旭川が生んだ作家・三浦綾子の「氷点」の世界を巡ってみよう

旭川が生んだ作家・三浦綾子の「氷点」の世界を巡ってみよう

旭川で生まれ育ち、作家として活躍した三浦綾子。その代表作・氷点は世界でも有名な小説です。氷点の舞台は旭川。見本林を中心に様々なスポットが小説の中に登場するのをご存知でしょうか。読書の秋。旭川の風景やスポットを感じながら読み進める「氷点」はその世界に引き込まれる魅力がいっぱい。今回は氷点に登場する市内のスポットをご紹介します。


作家・三浦綾子と「氷点」とは?

旭川生まれの三浦綾子は、1964年に朝日新聞の一千万円懸賞小説に応募し入選した作品が『氷点』でした。三浦綾子の処女作です。作品のタイトルは夫である三浦光世さんが寒い雪の日の出勤途中に思いつき、名付けたのだそうです。
その小説『氷点』は、人が生まれながらに背負っている「罪」についてを登場人物を通して問う作品。上下巻に続き、続上下巻と全4冊で完結します。
2006年には、主人公を石原さとみが、その両親を仲村トオルと飯島直子が演じ、テレビでもドラマとして放送されました。

わたしが『氷点を』初めて読んだ年代は20代。年齢を重ねて繰り返し読むたびに、感じ方や登場人物へ対する気持ちも変わってきました。
また、見本林の近くで暮らしていたこともあり、旭川市内の情景を思い浮かべながら読むことで、この小説が本当にあったお話しなのでは?と強烈に錯覚もしました。
旭川で生まれ育ったひとも、そうでないひとにも、ぜひ読んでいただきたい小説です。

氷点スポット①見本林

主人公の家族はこの見本林の入り口にある家で暮らしていた設定になっています。
見本林が庭のように暮らしていました。

見本林は背の高いストローブ松がたくさん。ここは国有林で、外国の樹種が日本の寒冷地で育つかどうかを観察するために造られた森なんです。ご存知のように立ち入りは自由で、美瑛川の堤防へつながっていますね。
エゾリスや野鳥がたくさん暮らしていて、季節の草花もたくさんある、さわやかですがすがしい場所です。

見本林の木のひとつに、小説『氷点』の一説がありました。
(『氷点』上 P.83)

このような心に残る一説が、見本林の木に点在していて、氷点の世界感を体感させてくれるかのようです。

『氷点』の中に出てくる主人公が向かう堤防へ向かう道と、その手前の右手には散策路があります。
堤防へ上がると、美瑛川沿いに出て、両神橋が見えてきます。春は桜が咲き誇る、桜並木が人気ですね。

散策路へ入ると、夏は木漏れ日が美しく楽しめる森の中へ行くことができます。
ゆっくりと森林浴を楽しめるよう、ベンチもいくつかありました。
駐車場もあり無料なのがうれしいです。

*Spot info*
見本林
・住所:旭川市神楽7条8丁目2
・公式サイト:https://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/kamikawatyubu/mihonrin.html

氷点スポット②三浦綾子記念文学館&カフェ

見本林の入り口のすぐ右手には、『三浦綾子記念文学館』があります。
1998年に全国の三浦綾子文学ファンの募金によって建った、珍しい民営の文学館。
三浦綾子の生い立ち、直筆の取材ノート、作品紹介など様々な展示を見ることができます。

文学館の中には喫茶コーナーがあるので、一休みもできますよ。
温かな季節は、テラスでお茶を飲むこともできそうです。

コーヒーや紅茶、スイーツやパンなど、おやつにぴったり。

2020年4月からは、文学館のお隣に入館無料のブックカフェがオープンしました。
カフェにはもちろん三浦綾子の本がたくさんあり自由に読むこともできますよ。
メニューは飲み物やスイーツ、パンの他、オムライスやビールの提供もあります。
ランチタイムにぴったりですね。

*Spot info*
三浦綾子記念文学館
・住所:旭川市神楽7条8丁目2-15
・電話:0166-69-2626
・開館時間・休館日:6/1~9/30:無休 10/1~翌5/31:月曜(祝日の場合は翌日休館) 年末年始(12/30~1/4)
・駐車場:有り、30台
・公式サイト:http://www.hyouten.com/

氷点スポット③珈琲亭 ちろる

『氷点』の中にも登場する喫茶店。
旭川で一番古い喫茶店ですがオーナーが変わった今も、当時の面影を残したまま賑わうお店です。

シックでレトロな雰囲気は当時のまま。

ちろると言えば、昔は「パンプキンパイ」がおいしくて学生の頃はよくいただきました。
今はメニューから消えてしまいましたが、リコッタパンケーキが人気ですね。
ふんわり食感と、添えられたハニーナッツバターがおいしいです。

*Spot info*
珈琲亭 ちろる
・住所:旭川市3条8丁目左7
・電話:0166-26-7788
・営業時間:8:30~18:00
・定休日:日曜日
・公式サイト:http://cafe-tirol.com/

氷点スポット④OMO7(北海ホテル→グランドホテル)

小説『氷点』の中で、主人公がレストランで食事をするシーンが描かれています。
そのレストランは北海ホテルのレストラン。
北海ホテルは2004年3月に営業を終了し、別館として建てられていた旭川グランドホテルのみとなりました。
そのグランドホテルも今は「OMO7」に変わり、営業しています。

OMO7のロビーにある「ブックトンネル」には、旭川に縁のある作家の作品があり、自由に手に取って読むことができますよ。
もちろん三浦綾子作品もたくさん置いてありました。
氷点は昔ながらの表紙の物が。冬の見本林のようで素敵でした。

ブックトンネル内の本を、カフェに持ち込んで読んでも良いのだとか。
主人公の気持ちになって、食事やお茶をするのもいいですね。

*Spot info*
OMO7
・住所:旭川市6条通9丁目右1
・電話:0166-29-2666
・公式サイト:https://omo-hotels.com/asahikawa/

氷点スポット⑤旭川六条教会

六条教会は、実際に三浦綾子・光世夫妻も通っていた教会です。
1959年5月、二人はここで結婚式を挙げたそうです。

小説『氷点』では、主人公が小学3年生のとき、この六条教会まで歩いてきたという描写がありました。
また、主人公の父親が罪の意識にかられ、教会の前で心迷うシーンもありました。

毎週日曜日の礼拝の他、初心者のための夜の入門講座も開講しています。


*Spot info*
旭川六条教会
・住所:旭川市6条通10丁目右4
・電話:0166‐23‐2565
・公式サイト:https://douhoku.org/asahikawa_rokujo/

「氷点」を読みながらフットパスしてみませんか

三浦綾子の小説『氷点』の舞台をめぐるスポットをご紹介しました。
フットパスとして歩いて巡ることもできますよ。
氷点橋を使えば2時間半くらいのウォーキングになるのだそうです。
旭川で生まれた作品に触れられるスポットへお出かけしてみませんか。

この記事のキュレーター

♡旭川市内で暮らすライター。保育士経験を活かしたコラム、障害児育児、北海道観光、旭川のグルメ、アウトドアの記事を執筆中。
♡中学生と小学生のママ。趣味はカメラとアウトドア。トラ猫飼ってます。

関連するキーワード


喫茶店 三浦綾子

関連する投稿


三浦綾子作品が初のオーディオ化!配信もあり

三浦綾子作品が初のオーディオ化!配信もあり

2月19日(金)より配信開始した歴史小説『細川ガラシャ夫人』をご紹介します。


マップをもって市内3条15丁目界隈を散歩してみませんか?

マップをもって市内3条15丁目界隈を散歩してみませんか?

雪が解けていつもの通りをディープに楽しめるようになりましたね。 手作りサンドイッチの旗を見てはいると、 「カフェ&ライブバー」だったり、「海産物屋」さんだったり、楽しいですね。 それぞれのオーナーさんとのお話も、たのしかったですよ。 ゴールデンウィークは、楽しさ一杯のマップをもって味のある街を散策してみませんか?


十割蕎麦・日替わり弁当・焼き立てパンが安くておいしい!【旭川】障害のある人が働くお店

十割蕎麦・日替わり弁当・焼き立てパンが安くておいしい!【旭川】障害のある人が働くお店

今回は、障害のある方たちが働いているお蕎麦屋さん、喫茶店、パン屋さんの3店ご紹介しまします。どのお店もリーズナブルでおいしくて人気ですよ。


まるでタイムスリップしたみたい!【旭川】昭和の雰囲気漂う懐かしい喫茶店

まるでタイムスリップしたみたい!【旭川】昭和の雰囲気漂う懐かしい喫茶店

ここ数年で、旭川駅前と買物公園の景色は、すっかり変わってしまいました。しかし、周りの景色が変わっても昭和の雰囲気を、今もそのまま残したままのお店があります。今回は、昭和の雰囲気を感じる喫茶店を3店ご紹介します。


仕事も人も、なんでも【楽しく】がモットーの『ゆい・ゆい本舗』

仕事も人も、なんでも【楽しく】がモットーの『ゆい・ゆい本舗』

手作りグルメや雑貨、無料提供しているギャラリー、スタッフたちの個性を伸ばす活動支援など幅広い活動を行なっているギャラリー喫茶【ゆい・ゆい本舗】をご紹介します。


最新の投稿


間違いなくおいしい旭川の個性派しおらーめん3つ

間違いなくおいしい旭川の個性派しおらーめん3つ

個性派ラーメンぞろいの旭川。自分は普段そんなにラーメンを食べに行かないのですが、そんな自分がリピートしたくなった旭川の個性派しおらーめんを3つご紹介します!※緊急事態宣言中の不要不況の外出はお控えください。


新型コロナウイルスに負けるな!手作りマスクで広がる地域の絆

新型コロナウイルスに負けるな!手作りマスクで広がる地域の絆

今では私たちの生活に欠かせないマスク。新型コロナウイルスの影響が長期化する中、手作り布マスクで、旭川を少しでも明るく元気にしたいという願いから、支援事業を行いました。布マスクのイラストを担当した絵本作家のあべ弘士さんや、製作に携わった市内の事業者から、マスクに込めた思いを伺いました。


【美味しいジャムが食べたい!!】旭川市内近郊で買える絶品ジャムのご紹介♪

【美味しいジャムが食べたい!!】旭川市内近郊で買える絶品ジャムのご紹介♪

なんだか無性にジャムが食べたくなる日ってありませんか?私は最近、気づけばジャムを探してしまう日々を過ごしていました(笑)そんな私が実際に食べて感動した美味しいジャムとそのジャムおすすめの食べ方をご紹介します◎※緊急事態宣言中の不要不況の外出はお控えください。


道の駅・空港・駅【旭川】フードコートにあるおそば屋さんで食べる天丼

道の駅・空港・駅【旭川】フードコートにあるおそば屋さんで食べる天丼

自分で揚げるとなると面倒な天ぷら。そんな天ぷらを気軽に食べられるのがおそば屋さんの天丼ですよね。今回は、道の駅あさひかわ、旭川空港、イオンモール旭川駅前のフードコートにあるおそば屋さんで天丼を食べてきたのでご紹介します。※緊急事態宣言中の不要不況の外出はお控えください。


漫画盛りのごはん!甘辛ヤンニョムチキンがうまい!in旭川

漫画盛りのごはん!甘辛ヤンニョムチキンがうまい!in旭川

韓国発祥で甘辛い味付けがクセになるヤンニョムチキン。最近いろんなお店で提供されるようになってきたりと、若い世代を中心に大人気!韓国グルメって本当どれも美味しいんですよね♪旭川でもヤンニョムチキンを食べることができるお店を発見したのでご紹介します♪※緊急事態宣言中の不要不況の外出はお控えください。


万葉の湯
消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?
大雪地ビール館
北海道マイホームセンター
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
HONDAの車で出かけよう
幌加内町に上杉周大がやってきた!
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
大雪地ビール館
ヒトミの涙
旭川ホテルガイド
グルメクーポン
新店舗情報
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!