【JR】美瑛町の撮り鉄スポット

【JR】美瑛町の撮り鉄スポット

フォトジェニックな美瑛町。もちろん“鉄”な見どころも色々あります。美瑛ならではの鉄道風景を狙ってみませんか。


美瑛町のJR概況

同町を通過するのはJR富良野線(旭川-富良野)。ここで運用される車両はキハ150形1車種のみでどの便も1両か2両編成での運用となっている。

運行数は旭川→富良野12本(うち1本休日運休)、富良野→旭川13本(うち2本休日運休・1本休日運行)、旭川→美瑛7本、美瑛→旭川7本(うち1本休日運休)。

上記の他、夏期(2021年7/10~9/20の土日祝)は臨時列車として、トロッコ列車「富良野・美瑛ノロッコ号」が運行。2021年はDE15形ディーゼル機関車が展望客車510系3両をけん引する。
機関車は美瑛側にあり、富良野方面に向かう便では、先頭客車にある運転台からの遠隔制御による推進運転の様子が見られる。

森の中を行く列車を撮る

美馬牛発・美瑛行き キハ150形
Canon PowerShot SX60 HS

DE15形によるノロッコ号
EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM 焦点距離160mm(トリミング)

山林地帯に入ると列車は森に隠れて見えなくなり、美瑛町内に列車が走っていることすら気づかない観光客は多い。つまり走る列車を見られる場所が少ないというロケ状況であるが、美瑛-美馬牛間にある跨線橋から上のようなシーンを捉えることができる。

現地の状況は上画像のとおり。
跨線橋の上からは、どちらの方向も列車を撮ることは可能であるが、美馬牛方面には歩道があるものの、反対の美瑛方面にはそれがないので、道義的に言って道路上に立つことはおすすめしない。何しろ車がけっこう飛ばして来る危険な場所でもある。撮るなら富良野方面、歩道の上を立ち位置とすべし。

しかし、跨線橋ゆえこうした防護柵はお約束。
冒頭の画像は、これを避けて防護柵の横から撮ったものだが、線路真上から、つまり線路がセンターに写り込むように撮るには、レンズ径の小さなレンズを用意すべし。
網の隙間からレンズを向け、何とか下画像のようには撮れる。

Canon PowerShot SX60 HS

うーん、抑揚のない日の丸画像でつまらないですね。
ということで、跨線橋の脇道に入って撮ったのが下の画像。

ま、どっちが映えると思うかは、お好み次第ですが。

EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM 焦点距離70mm

映える丘の風景を行く列車を撮る

EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM 焦点距離70mm(トリミング)

人気の撮影スポット「赤い屋根の家」、列車の上は「新栄の丘」という構図。
多くの人が赤い屋根の小屋を撮る、美瑛市外から拓真館方向に行く道(停車スペースがある)から列車が見えるのだが、他に立ち位置はないかと探索し見つけ出した場所がここだ。

立ち位置を上のGoogleで記しておいたが、その道、どうもGoogleさんは道として認識してないようで、市街地図には載っていない。が、航空写真では確認できるので、航空写真モードの画面をご参照されたい。
美瑛町が発行するロードマップにも載っているので、通行可能な道路と思われる。ただし道幅は細いのでトラクターなどとすれ違う時は要注意。

EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM 焦点距離150mm

上は、赤い屋根の小屋を回避しズームで少し寄って撮影したみたもの。
列車2両の色の違いも分かるし、冒頭のアングルよりしっくりくるかも。
ちなみにノートリミング。

EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM 焦点距離70mm(トリミング)

ノロッコ号も走る。
この辺りは乗客が景色を堪能できるように列車が速度を落とす「ゆっくり走行区域」となっていて、これは撮る側にとっても好都合。

美馬牛では列車交換が

EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM

美馬牛はいかにも北海道らしい地名。「びばうし」と読む。
駅舎はご覧の通り、のんびりとした田舎駅である。学生などわずかな利用だったが、近所にユースホステルができるなどして近年は旅行客の姿もちらほらと。
ちなみに、駅舎とプラットホームはTVドラマ「北の国から98帰郷」のロケに使用されたというシロモノ。

EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM

2面2線、相対式ホームであるが、互い違いに配置された千鳥式となっている。画像向かって左が駅舎および美瑛方面乗り場。
右側が富良野方面乗り場。跨線橋はなく向こう側へは横断用踏切を渡って行く。

対して、下画像が富良野方面。緑がぐっと濃くなって、秘境駅っぽさたっぷりに撮れる。

EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM

EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM

上は、ふたたび美瑛方面。
2線と1線の分岐、くねくねとした線路が面白い。
左側にある引込線は、ラッセル車の退避のためだろうか。

とかなんとか言ってると、来ましたよ(下画像)。美瑛から富良野行きが。

EOS 5D MarkII/EF70-200mm f/2.8L IS USM

EOS 5D MarkII/EF28-80mm f/2.8-4L USM

ほぼ同時に富良野方面から美瑛行きが到着。

そう、ここは交換駅。1日に数度、列車交換(単線区間の中で対向列車が行き違いすること)のタイミングがある。
なので、鉄道施設や線路(カーブやポイントなど)に萌えるという撮り鉄にもおすすめ。
実は筆者も、何かしらポイントに惹かれるものがあると感じているひとり。ポイントって鉄道の創意と工夫のたまものというか、人類の英知を感じるというか(言い過ぎだろ)。

EOS 5D MarkII/EF28-80mm f/2.8-4L USM

ちなみに、この撮影は美瑛行きも富良野行きも美馬牛を同時刻12:17に出発というもの。
同時刻だが、まず富良野行きが発車。ほどなく美瑛行きも発車して無事に列車交換は終了。
ちなみにこの逆の場合もあり、どっちが先に出るかは見ている側には分からない。何か決まりごとがあるんだろうか。

列車交換のタイミングは1日に数度あるので、時刻表を探索してみて。

美瑛駅を撮る

EOS 5D MarkII/EF28-80mm f/2.8-4L USM

美瑛駅舎は地域資源「美瑛軟石」を使用した石造りとなっていて、これ自体が美瑛町観光スポットのひとつとなっている。何とトイレ(右側)まで石造りというこだわりようだ。

EOS 5D MarkII/EF28-80mm f/2.8-4L USM

駅構内。
跨線橋もさすが美瑛らしい造りになっているようだ。特に階段入口には、美瑛町が建築物に対して推奨している三角屋根のデザインが施され洒落ている。

この跨線橋の内部から撮影したのが下の画像。

EOS 5D MarkII/EF28-80mm f/2.8-4L USM

右が駅舎。ホームは相対式2面2線となっている。

線路の向こうにある三角屋根の建物は、駅の表と裏のまちをつなぐ跨線橋。人はもちろん、階段には自転車を運びやすいようスロープがついていて、とても立派。また、自転車は広々とした駐輪場に留置できる。
鉄道のある町として、そうした工夫を施す行政の手腕はお見事。

ちなみに美瑛駅は有人駅。構内には乗降客しか立ち入ることはできない。

撮影に際しては

にわかに観光スポットとして脚光を浴びた美瑛町。
カメラを持ったツーリストがわんさと訪れ、特に地元農家さんとのトラブル(私有地への無断立ち入りなど)が絶えないとも聞いています。
撮り鉄も、そうでない人も、とにかくルール厳守。お互いに気を付けたいものです。

この記事のキュレーター

美味しいもの、旨い酒を味わう時間が何より大事。
不惑の呑兵衛を目指すべく、きき酒師の資格を取得。

・SSI認定FBO公認 きき酒師
・日本酒WEBメディア SAKE TIMES ライター

関連するキーワード


鉄道 美瑛町

関連する投稿


【紅葉】旭川から車で1時間、美瑛白金でひと足早い秋風景を満喫!

【紅葉】旭川から車で1時間、美瑛白金でひと足早い秋風景を満喫!

丘陵風景の美しい美瑛町。秋、紅葉なら白金エリアが狙い目。中でも白樺街道、望岳台がオススメです。この秋は白金で旭川よりひと足早い紅葉の風景を楽しみませんか。 ※紅葉に関する写真は昨年のものです


何度も行きたい【青い池】と新お気に入りスポットを紹介!

何度も行きたい【青い池】と新お気に入りスポットを紹介!

すこし時期がずれましたが、8月中旬ごろに久しぶり「青い池」に行きました 。その帰りには忠別ダムにき、お気に入りスポットが増えたので、紹介しますね。※行政の出す宣言に従い、宣言中の外出等はお控えください。


写真で地域を盛り上げよう!鷹栖町・美瑛町でフォトコンテスト開催

写真で地域を盛り上げよう!鷹栖町・美瑛町でフォトコンテスト開催

鷹栖町・美瑛町で行なわれているフォトコンテストのご紹介です。


【撮り鉄】注目度アップ!旭川で『キハ40形』を撮る

【撮り鉄】注目度アップ!旭川で『キハ40形』を撮る

その名は知らなくても「見たことあるかも」という人は多いでしょう。全国で40年に渡って走る国鉄型気動車の代名詞「キハ40形」が今注目されています。その魅力を追ってみました。※行政の出す宣言に従い、宣言中の外出等はお控えください。


【旭川・十勝】旧国鉄車両を見ることができる場所。おまけで帯広のグルメ情報も

【旭川・十勝】旧国鉄車両を見ることができる場所。おまけで帯広のグルメ情報も

子供の頃に鉄道に乗った記憶はないのですが、見ると懐かしさを感じる蒸気機関車などの旧国鉄の車両。今回は旭川と十勝で古い鉄道車両を見ることができるスポットを紹介します。※行政の出す宣言に従い、宣言中の外出等はお控えください。


最新の投稿


旭川市内の映えスポットなど人気記事を紹介♪

旭川市内の映えスポットなど人気記事を紹介♪

今週の『asatan presents 井上仁志コネクトーク』は、asatanの人気記事を紹介していきます♪


【旭川市】新型コロナウイルス感染症について[9月28日更新]

【旭川市】新型コロナウイルス感染症について[9月28日更新]

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況 旭川市内においても新型コロナウイルス感染者が発生しています。 市民の皆さまへの感染拡大防止のため、手洗いと咳エチケットの徹底、3密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避ける、不要不急の帰省や旅行など、札幌市や他都府県との往来の自粛に、引き続き御協力お願いします。 新型コロナウイルス感染症に関する情報や相談窓口についてはこちらのページからご確認ください。 (注)市内発生状況の更新については、感染者の発生が確認されたときのみ行っています。


【随時更新】旭川市内・近郊キッチンカー出店情報!!

【随時更新】旭川市内・近郊キッチンカー出店情報!!

大人気のキッチンカー!!見かけたらお財布を片手についつい買いに行っちゃう人は多いのではないでしょうか?でもキッチンカーって、次はどこで出店するのか知りたいですよね♪そこでasatanがキッチンカーの店主さんと連携して、キッチンカーの出店情報を皆さんにお届けします!!気になるキッチンカーがあれば、ぜひ買いに行ってみてくださいね!。※新型コロナウイルス感染症の情勢によっては、出店の変更があります。


1年のうち1ヶ月間しか通れない⁉︎幻の道路『チョボチナイゲート』を行く

1年のうち1ヶ月間しか通れない⁉︎幻の道路『チョボチナイゲート』を行く

北海道には冬季期間通行止めになる道路が多く存在します。道道1116号線(富良野上川線)もその一つですが、通れる期間が極端に短く「幻の道路」とも呼ばれています。滅多に通ることができないこの道路ですが、実はそこにしかない絶景があり、人々を魅了しています。今回はそんな噂のチョボチナイゲートをご紹介致します。


【ネパールをカレーで知る!】旭川にあるネパールカレーのお店を紹介!

【ネパールをカレーで知る!】旭川にあるネパールカレーのお店を紹介!

カレーの本場と言えばインドと思いつく人も多いと思いますが、なぜだか旭川にはネパールカレーのお店が多数あります! そこで今回は3軒のお店をご紹介いたします! どのお店も本格派なネパールの方がやっているお店です。


万葉の湯
消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?
大雪地ビール館
北海道マイホームセンター
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
決算開催
幌加内町に上杉周大がやってきた!
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
大雪地ビール館
ヒトミの涙
旭川ホテルガイド
グルメクーポン
新店舗情報