【産科婦人科医が答える体の悩み相談】子どもがなかなかできない… もしかして不妊症?

【産科婦人科医が答える体の悩み相談】子どもがなかなかできない… もしかして不妊症?

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2018年10月に発行されたタウン情報誌『asatan 11月号』で掲載したものです


Q.子どもがなかなかできない… もしかして不妊症?

Q.結婚して2年近くになります。子どもがほしいのですが、なかなか妊娠しません。これって、いわゆる不妊症でしょうか。(相談者:30代/主婦)

A.避妊せずに1年以上が経っているのであれば不妊症の疑い

A.結婚してから避妊をしないで、1年以上妊娠しない場合不妊症の可能性があります。不妊症は決して珍しいものではありません。その原因として女性側ばかりが注目されますが、実際は【女性側】と【男性側】、それほど差がありません。

不妊症の検査は、本来なら女性、男性【同時】に進めた方がよいのです。ですが日本ではまだ、女性側に責任があるように思われ続けています。古くから「嫁して三年、子なきは去れ」などといって、三行半(みくだりはん)を突きつけられ、泣く泣く離婚させられた、などという話がありました。

その頃からの誤りが、今でも影を落としているのでしょうか。検査は男性側の方が簡単なことを考えると、不妊症が疑われたなら、第一に男性の【精液検査】、【ホルモン検査】を始めるのが合理的と思われます。

旭川で新築住宅を建てるなら道北振興へ
PR

女性側の原因は主に【排卵の不安定さ】と【卵管の詰まり】

女性側の原因として頻度が高いものには、卵管に原因がある、排卵がうまくいっていない、があります。

このうち排卵については、婦人科を受診する前に、数ヵ月【基礎体温を測って】おけば役に立ちます。基礎体温は毎日測らなくてけっこうです。グラフにして、基礎体温が低温相と高温相の二相性になっていればいいのです。大まかな形がわかれば十分です。

婦人科では脳下垂体というところから分泌される性腺刺激ホルモン、卵巣から分泌される女性ホルモンを調べます。こうしたことから、排卵がうまくいっているかどうか、おおよそのことはわかります。

少し痛みを伴うのは、卵管が通じているかどうかの検査です。通気法、超音波下通水法などの検査がありますが、【子宮卵管造影法(HSG)】が一般的でしょうか。いずれの検査も多少の痛み、発熱などが伴うことがありますが、子宮卵管造影法では子宮の形の異常なども判断できます。いずれは必要な検査と思ってください。

排卵がうまくいっていない場合、それを促すための種々の方法があります。排卵誘発剤の使用などです。単に薬を服用するだけのもの、注射で卵巣を刺激するもの、様々です。相談すれば、あなたに合った治療を選んでくれることでしょう。

卵管に原因がある場合は少し複雑

卵管が原因の場合は少し複雑です。多くは過去の炎症による、卵管のつまりです。特に【クラミジア感染】による卵管閉塞が問題になっています。これまで骨盤腹膜炎(PID)などを経験された方は、一度卵管の疎通性を検査した方がいいと思います。

閉塞が高度で両方の卵管に及んでいる場合、体外受精を選ばざるを得ないことがあります。過去に下腹部が痛くなり、熱が出たなどの覚えがある方は要注意です。

そのほか、排卵期に精子の運動を助ける頚管粘液が分泌されているか、も大切な検査です。頚管から粘液が出ているかを見る、【とても楽な検査】ですが、排卵の有無を、時には超音波で卵胞の成長を見るよりわからせてくれることがあります。

頚管粘液を採取し、それを乾燥させて結晶を見るのですが、乾燥させなくても見ただけでわかります。安直ですが、【確実性の高い検査】と言えるでしょう。

精子頸管粘液適合試験(フーナーテスト)などもありますが、それらも決して、つらく危険な検査ではありません。安心して婦人科を受診してください。

【豊岡産科婦人科】基本情報

豊岡産科婦人科
院長:久田孝司
住所:旭川市豊岡4条1丁目1-10
電話:0166-31-6801

出典:asatan

※コラムの内容については、筆者の見解を尊重したものであり、すべての読者に当てはまるとは限りません。

この記事のキュレーター

asatan公式アカウントです。
旭川とその周辺地域に関連するイベント、グルメ、観光、くらしに役立つ情報などなど、ドシドシご紹介しますのでお楽しみに!

関連するキーワード


産科婦人科 悩み相談 健康

関連する投稿


生理不順で半年間も来ないことが… これって何かの病気?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

生理不順で半年間も来ないことが… これって何かの病気?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2017年4月に発行されたタウン情報誌『asatan 5月号』で掲載した記事を再編集したものです


乳がんにかかりやすいのはどんな人?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

乳がんにかかりやすいのはどんな人?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2018年8月に発行されたタウン情報誌『asatan 9月号』で掲載した記事を再編集したものです。


妊娠中に腹痛と出血で入院…お腹の赤ちゃんは大丈夫?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

妊娠中に腹痛と出血で入院…お腹の赤ちゃんは大丈夫?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2017年5月に発行されたタウン情報誌『asatan 6月号』で掲載した記事を再編集したものです


【産科婦人科医が答える体の悩み相談】0歳児教育はするべき?

【産科婦人科医が答える体の悩み相談】0歳児教育はするべき?

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2018年5月に発行されたタウン情報誌『asatan 6月号』で掲載したものです


【産科婦人科医が答える体の悩み相談】妊娠中のインフルエンザのワクチン接種は安全?

【産科婦人科医が答える体の悩み相談】妊娠中のインフルエンザのワクチン接種は安全?

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2017年10月に発行されたタウン情報誌『asatan 11月号』で掲載したものです


最新の投稿


【旭川市】新型コロナウイルス感染症について

【旭川市】新型コロナウイルス感染症について

2月23日現在、旭川市内で、新型コロナウイルス感染症患者が、3名確認されています。 市民の皆様におかれましては、落ち着いて行動いただくとともに、日常的な予防である手洗いや、咳・くしゃみをする際にマスクやティッシュ、ハンカチ、袖をつかって、口や鼻をおさえる「咳エチケット」の徹底をお願いします。 また、特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、人混みの多いところはできれば避けていただくなど、感染予防にご注意をいただくようお願いします。


【新店】新鮮な食材を使った和食小料理屋【美魚美菜 立花~りっか~】

【新店】新鮮な食材を使った和食小料理屋【美魚美菜 立花~りっか~】

2019年12月29日(日)にオープンした【美魚美菜 立花~りっか~】をご紹介します。


【旭川&近郊】並んでも食べてたいラーメン屋3軒!

【旭川&近郊】並んでも食べてたいラーメン屋3軒!

今まで並んでまでラーメンを食べようと思ったことはなかった。が、しかし!! 行列ができているお店は、やっぱり美味しい。そこで、ちょっと昔の情報ではありますが食べ歩き番組で紹介したラーメン店を含め3店を紹介します。


3月3日はおひさなま♡♡かわいいひなまつりのお菓子屋さん3つ

3月3日はおひさなま♡♡かわいいひなまつりのお菓子屋さん3つ

もうすぐ女の子の節句・おひなさまですね。おひなさまを飾ってお子さんの成長を喜び、ちらし寿司やケーキでお祝いする方もいることでしょう。旭川市内に古くからあるお菓子店である3店舗をのぞき、おひなさまにちなんだお菓子を探してきました。おひなさまに彩りと楽しさを添えるお菓子をご紹介します。


【開催中止】『ハナミズキの道』他 震災絵本の読み聞かせ

【開催中止】『ハナミズキの道』他 震災絵本の読み聞かせ

2020年3月14日(土)に旭川市で開催されるイベント【『ハナミズキの道』他 震災絵本の読み聞かせ】の紹介です。<span class="text-red">※本イベントは新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため開催中止となりました</span>


旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!

人気ランキング


>>総合人気ランキング
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
グルメクーポン
新店舗情報