女性ハンター、東海林知里さん~彼女がハンターになった理由

女性ハンター、東海林知里さん~彼女がハンターになった理由

北海道では、野生動物による農地被害などが深刻です。しかし、高齢化などにより、ハンターの数は減っているのが現状です。旭川市でハンターをしているという女性に話を伺うことができました。彼女がハンターになったきっかけや、野生動物への思いをご紹介します。


女性ハンター東海林さんとの出会い

「友達に、野生動物のハンターをしている女性がいるんだけど、面白い人だから会ってみない?」と友人から話を聞いたとき、私は、頭の中に体格のよい野性的な雰囲気の女性を頭に思い描いていました。

ところが、はじめてその女性に会った時、私の一方的な想像は打ち砕かれてしまいます。

その人は、実際は、ファッションにこだわりを持っていることが一目でわかるおしゃれな人で、明るく、親しみのもてる女性でした。

その女性の名前は、東海林知里さん。

東海林さんは普段は、ネイルサロンやカフェなどを営んでいます。

女性的イメージの強い職業とは裏腹に、ハンターという一面も持っている多才な人です。

ハンターについてほとんど知識を持たない私が緊張しているのを察してか、東海林さんは丁寧にインタビューに応じてくれました。

東海林さんがハンターになろうとしたきっかけや、ハンターとしての心構えなどを聞きました。

ハンターになったきっかけは、友人のハンティングに同行したこと

東海林さんは、なぜハンターになろうと思ったのでしょう。

きっかけは、ハンターをしていた友人が身近にいたことだったといいます。

実はその友人というのは、現在の東海林さんの旦那様。

元々好奇心旺盛な性格の彼女は、友人の話に興味を持ち、ハンティングの同行をすることにしました。

その時は、自分の人生を変えることになるとは思いもよらず、深く考えずについて行きました。

旭川で新築住宅を建てるなら道北振興へ
PR

友人のハンティングに立ち会ったことで、彼女自身に大きな「気づき」と「変化」が起こった

ところが、実際に見た狩りは想像以上に衝撃的でした。

「今まで草をムシャムシャと食べていた鹿が、ハンターの手によって命を落とし、今度は人間が生きるためにその命を食べる。」という、知識としては知っていたはずの事実を目の当たりにして、ショックを受けます。

生々しく鹿が解体されていく様子をその目で見て、その場で立ちすくみ、しばらく動くことができなかったそうです。

「ショックでした。元々動物は好きな方ですから。」

とは言え、この衝撃的な体験は彼女に大きな気づきと変化をもたらします。

「気づき」とは、「人間であれ動物であれ、この世に生まれた生物は生きるために他の命を摂取するという宿命からは逃れることはできない。」ということです。

そして「変化」とは、彼女の体調に関わることでした。

実はその当時の彼女は、精神的に食事を受け付けられない症状に苦しんでいたのです。

当時の想いを彼女はこう話します。

鹿が撃たれて命が尽きる瞬間を目の当たりにして、「一体私は、何をしているんだろう。子どもの頃から食いしん坊で食べることが大好きだったはずなのに、いつまで食べ物をうけつけないつもりなのだろう」と我に返ったと言います。

「生きることは食べること」という当たり前の事実を目の前につきつけられたことで、今の自分は自分の本質からかけ離れていると思い直したのです。

その日を境に長年苦しんできた症状から解放され、再び食べる楽しさを見出すことができたといいます。

そして、「私も命に対して真摯に向き合わなければならない。」とハンターになることを決意します。

生きることは、他の命をいただくこと

彼女は、「自分の命を支える食事に真剣に向き合うべきです」と言います。

日本でも一昔前までは、自宅で飼っている家畜を自分たちで処理したものを食べていたはずです。

ところが今は、すでに誰かの手によって処理、加工された肉をスーパーなどで簡単に手に入れられる時代です。

私たちの多くは、普段口にしている食肉が、元々は血の通った動物であったことすら忘れて、機械的に取り入れてしまっているのです。

尊い命をいただくことで私たちは生きられていることを自覚しなければいけません。

命を尊ぶとは、食事を作業で食べないこと

では、命や食に感謝して食べるには、どうしたらいいのでしょう。

東海林さんは、食事をする時に集中して食べること、楽しんで食べることが大切だと考えています。

忙しい現代人は、食事をする時にも何かをしながら、義務感で食べてしまうことが多々あります。

そのような命をなおざりにするような行為を東海林さんは、「作業で食べる」と表現していました。

私たちが、命を尊ぶためにできることは、料理に向き合って、味わって食べることだと言います。

今回のインタビューを通して筆者が感じたこと

今回の取材の中で、普段食べている食肉がどのような工程を経て私たちの手に渡っているかを「知らないことは罪」と言い切った東海林さんの言葉が印象的でした。

私たちができることは、尊い命を無駄にしないよう感謝して食べきる意識をもつことだと思います。

この記事のキュレーター

転勤族の夫と息子2人の4人暮らしの主婦ライター。
週末に家族で公園へ行ったりドライブしたりするのが好き。(ペーパードライバーにつき、助手席専門)
子育てについても強い関心を寄せる。
ストレスフルな世の中で、落ち着いて過ごせる時間や空間をこよなく愛するアラフォー母さん。

関連するキーワード


ハンター 女性

関連する投稿


道内に7台しかない温熱浴があるカイロ治療院

道内に7台しかない温熱浴があるカイロ治療院

施術歴30年の木村先生が行うカイロ治療法は全道にお客を持つほど信頼されているので、 一時的な癒しではなく、体の歪みをしっかりと直していきたいという方におすすめです。 カイロのほかにも身体を温め、発汗作用を促す温熱浴も完備。 岩盤浴とは違う温まり方と効果を体験してみよう。


ご夫婦で対応してくれる通いやすいカイロ治療院 温熱浴もあるよ

ご夫婦で対応してくれる通いやすいカイロ治療院 温熱浴もあるよ

肩こりがひどく、首も張っていたので木村カイロ治療院へ行ってきました。 完全予約制ですが、ご夫婦で対応してくれるので女性ひとりでもリラックスして施術が受けられますよ。 身体のどこが歪んでいるのかが分かり、姿勢に気を付けることができるのでリラクゼーション的なマッサージではなく、しっかりと歪みを直していきたいという方におすすめです。


最新の投稿


【まるで南国⁈】ベビーフェイスプラネッツのランチ!

【まるで南国⁈】ベビーフェイスプラネッツのランチ!

旭川市忠和にあるベビーフェイスプラネッツというお店をご存知でしょうか?先日、友人たちとランチで訪れたのですが、とても個性的で面白いお店でした。皆さんに知って頂きたいと思ったので、今回はベビーフェイスプラネッツの魅力を紹介します。


一人出張先のホテルで味わう【旭川】のうまいもの!3選

一人出張先のホテルで味わう【旭川】のうまいもの!3選

その土地の美味しいものを味わうのも旅の楽しみの大きな要素ですね。しかし、札幌には何度も行っているので、あまり楽しみなグルメがありません。そこで、今回は旭川の美味しいお酒と美味しいおつまみをホテルに持ち込んでみました。


猫好き必見!旭川の「猫カフェ」で癒されよう♡

猫好き必見!旭川の「猫カフェ」で癒されよう♡

空前の猫ブーム!猫を飼いたいけど飼えない。猫は飼ってるけど違う猫とも触れ合いたい。これから飼ってみよう… なんて思っている方に旭川で行ける「猫カフェ」を紹介します。


【3月7日(土)・8日(日)開催】EOS DANCE STUDIO 第4回発表会 Colors of Dance

【3月7日(土)・8日(日)開催】EOS DANCE STUDIO 第4回発表会 Colors of Dance

2020年3月7日(土)・8日(日)に旭川市で開催されるイベント【EOS DANCE STUDIO 第4回発表会 Colors of Dance】の紹介です。


JR四条駅から徒歩圏内にある、幼児に嬉しい特典のあるお店♪

JR四条駅から徒歩圏内にある、幼児に嬉しい特典のあるお店♪

小さい子を持つ親としては、小学校入学前の幼児が特典を受けられるお店があると嬉しいですよね。旭川のJR四条駅から徒歩圏内に、未就学児にメリットのあるお店を見つけましたのでご紹介します。


旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!

人気ランキング


>>総合人気ランキング
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
グルメクーポン
新店舗情報