旭川から増毛へドライブ!おすすめの立寄りスポットをご紹介

旭川から増毛へドライブ!おすすめの立寄りスポットをご紹介

夏になると、海を見たくなりますね。旭川から留萌の隣にある増毛町へ行ってきました。増毛町の絶景スポットと地酒を買えるお店をご紹介します。


雄冬岬展望台(おふゆとうげてんぼうだい)

増毛の海岸線は、自然を体感できるスポットです。

雄冬岬展望台からは、絶景が見られると聞いて行ってみました。

駐車場から展望台までは結構な距離があるのですが、絶景を見るために頑張って登ることに・・・。

この日は30度近くあり、日差しも強く降り注いでいました。

普段ほとんど運動もしていないので、階段を登る足も重いです。幼稚園児の息子はひょいひょい登って行く姿を恨めしそうに眺める私。

途中「まむし注意」の看板を発見し、注意しながら進んでいきました。

10分ほどで展望台に到着。

展望台のらせん階段を上がって行くと、目の前には絶景が広がっていました。

展望台からは、360度見渡せるので美しい海や道路を走る車、それに増毛の町が一望できます。

「頑張って登ってきてよかった~。」

私たち家族の他にも、カップルやライダーの方々が次々に見学に来ていました。人気の観光スポットなのですね。

スズメバチの侵入を防ぐために、展望台の窓が閉まっていたので少し蒸し暑く感じられました。

暑い日に登る時は、飲み物を持参すると良いかも知れません。

こちらの展望台は、冬期間と夜間は登れませんのでご注意を。それと駐車場のトイレは閉まっていたので、どこかで済ませておくといいですよ。

施設情報

【雄冬岬展望台~おふゆみさきてんぼうだい】
住所 : 増毛郡増毛町雄冬795
電話番号 : 0164-53-3332(増毛町 商工観光課)
利用可能時間 : 5,9,10月→9:00~18:00 / 6.7.8月→8:00~20:00(冬期間は閉鎖)
駐車場 : あり

国稀酒造(くにまれしゅぞう)

増毛町と聞いて、国稀酒造(くにまれしゅぞう)を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

個人的には、昔叔父が飲んでいた鬼ころしを作った酒蔵という印象が強いです。

せっかく増毛町へやって来たので、国稀酒造に立ち寄ることにしました。

趣のある建物の中に入ると、和風の小物や日本酒を販売していました。

日本酒の歴史などがわかる展示室や、試飲ができるコーナーもあり、買う以外の楽しみもあります。

私は運転をしないので、試飲をさせてもらうことに。

720mlで4,000円以上する国稀大吟醸は、すっきりとしていて体にスーッとしみこんでいく感じがしました。

とはいえ、大吟醸を自分用に購入するには、お高め…。

吟風国稀という300mlで660円のお酒をお土産に買い、夕食時においしくいただきました。

あわせて、りんごの炭酸水も購入。

増毛は、果樹園もたくさんあるのです。自然の恵みが豊かな土地なのですね。

リンゴの炭酸水は1本120円。ちょっとしたお土産にも良し。

店舗情報

【国稀酒造株式会社】
住所 : 
電話番号 : 0164-53-1050 / 0164-53-9355(売店直通)
営業時間 : 9:00~ 17:00
酒蔵見学時間 : 9:00~16:30
定休日 : 年末年始
駐車場 : あり
公式サイト : https://www.kunimare.co.jp/

気軽に立ち寄れるテイクアウトグルメのお店

国稀酒造の建物の周りには、テイクアウトグルメお店がいくつかあります。

夏の間だけ営業している2つのお店に立ち寄りました。

鈴木かまぼこ店 増毛店

鈴木かまぼこ店は、日本海で獲れた海の幸を使って、昔ながらの製法で作られたかまぼこを販売しています。

えび天たこ天ほたて揚やさい天から選べ、注文するとその場で揚げてくれます。

待ち時間は1分ほどで、注文したやさい天が出来上がりました。揚げたて熱々のかまぼこは、優しい味がしました。

野菜天380円。

店舗情報

【鈴木かまぼこ店 増毛店】
住所 : 増毛町稲場町1丁目
電話番号: 0164-53-1353
営業期間 :3月上旬ころ~11月中旬ころ
営業時間: 10:00~16:00
定休日 : 不定休

マルゼン佐藤果樹園直営 Fruit Labo

マルゼン佐藤果樹園直営 Fruit Laboでは、自社農園の減農薬栽培りんごで作ったアップルパイを販売しています。

焼きたてのアップルパイが入っている紙袋を開けた瞬間、バターの良い香りがただよいます。

そして、そのサクサクした食感にびっくり!

今まで食べたアップルパイの中で、一番おいしい生地だと思うほど。

増毛に行ったらぜひ立ち寄ってみてください♪

果樹園のアップルパイ290円。

店舗情報

【マルゼン佐藤果樹園直営 Fruit Labo】
住所 : 北海道増毛町稲葉町1丁目(国稀酒造横)
電話番号: 080-1862-3017
営業期間 :4月上旬ころ~11月ころ(冬期休業)
営業時間 :9:00~17:00
定休日 :火・水曜日(祝日除く)、11月~4月上旬・冬季休業

自然の恵み豊かな増毛町へGO!

増毛町は、海産物だけではなく果物やおいしい地酒に恵まれた町です。

豊かな自然と、上質な食文化に会いにぜひ訪れてみてください。

この記事のキュレーター

主婦ライター。
中学・高校時代は、旭川で過ごしました。
2018年から3年半、旭川で生活。現在は、札幌在住。
タロット占いが、身近な存在になっている今日この頃。

関連するキーワード


増毛町

関連する投稿


【旭川市】春の地場産フェアに増毛町の麺屋田中商店が『甘えび専科ましけ』として出店!

【旭川市】春の地場産フェアに増毛町の麺屋田中商店が『甘えび専科ましけ』として出店!

今年も開催される人気のイベント『春の地場産フェア』に出店する『甘えび専科ましけ』を紹介します!


【9月24日】新鮮海産物が勢ぞろい!増毛秋の味まつり開催!

【9月24日】新鮮海産物が勢ぞろい!増毛秋の味まつり開催!

2023年9月24日(日)に増毛町で開催される『増毛秋の味まつり』のご紹介です。


旭川発【ラーメンドライブ】海に行くか or 山に行くか

旭川発【ラーメンドライブ】海に行くか or 山に行くか

ドライブが好き、加えて行先での楽しみはご当地のラーメンというアナタ。日ごとに春の訪れを感じる頃、どこかに行きたいとうずうずしているアナタへ。らくらく日帰り&お腹も満足な情報をお届けします。


旭川発!岩石公園目指して〜海沿いを雄冬までドライブ♪

旭川発!岩石公園目指して〜海沿いを雄冬までドライブ♪

旭川から近い海といえばやはり留萌方面ですね。 だけど、もう少し日本海を眺めながらドライブを楽しんで下さい。 「雄冬」という所まで。


旭川から行く【廃駅探訪】廃止後も賑わう駅風景

旭川から行く【廃駅探訪】廃止後も賑わう駅風景

進むJR北海道の廃線、廃駅。そんな中、線路はなくとも人が通う廃駅がある。気軽な観光気分で、ノスタルジックなひとときにふれてみませんか。


最新の投稿


東川町のサイクルイベント【第7回キトウシ国際サイクリング】に参加しました!

東川町のサイクルイベント【第7回キトウシ国際サイクリング】に参加しました!

旭川市の隣りにある東川町では毎年サイクルイベントが開催されています。今回そのイベントに参加してきましたので、その様子をレポートしていきたいと思います。


【6月30日】美瑛町でアナログゲームイベント開催

【6月30日】美瑛町でアナログゲームイベント開催

2024年6月30日(日)に美瑛町町民センターで開催される『アナログゲームであそぼう』のご紹介です。


【旭川市】この夏食べたいチェーン店のさっぱり&がっつりメニュー2選

【旭川市】この夏食べたいチェーン店のさっぱり&がっつりメニュー2選

気象庁の出した3ヶ月予報によると、今年もまた暑さの厳しい夏になるのだそう...。


【7月6日~】旭川美術館で日本の洋画150年の輝き展開催

【7月6日~】旭川美術館で日本の洋画150年の輝き展開催

2024年7月6日(土)から9月1日(日)に北海道立旭川美術館で開催される『日本の洋画 百五十年の輝き 油絵を、味わい尽くそう。』のご紹介です。


【上川町】旭川市から上川町へドライブ!!~おすすめカフェ2選~

【上川町】旭川市から上川町へドライブ!!~おすすめカフェ2選~

今回は、旭川市から上川町へのドライブでおすすめのカフェを2店ご紹介します。1店舗目は「K branch」、2店舗目は「もちごやマム」です。K branchはおしゃれなインテリアが魅力で、地域の憩いの場にもなっている素敵なカフェです。また、もちごやマムは、大雪山を眺望しながら美味しい大福や野菜中心のランチを提供しているお店になっています。では、さっそくご紹介していきましょう!


コープ
vision
vision
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!
カラダ
新店
不動産
本郷美術骨董館'
LINE募集'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
a不動産
ヒトミ
旭川ホテルガイド
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!