付けてください。

これについては遠藤憲一さんを起用した面白いCMも流されていますよね。

今、一生懸命周知しているところですね。

ちなみに「違法なコンテンツをダウンロードすることがまさか犯罪になるとは知りませんでした」という言い訳は通用しませんので、気を付けてください。

今後さらに著作権法が変化していく可能性も

ところが、本件のご質問は、違法に作られた映像だと思いつつ、他人がアップした映像を見ているだけで違法になるのかということ。

これは現段階では違法ではありません。

将来的にそこまで違法とされたり、犯罪行為として規定されるかについては疑問です。

ダウンロードせず、見ていただけだと、それはあまり形跡も残らないでしょうし…。

他方、ダウンロードして自分のコンピューターに取り込むわけではないけれど、お気に入りやブックマークなどに登録をしてすぐに見に行けるようにする… そのような行為をすると繰り返し見やすい状況になる。

これでは困るということになれば、もしかしたら、そこまで処罰範囲を広げるべきだという考え方が今後生まれてくるかもしれませんよね。

ただ、今の段階ではダウンロードという行為がないと違法とまではされていません。

将来的には処罰される行為が増えるかもしれないので、もしそうなった場合でも「知りませんでした」では済まないので注意しておくことが必要です。

北村 晴男
弁護士(東京弁護士会)
■1956(昭和31年)年生まれ。長野県出身。
■1992(平成4)年に個人事務所を開設し、2003(平成15)年に法人化。生命保険、交通事故、医療過誤、破産管財事件、家事事件など多岐にわたる事件を処理している。
■弁護士法人 北村・加藤・佐野法律事務所代表。
■メルマガ「言いすぎか!! 弁護士北村晴男 本音を語る」(まぐまぐ!)配信中

出典:asatan

この記事のキュレーター

関連するキーワード


法律

関連する投稿


【身近なお悩み法律相談】設置した街路灯に住人からクレーム!撤去費用は?

【身近なお悩み法律相談】設置した街路灯に住人からクレーム!撤去費用は?

弁護士に相談するようなトラブルや問題なく暮らしたい。でも、何かあったときのために知っていて損はない! そんな身近で起こったお悩みに、テレビなどでも活躍している【北村晴男弁護士】が答えてくれた、身近なお悩みの解決法&アドバイスを紹介します。


【身近なお悩み法律相談】脱毛でやけど。慰謝料の請求額はどれくらい?

【身近なお悩み法律相談】脱毛でやけど。慰謝料の請求額はどれくらい?

弁護士に相談するようなトラブルや問題なく暮らしたい。でも、何かあったときのために知っていて損はない! そんな身近で起こったお悩みに、テレビなどでも活躍している【北村晴男弁護士】が答えてくれた、身近なお悩みの解決法&アドバイスを紹介します。


【身近なお悩み法律相談】事故から逃げて大ケガ。治療費は?

【身近なお悩み法律相談】事故から逃げて大ケガ。治療費は?

弁護士に相談するようなトラブルや問題なく暮らしたい。でも、何かあったときのために知っていて損はない! そんな身近で起こったお悩みに、テレビなどでも活躍している【北村晴男弁護士】が答えてくれた、身近なお悩みの解決法&アドバイスを紹介します。


【身近なお悩み法律相談】人の敷地に雪や家庭菜園するのは違反じゃないの?

【身近なお悩み法律相談】人の敷地に雪や家庭菜園するのは違反じゃないの?

弁護士に相談するようなトラブルや問題なく暮らしたい。でも、何かあったときのために知っていて損はない! そんな身近で起こったお悩みに、テレビなどでも活躍している【北村晴男弁護士】が答えてくれた、身近なお悩みの解決法&アドバイスを紹介します。


【身近なお悩み法律相談】迷惑な除雪をやめさせる手段はありますか?

【身近なお悩み法律相談】迷惑な除雪をやめさせる手段はありますか?

弁護士に相談するようなトラブルや問題なく暮らしたい。でも、何かあったときのために知っていて損はない! そんな身近で起こったお悩みに、テレビなどでも活躍している【北村晴男弁護士】が答えてくれた、身近なお悩みの解決法&アドバイスを紹介します。


最新の投稿


【旭川の現状】11月15日16時時点の旭川の路面ツルツル状況レポ【今夜はまじでやばいよ】

【旭川の現状】11月15日16時時点の旭川の路面ツルツル状況レポ【今夜はまじでやばいよ】

とにかく「気を付けましょう」と言いたいです。お互いにね…。


【初参加してきました!】市民と議会の意見交換会【テーマは『空き家問題』】

【初参加してきました!】市民と議会の意見交換会【テーマは『空き家問題』】

11月14日(木)に市議会議場で開催された、市民と議会の意見交換会に【初めて】参加してきましたので、その模様をお伝えします! 今回のテーマは『地域とともに取り組む空き家対策』。果たしてどんなやりとりが交わされたのでしょうか?


旭川土産発見!札幌駅にある旭川の名産品6つ

旭川土産発見!札幌駅にある旭川の名産品6つ

今や道外でも北海道のお土産が買えるようになりました。けれど、本当におすすめしたい地元のお土産が売っているとは限りません。それなら札幌駅ではどうでしょう。仕事や観光、帰省で札幌駅を利用する人も多いのではないでしょうか。旭川のお土産は売っているのか?札幌駅構内の【北海道どさんこプラザ】へ探索してきました。


2020パラリンピックはもうすぐ!旭川のパラスポーツチーム知ってる?

2020パラリンピックはもうすぐ!旭川のパラスポーツチーム知ってる?

東京オリンピック&パラリンピックの開催まで1年を切りました。オリンピックの競技以上にパラリンピック競技も大変注目されていますね。パラリンピックで行われる競技もそうではないスポーツも総称して【パラスポーツ】と呼ばれています。旭川はパラスポーツが盛んで、たくさんのチームが存在するのをご存知でしょうか。障害のある人も、ない人も一緒にスポーツを楽しんでいるチームばかりです。たくさんあるチームの中からいくつかピックアップしてご紹介します。


44歳女性が旭川で南青山の有名店『塩チョコクッキー』を引き継いだ理由【patisserie unjour】

44歳女性が旭川で南青山の有名店『塩チョコクッキー』を引き継いだ理由【patisserie unjour】

30代で東京にある洋菓子学校に入学し、44歳で地元・旭川で自分のお店をオープン。そんな時に南青山で全国的な人気を誇っていた『塩チョコクッキー』を引き継ぐ話が舞い込んできました。ひっそりと隠れ家のように営業しているのにも関わらず、全国から注文が相次ぐ塩チョコクッキーと、年齢で自分に制限をかけず好きなことにチャレンジする、夫婦で営むスイートなお店【patisserie unjour】のお話。


旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!

人気ランキング


>>総合人気ランキング