NEWOPEN!旭川と近郊のアウトドアショップ&冬キャンレビュー

NEWOPEN!旭川と近郊のアウトドアショップ&冬キャンレビュー

旭川市内と当麻町に新しくアウトドアギアやクロージングを取り扱うお店がオープン♪早速行ってきました。まだまだ続くキャンプブームは冬も継続中!道内でも人気のオールシーズンキャンプ場も2か所で体験してきたのでレビューします。


ASOBU Department asahikawa

Photo:mami

白老町にある「白老キャンプフィールドASOBUBA」(アソブバ)は、支笏湖と洞爺湖のちょうど真ん中あたりにあるキャンプ場。
「本気で、遊ぼう。」というコンセプトのもと、子どもも大人も開放的に自然の中で過ごせるキャンプ場です。

白老キャンプフィールド「ASOBUBA」公式サイト https://asobuba.com/

フリーサイト・オートサイトはもちろん、ハンモックでの宿泊が可能な林間サイトや、ブッシュクラフトを楽しめる上級者向けのワイルドキャンプサイトなど、豊富な体験ができ、超初心者から上級者まで誰もが満足できる高規格なキャンプ場です。

そのキャンプ場には、オリジナル商品を扱うショップがあり、今回はフィール旭川1階に2021年11月27日ショップがオープンしました。

キャンプギアから革製品まで楽しいラインナップ

Photo:mami

店内には、焚火台・アウトドアスパイス・シェラカップ、ランタンなどのアウトドアギアのほか、ASOBUBAオリジナルのTシャツも。また、アウトドアエプロンやアウター、サコッシュなどのバッグもありました。

アウトドアギアを見ているだけで幸せ!楽しい気持ちになる人もいるのでは?

プレゼントにはもちろん、自分へのご褒美選びにもできるリーズナブルな雑貨も数多くありました。

お買い物をしながらキャンプに思いを馳せて…!

Photo:mami

「ASOBUBA」は、キャンプギアの取り扱いの他にも、皮製品の制作販売も行っています。
一点もののウォレットやカードケース、柔らかな素材と色鮮やかなバッグやビジネスバッグも並んでいました。

そのため訪れるお客さんの年齢層もとっても豊富です。

親御さんと、お子さんと、ご夫婦やカップルで行っても楽しめるお店ですね!

「白老町キャンプフィールド AOBUBA」のパンフレットもありました。
いつか行きたいキャンプ場のひとつ…パンフレットを見ながらお買い物を楽しみました。

*Shop info*
ASOBU Department asahikawa
住所:旭川市1条8丁目 フィール旭川1階
電話:0166-56-0720
営業時間:10:00~19:30
定休日:無休・不定休
公式サイト:https://asobuba.com/news_detail.php?id=41

NANGA SHOP TOHMA(当麻町)

Photo:mami

当麻町のフィールドボール場近くに「MOONLOID」(ムーンロイド)というアウトドアクロ―ジングショップがあります。

そこは、「NANGA」(ナンガ)という良質なダウンを使ったシュラフやダウンジャケットなどのメーカーの直営店。NANGAの商品を実際に手に取ってみることができ、取り扱いをしている北海道唯一のお店が当麻町にあるのです。

その「MOONLOID」が、国内3店舗目であるショップ「NANGA SHOP TOHMA」を2021年11月にオープンしました。

場所は、当麻町「パピヨンシャトー」や「とうまスポーツランドキャンプ場」のお隣です。

冬キャンプにも対応できるシュラフを中心とした品ぞろえ

Photo:mami

店内はダウンがたくさん入った温かなシュラフをはじめ、ダウンアウターをはじめとする衣類、ランタンや焚火台、バッグなど様々なアウトドア商品が。

NANGAのダウンやシュラフは真冬の北海道キャンプでもあたたかく眠ることができると、世界的にも評判の商品。

ハイスペックな商品を見るのもとっても楽しいですね。

1月15日から冬キャンプのオープンを予定している当麻キャンプ場では、「NANGA SHOP TOHMA」とのコラボイベントも計画中とのこと。

とっても楽しみです!

*Shop info*
NANGA SHOP TOHMA
住所:上川郡当麻町市街6区
電話:0166-56-7972
営業時間:11:00~18:00
定休日:水・木曜日
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/nanga_tohma/

冬キャンプしてみませんか?オールシーズンOKのキャンプ場×2スポット

Photo:mami

極寒の北海道の冬。薪ストーブを焚き、専用のテントでキャンプをする上級者もいますが、そのためには揃えるアイテムが多くなり始めるのが大変に。

そこで、冬キャンプはコテージやバンガローを使って楽しんでみませんか。
それも立派なキャンプ。
日中は外で焚き火や雪あそび、スノーシューや野鳥観察などを楽しむ。
夜はあたたかなコテージの中でゆっくりと過ごす…

そうすれば、テントなどの荷物も少なく、何よりどんなに寒くてもあたたかく安心して過ごせるのです。
初心者の方、小さなお子さんのいる方にもおすすめしたい、冬キャンプ。

筆者が行ったことのあるオールシーズンキャンプ場の中から2か所、ご紹介します。

①層雲峡オートキャンプ場 週末移動コテージ

Photo:mami

温かな木造のコテージは、ストーブ・冷蔵庫・照明・コンセント・土間にはテーブルと椅子、そして二段ベッドとふかふかのマットが装備されています。

ここは層雲峡オートキャンプ場の「週末移動コテージ」。大人なら4名まで宿泊可能な広さです。
暖房費込みで冬は1泊8000円。4名でも同じ料金です。

大きな窓から見える雪景色と、温かな室内は最高!

Photo:mami

大人も子どももわくわくするような造り。
すぐそばには、週末コテージ宿泊者のみが利用できるキッチンがあるので安心。
ガスコンロ、お湯の出るキッチン、食器洗剤・スポンジ、調理器具、共同冷蔵庫、食器、テーブル・椅子などありとあらゆるものが揃っています。
食材だけ持込んであとは手ぶらでもOK。
大変人気で予約がなかなかとれないほど。
話題のスポットです。

*Spot info*
層雲峡オートキャンプ場
住所:上川郡上川町清川
電話:.01658-5-3368
受付時間:金~日・祝 10時~17時
公式HP:https://activitykamikawa.jp/

②苫小牧オートリゾート「アルテン」

Photo:mami

旭川市内から車で約3時間。
苫小牧市にある「オートリゾートアルテン」は、大きなアウトドアフィールド。
フリーサイト、オートサイト、コテージ、バンガロー、デッキハウス、ログハウスとオールシーズン楽しめます。

冬期間はバンガローなどの料金がお手頃価格に!
わたしが宿泊したのはバンガローでしたが、トップシーズンの4月から10月は9000円、11月から3月は6300円とリーズナブルになるのです。宿泊人数に関係ないので、うれしいですね!

Photo:mami

バンガローは2段ベッド、マット、テレビ、ストーブ、テーブル、水道、お手洗いが付いています。寒い中外へ出てお手洗いに行かなくても良いのがうれしい!

また、バンガロー内の水道は水しか出ませんが、管理棟にはお湯がでるキッチンや電子レンジ、売店、Wi-Fiもありとっても便利。

さらには敷地内に天然温泉施設「ゆのみの湯」もありました。
バンガローの前にも横にもスペースがあるので、焚き火やBBQも楽しめます。
広大な敷地内は、ストローブ松がたくさんそびえる美しい林。
こちらも人気の場所なので、予約が取りにくいのですが、大変おすすめです。

*Spot info*
苫小牧オートリゾートアルテン
住所:苫小牧市字樽前421-4
電話:0144-67-2222
公式サイト:https://www.dp-flex.co.jp/arten/index.php

春まで待てない!?キャンプをお買い物・コテージで楽しもう

アウトドアショップの新店舗と、冬も楽しめるアウトドアスポットを二か所ご紹介しました。
厳しい冬が終わるのはまだまだ先ですが、キャンプの楽しみ方は様々。
ぜひ足を運んでみて下さいね!

この記事のキュレーター

♡旭川市内で暮らすライター。
♡保育士経験を活かしたコラム、障害児育児、北海道観光、道内温泉、旭川のグルメ、アウトドアの記事を執筆中。
♡寄稿媒体:北海道Likers、ソトコトオンライン、up-to-you、温泉風呂録、Seladyなど
♡中学生と小学生のママ。趣味はカメラとアウトドア。トラ猫飼ってます。

関連するキーワード


アウトドア キャンプ

関連する投稿


冬こそ層雲峡♪Colombia・カフェ・温泉・キャンプの魅力とは?

冬こそ層雲峡♪Colombia・カフェ・温泉・キャンプの魅力とは?

旭川市の隣町・上川町。雪の季節は氷瀑まつりが人気の場所ですね。けれど層雲峡の冬の楽しみ方はそれだけではないんです。日帰り温泉・カフェ&アウトドアショップ・キャンプと体験してきたのでレビューしましょう。


【旭川から1時間半】幌加内を満喫!朱鞠内湖&道の駅

【旭川から1時間半】幌加内を満喫!朱鞠内湖&道の駅

まるで『日本の北欧フィヨルド』と言われている、幌加内町にある朱鞠内湖。実は朱鞠内湖は人工湖で、日本最大の湛水面積なんですよ。旭川から車で約1時間半の場所にあり、【日本の北欧】と言われるような素敵な場所が近くにあるなんて最高ですよね♪ここ近年のキャンプブームもあり、大人気スポットとなっている、朱鞠内湖の魅力をご紹介していきたいと思います♪


【旭川の地酒】キャンプにおすすめなアイテム3選

【旭川の地酒】キャンプにおすすめなアイテム3選

真夏の暑さもひと段落。キャンプ通にはウレシイ季節となりました。ということで、キャンプ呑みにおすすめな旭川の地酒をセレクトしてご紹介、というより、セレクトして飲んでみました(笑) ※写真や情報は取材当時の内容につき最新のものとは異なる場合がありますのでご了承ください


【ファミリー必見】家族みんなが楽しいキャンプ

【ファミリー必見】家族みんなが楽しいキャンプ

最近キャンプをする人が増え、どこのキャンプ場も賑わっていますね。今回は我が家がお気に入りのキャンプ場を紹介します。


旭川から車で約2時間!新篠津で【手ぶらでキャンプ】を体験

旭川から車で約2時間!新篠津で【手ぶらでキャンプ】を体験

コロナ禍では、密を避けられるキャンプに注目が集まっています。でも、キャンプって色々準備するのが大変で…、という意見もよく耳にします。そういう私もキャンプ未経験者。キャンプ初心者でもキャンプを楽しめるプランに参加しました。新篠津しのつ公園「手ぶらでキャンプ」の体験談をお伝えします。


最新の投稿


美瑛の人気飲食店に立ち寄り、絶景を楽しんできました!

美瑛の人気飲食店に立ち寄り、絶景を楽しんできました!

5月の雲一つない晴天の日に、親戚の家がある美瑛にいってきました!大雪山系がはっきりとみえてとても気持ちがいい日でした。美瑛にあるお店でランチや、ソフトクリームを食べてきたので、紹介しますね。


晩酌のお供や宅飲みのおみやげに最高なおつまみ3選

晩酌のお供や宅飲みのおみやげに最高なおつまみ3選

皆さんは家でお酒を飲む時にどんなおつまみを用意しますか?私は家で独り呑みなら手間のかからないもの、友人と宅飲みなら「食べたことな〜い!」と驚いてくれそうなものを選んでいます!今回はお酒が好きな人に向けて、私が自宅に常備する程のお気に入りを紹介します。


一人ランチにもおすすめ食欲そそるジューシーハンバーグ3つ

一人ランチにもおすすめ食欲そそるジューシーハンバーグ3つ

ランチにお悩みのそこのあなた!今回紹介するハンバーグランチがとってもおすすめ!ジューシーで肉感満載のガッツリランチです!ごはん大盛り無料のお店や衝撃のワンコインランチなどジャンルも様々。さらに一人でも行きやすいお店なので、お昼は一人でランチすることが多いっていう方にもおすすめ。すべて旭川市内の店舗なので気になったお店がある方は行ってみてくださいね♪


【随時更新】旭川市内・近郊キッチンカー出店情報!!

【随時更新】旭川市内・近郊キッチンカー出店情報!!

大人気のキッチンカー!!見かけたらお財布を片手についつい買いに行っちゃう人は多いのではないでしょうか?でもキッチンカーって、次はどこで出店するのか知りたいですよね♪そこでasatanがキッチンカーの店主さんと連携して、キッチンカーの出店情報を皆さんにお届けします!!気になるキッチンカーがあれば、ぜひ買いに行ってみてくださいね!。※新型コロナウイルス感染症の情勢によっては、出店の変更があります。


500円~550円の予算のランチはお弁当にしますか?焼肉にしますか?

500円~550円の予算のランチはお弁当にしますか?焼肉にしますか?

小道を挟んで、お弁当屋さんが2軒ありました。 それぞれの個性を出してのテイウアウト専門で、お弁当やお総菜を日替わりで提供されていて絶対リピーターになってしまうこと間違いなしのお店ばかりでしたよ。 思わず飛び込んで、メニュ―・お味を取材しました。


万葉の湯
消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?
北海道マイホームセンター
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
上杉周大さんが幌加内町でそば打ち体験!町長も試食で絶賛!?
ヒトミの涙
旭川ホテルガイド
幌延町ってどんなトコ? 知られざる町の魅力を井上仁志が紹介!
グルメクーポン
新店舗情報