旭川に移住したい?移住のプロが教える旭川への移住の手引き

旭川に移住したい?移住のプロが教える旭川への移住の手引き

移住ジャンキーと自覚があるほど様々な国と地域で生活してきた僕がこれから旭川へ移住を考えている人に伝える旭川での生活です。物件探しから仕事探し、その他様々な情報を載せていますので、これから旭川に移住予定の人は是非とも参考にしてみてください。


旭川で生活をするなら?

あなたがこの記事を読んでいるとすると、旭川への移住を考えているか、移住予定の人かもしれません。

転勤で旭川に移住をする人、雪が好きで旭川に移住をする人、その他の理由で移住をする人、皆様々な理由で移住を考えていることでしょう。

さて、そんな旭川で移住生活をするにあたって移住ジャンキーの筆者が、移住者目線からのアドバイスと自分の地元旭川民としての視点から様々な有益な情報とアドバイスを伝えます。

物件について

画像:奥寺 留美

旭川で物件を探すならIRIという物件情報サイトがおすすめです。

基本的に旭川以外の地域の不動産関係は、自社で管理する物件は自社でのサイトでしかオープンにしません。しかし旭川という町は国内でも珍しく、市内の不動産業者が協力し多くの不動産業者の持っている物件を一つのサイトでまとめて掲載されているので、物件を探す人にとってはものすごく探しやすい地域柄となっています。

このような形態で物件の情報を一括でオープンにしている地域は国内でも数える程度しかありません。

物件を探すのであればまずはIRIで探してみましょう。

仕事に関して

転勤で移住をするなら別として、移住目的で移住をしてこれから仕事を探す人も少なくはないでしょう。

仕事を探すにあたって無難なところで言うとハローワークやネットでの情報収拾。

また旭川ではライナーというフリーペーパーもありますので、そちらにも仕事の求人情報は掲載されています。

人手不足はどこの地域でも同じことで旭川も例外ではありません。そして他の地域と同じく介護関係の求人や看護師などの求人が常に掲載されているのが実情です。

選ばなければ多くの求人はありますが、選べるほど多くのジャンルの仕事があるわけではないかもしれません。

生活について

画像:中原 英樹

周知の通り北海道は冬には雪が積もる土地柄となっています。

その中でも旭川は一際雪が多い町として知られており、夏は30度を超えることもあれば、冬はマイナス20度を超えることもしばしば。

雪質はサラサラな雪が多く重たい雪質ではありませんが、雪の量が多いので除雪はやはり大変です。

また雪が降る地域では日々の灯油代や車のタイヤ、ワイパー、スコップなど冬には欠かせないものが必要となってきますのでその分のコストがかかります。

ジメッとした夏の暑さはありませんが、年々北海道でも梅雨を感じるようになり「蝦夷梅雨」と呼ばれるような言葉も生まれています。

地元の人について

個人的主観になりますが、旭川市民の特徴として比較的内向的であったり大きな冒険をしない傾向が強いように感じます。

あまりガツガツしていないので本気で商売を行いたい人にはライバルが少ない分、やりやすい環境があるかもしれません。

特に大阪や関西から来た人が旭川のみならず「北海道は商売がやりやすい」と口にする関西人は少なからず存在します。


アクセスについて

画像:奥村 和孝

交通の便で旭川が優れているのは旭川空港の発着率の高さです。

これだけ雪が多い地域にも関わらず冬の発着率は98%を誇ります。北海道でこの確率を達成できているのは旭川のみのことであり、千歳空港を上回る発着率です。

また北海道を代表する美瑛町や富良野までのアクセスも便利な所ですので、旭川にはそういったメリットもあります。

また周知の通り、旭川は北海道のほぼ真ん中に位置する町なので、北海道を旅行するにはどこでも行きやすい土地柄となっています。

まとめ

画像:中原 英樹

ここ数年では過疎地域の人口減少などにより、小さな町などでは格安での物件提供やその他手厚い待遇が一般的となってきています。

旭川に限らず旭川近郊の町へ移住をして旭川で仕事をするパターンでも生活は過ごしやすいこともあるでしょう。

有名なところでは東川町や東神楽町などが子育て世代が移住をして旭川で仕事をするパターンが増えていますが、それ以外にも当麻町や鷹栖町など旭川へのアクセスが良い町も多くあります。

それらも念頭に入れた移住を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事のキュレーター

バドミントン元全日本ジュニアチャンピオン。20代半ばよりオーストラリアで生活後、アジア、南米、北米を1年半放浪。帰国後は沖縄の宮古島、兵庫の淡路島などで島生活を経てバドミントンネパール代表のコーチに就任。その後メキシコでジュニア代表もコーチし、マヤ族と一緒に生活。海外ではクリスタルやオパールなどの天然石の買い付けも行い、マクラメジュエリー、アトリエ「名もなき石屋」を幌加内で運営。著書にノンフィクション「旅を終えると君の余命は1年だった」を出版。英語、スペイン語、手話での会話が可能。

関連するキーワード


引っ越し 移住

関連する投稿


旭川のまちを活性化 まちづくりプランナー

旭川のまちを活性化 まちづくりプランナー

市では今年度から、中心市街地の活性化と移住促進を担う 「まちづくりプランナー」2人が活動しています。地域おこし協力隊として市外から移住した、木村萩野さんと伊ヶ谷大樹さん。定住を目指し、自由な発想でまちを元気にします。【詳細】地域振興課 25・5316  


引っ越しに役立つ!自分に合った部屋探しポイント教えます!

引っ越しに役立つ!自分に合った部屋探しポイント教えます!

忙しく何かとせわしない本格的な引っ越しシーズンに突入してきました。 まだお部屋探しをしている人は多いはず。 今回は旭川市内の物件を知り尽くした『リアルターアップル』に部屋探しのポイントを聞いていこうと思います! プレゼントもありますよ~♪


最新の投稿


みんなの『奇跡の1枚』募集中!1位の作品はトップページに!

みんなの『奇跡の1枚』募集中!1位の作品はトップページに!

asatanでは皆さんが撮影した『奇跡の1枚』を募集中!インスタ投稿で一番いいねが付いた写真はasatanのトップページに掲載されます♪ぜひみなさんの奇跡の1枚を投稿してくださいね!


【永山エリア】穴場の激安うまランチとデザートをはしご

【永山エリア】穴場の激安うまランチとデザートをはしご

記事を見ていただきまして、誠にありがとうございます。 darknestです。 今回は永山エリアにたくさんあるお店の中でも結構な穴場のお食事のお店とふらっと寄ってテイクアウトできるデザートのお店をご紹介します! お昼休憩や仕事・学校終わりに行ける範囲なのでぜひご一読ください。


【まちなか】5条通ランチ事情 最新情報

【まちなか】5条通ランチ事情 最新情報

周囲には企業のオフィスの多い市中心部5条通。お昼ともなれば働く人たちが思い思いのランチスポットへと向かう光景が。実は筆者もその一人だったりします。ということで、古くから通い続けているおすすめ店、そして嬉しい、既存店のランチ開始の情報をお伝えします。


ファン必見!Netflixドラマ『First Love 初恋』グルメが食べれるお店

ファン必見!Netflixドラマ『First Love 初恋』グルメが食べれるお店

旭川もロケ地になったNetflixドラマ『First Love 初恋』。前回の、旭川ロケ地の紹介に続き、今回はドラマに出てきたあのグルメ、実際に食べてきたのでご紹介します!


ボリューム十分!味も最高!旭川の中華料理店ランチがおすすめ

ボリューム十分!味も最高!旭川の中華料理店ランチがおすすめ

中華料理店のランチって男性、女性どちらからも人気が高いイメージじゃないですか??今回は仕事休憩中のランチや家族での来店にもおすすめな中華料理店をご紹介します。


消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?

【ぴっぷスキー場】12月中オープン予定!
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
3年ぶり開催の幌加内そば祭りに上杉周大さん登場!会場大盛り上がりで大盛況
ヒトミの涙
旭川ホテルガイド
幌延町ってどんなトコ? 知られざる町の魅力を井上仁志が紹介!
グルメクーポン
新店舗情報
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!