旭川で100年以上の歴史を持つお店や施設にインタビュー②

旭川で100年以上の歴史を持つお店や施設にインタビュー②

今年、市制施行100年を迎える旭川。そこで今回100年以上の歴史を持つお店や施設にインタビューしてきました。昔の人はどう働いていて、どのようにお店を守って来たのでしょうか?※この記事は過去にasatanへ掲載した記事を再掲載したものです。


1907年創業 坂東商店

3代目 坂東博道さん/出典:asatan

創業の経緯は?

もともとは香川県で製糖をなりわいとしていた一族でしたが、外国の安価な砂糖が輸入されるようになって経営が悪化して…。新天地で新しいことを始めようと、旭川に移住したようです。

この店を始めた祖母のタネさんは、実業家の鈴木亀蔵さん一家と親しかったと聞いています。おそらくこれがきっかけだったのでしょう。

どんな商品を販売していたのですか?

【現在は酒類が中心】ですが、昔は生活用品全般に加え、【販売許可が必要だった塩やたばこ】を取り扱っていたそうです。酒・塩・味噌・油は、樽や缶などで量り売りしていました。

そのほか、竹ぼうき・ざるなどの荒物や、包丁・鍋といった金物、さらには【土管】までも販売していたと聞いています。

1955年頃、新年に撮影された初代の店舗の様子。現在まで同じ場所で、人々の生活を支え続けてきた/出典:坂東商店

現在の坂東商店/出典:asatan

大変だった時代は?

1990年頃のバブルの崩壊からは苦労が多くなりましたね。景気の悪化はもちろんですが、この頃は【コンビニやスーパーが急に増えた】ので、若いお客様がずいぶん減ってしまいました。

それでも、【高価な日本酒や珍しいウイスキー】といった、個人店だから扱える商品もあり、それを目当てに来てくれるお客様に支えられてきました。

守っていきたいものは?

コツコツと地道に続けていく精神です。創業以来、事業の展開や店舗を増やすことはしてきませんでした。おそらく、【店主自らが店に立ち続けること】で、【お客様が安心して買い物に通える】という考えがあったのではないでしょうか。

今でも老舗だから信頼してきてくれるお客様も多いので、これまでと同じように店を続けていくことが私の使命だと思っています。

坂東商店
住所:旭川市大雪通6丁目
電話:0166-23-5841
営業時間:9:00~20:00
定休日:日曜日
駐車場:あり(2台)

1909年創業 前川茶舗

5代目 前川俊哉さん/出典:asatan

創業の経緯は?

創業者は【佐々木源吾さん】という方で、『マルサ旭園』として始めた店を、私の曾祖父 岩次郎さんが【譲り受けた】そうです。

その理由はわかりませんが、お茶が現在よりも飲まれていた時代でしたから、将来性を見込んで始めたのではないかと思います。

当初の1番のお得意様は第七師団の方々だったそうですよ。

昔はどのような仕事をしていたのですか?

実は旭川市で最初にコーヒー豆の取り扱った店で、1925年頃から販売しているそうです。

圧倒的に茶葉の方が売れたようですが、日本でコーヒーが普及し始めた1961年には、販売から得た知識をいかして【喫茶店の営業を開始】しました。

お茶の人気が再燃した1960年からはお客様が【持参したボトルに給茶するサービス】も始めました。

1940年代の様子。110年にわたって人々の往来を眺めてきた店舗は現在、左半分が『喫茶店マルサ』になっている/出典:旭川市中央図書館

現在の前川茶舗/出典:asatan

大変だった時代は?

まさに今が大変で、ペットボトル飲料などで手軽にお茶を味わえるようになったからか、旭川でも急須などの茶器を持たない家庭が増えているんですね。

これを受けて、【いれたてのお茶のおいしさ・奥深さを伝える】ために、【道具がなくても作りたての味が楽しめる抹茶を開発】しました。

守っていきたいものは?

この店は時代に合わせて【販売するお茶の種類】を増やしたり、【様々なサービスを】取り入れたりしてきました。

これまで通り、【その時々の流行を読み】、そのうえでこれからは新しい風を起こすような【商品・企画の展開をしていきたい】ですね。

最終的には、【旭川を元気付けられるような店】にしていきたいと考えています。

前川茶舗
住所:旭川市5条通8丁目
電話:0166-23-2072
営業時間:茶舗10:00~17:30/カフェ9:00~18:00(土・日曜日、祝日9:30~17:30)/バー20:00~24:00
定休日:不定休(バーは水曜日定休)
駐車場:なし

この記事のキュレーター

asatan公式アカウントです。
旭川とその周辺地域に関連するイベント、グルメ、観光、くらしに役立つ情報などなど、ドシドシご紹介しますのでお楽しみに!

関連するキーワード


老舗 歴史

関連する投稿


旭川で100年以上の歴史を持つお店や施設にインタビュー①

旭川で100年以上の歴史を持つお店や施設にインタビュー①

今年、市制施行100年を迎える旭川。そこで今回100年以上の歴史を持つお店や施設にインタビューしてきました。昔の人はどう働いていて、どのようにお店を守って来たのでしょうか?※この記事は過去にasatanへ掲載した記事を再掲載したものです。


3年振り開催の北海道護国神社祭は常磐公園の彫刻にも注目しよう!

3年振り開催の北海道護国神社祭は常磐公園の彫刻にも注目しよう!

【彫刻のまち】とも呼ばれる旭川。市内の街中や公園には約100基もの彫刻が設置されているんだそう。でも、身近であるがゆえに「あまりじっくりと見たことがない」なんて方も少なくないのではないでしょうか? 今回は常磐公園の彫刻第2弾! 前回紹介できなかった6つの彫刻を紹介しますよ!


手の噴水は移動していた! 旭川の歴史を振り返ろう【③昭和後期~平成時代編】

手の噴水は移動していた! 旭川の歴史を振り返ろう【③昭和後期~平成時代編】

2022年の今年は、旭川という地域ができて132年、市政は100周年の年。ラストとなる今回は昭和後期から平和時代までのできごとを紹介! 知れば知るほど、このまちをもっと好きになれるはず!※掲載時より記事の一部を変更しています


雪まつりは旭川が最初だった?旭川の歴史を振り返ろう【②昭和初期~中期編】

雪まつりは旭川が最初だった?旭川の歴史を振り返ろう【②昭和初期~中期編】

2022年の今年は、旭川という地域ができて132年、市政は100周年の年。パート2となる今回は昭和初期から中期編をお届け! 知れば知るほど、このまちをもっと好きになれるはず!※掲載時より記事の一部を変更しています


亀吉の由来って知ってる?旭川の歴史を振り返ろう【①明治時代編】

亀吉の由来って知ってる?旭川の歴史を振り返ろう【①明治時代編】

2022年の今年は、旭川という地域ができて132年、市政は100周年の年。パート1となる今回は明治時代編! 知れば知るほど、このまちをもっと好きになれるはずです!※掲載時より記事の一部を変更しています


最新の投稿


【旭川】クオリティ高!パン屋さんで販売しているサンドが絶品すぎる

【旭川】クオリティ高!パン屋さんで販売しているサンドが絶品すぎる

パン屋さんっていろんな商品が並んでいてワクワクしますよね。行くとついたくさん購入してしまう人も多いはず(笑)今回紹介するのはパン屋さんで購入できるサンド3種類。大満足確実なおすすめ3つなので、パン好きの人はぜひ食べてみてくださいね♪


旭川ご当地アイドル発掘プロジェクト始動!オーディション開催!

旭川ご当地アイドル発掘プロジェクト始動!オーディション開催!

2022年12月25日(日)にオーディションが行われる『旭川ご当地アイドル発掘プロジェクト!』のご紹介です。


【首位独走】ヴォレアス北海道が年内最終節を連勝で終える

【首位独走】ヴォレアス北海道が年内最終節を連勝で終える

バレーボールV2リーグのヴォレアス北海道は2022年12月3日(土)・4日(日)愛知県にて行われたアイシンティルマーレと富士通カワサキレッドスピリッツとの連戦を連勝で終えました。


午前中に行かないと売切れ危機!今食べておきたい旭川のレア商品3つ

午前中に行かないと売切れ危機!今食べておきたい旭川のレア商品3つ

旭川にも午前中に行かないと売り切れてしまうほどの人気商品がいくつか存在するんです。今回はその中でもおすすめの3つをご紹介。今年も販売が始まった大人気いちご大福など見逃せない商品が多数ですよ♪


意外と知らない!北海道の雪道を運転するときに必要な知識6つ

意外と知らない!北海道の雪道を運転するときに必要な知識6つ

降雪や日照時間の短縮により、運転環境が大きく変わる冬場は交通事故が多発!しかし誤ったブレーキ操作によるスリップや、わだちにハンドルをとれられての衝突など、知識があれば未然に防げるケースも多いです。そこで今回は雪道の上手な走り方をご紹介します♪


消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?

【ぴっぷスキー場】12月中オープン予定!
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
3年ぶり開催の幌加内そば祭りに上杉周大さん登場!会場大盛り上がりで大盛況
ヒトミの涙
旭川ホテルガイド
幌延町ってどんなトコ? 知られざる町の魅力を井上仁志が紹介!
グルメクーポン
新店舗情報
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!