乳がんにかかりやすいのはどんな人?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

乳がんにかかりやすいのはどんな人?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2018年8月に発行されたタウン情報誌『asatan 9月号』で掲載した記事を再編集したものです。


Q.乳がんじゃないか不安… どんな女性がかかりやすい?

乳がんが心配です。胸にしこりがあるというわけではありませんが、若い女性が乳がんで亡くなっているので、私も… と不安になってしまいます。

乳がんはどんな女性がかかりやすいのでしょうか。
(相談者:30代/主婦)

乳がんは40代後半の女性にもっとも多い

A. 女性が生涯のうちに乳がんにかかる率は、およそ11人にひとりとなっています。乳がんで死亡する女性がおよそ70人にひとりなので、それほど恐いがんとは言えないかもしれません。もちろん、進んだ状態で発見されれば予後は良くないのですが。

乳がんがもっとも多い年齢層は、40代後半と統計上出ています。30代後半から増えていきます。20代から30代後半までは全乳がんの2.7%で、それほど多いわけではありません。ですから、ご質問者が30代前半であれば、それほど神経質になる必要はないかと思います。

ただ若い女性は子どもがいた場合小さいので、亡くなられるようなことがあれば悲惨です。多くないからといって、まったく気にかけなくていいわけではありません。また、若い女性では乳がんだけでなく、【子宮頸がん】にも注意が必要です。

なりやすい女性とは

では、ご質問にあるように、どういう女性が乳がんになりやすいか。これはある程度わかってきています。エビデンス(証拠)の高いものとしては、子供を産んでいない女性、これは授乳したことがあるかないか、ということにもつながります。

授乳したことがある女性は、ない女性よりも【乳がんにかかりにくく】なります。また、授乳期間が長いほどかかりにくい、と言われています。ほかにかかりやすいもので言うと、閉経後の肥満、高身長などが挙げられています。

もう少しエビデンスの低いものとしては喫煙・アルコールの摂取・初潮が早い・閉経が遅いなどが挙げられています。これらはほぼ確実に関係がある、と考えられているものです。注意するに越したことはありません。

少し前に、ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの予防的切除を行なったことで話題になりました。遺伝子で乳がん・卵巣がんを引き起こす可能性が高い、『BRCA1/2』などが検出された場合、乳がん・卵巣がんになる前に切除するという考え方です。

日本でもこうした考え方が普及してきています。選択肢のひとつとして、今後日本でも確立されるでしょう。

検査について

乳がんの検査は、【マンモグラフィー】と【3D超音波】が主流です。

日本人の乳房は欧米の方々よりも小さめで、いわゆる高密度乳腺であることが少なくありません。そうした場合、マンモグラフィーでは見逃す確率が高くなります。超音波検査と併せて行なえば、そうした見逃しをかなりの確率で減らすことができると考えられています。

日本でも近いうちに、この2つを併用する検査がさらに一般的になるものと思われます。

さいごに

もうひとつ大切なことがあります。乳腺のしこりは、【自分でも見つけること】ができます。

少なくとも月に1度は、自分で乳房をチェックしてみてください。方法は検索すればすぐに出てきます。難しいものではありません。自分の身体は自分で守る。そう気を付けていただければ、早期発見につながります。

乳がんは身体の奥深くにできるものではありません。自分で発見することもできるがんです。【早期で見つかればほぼ100%治る】のですから。

【豊岡産科婦人科】基本情報

豊岡産科婦人科
院長:久田孝司
住所:旭川市豊岡4条1丁目1-10
電話:0166-31-6801

出典:asatan

※コラムの内容については、筆者の見解を尊重したものであり、すべての読者に当てはまるとは限りません。

この記事のキュレーター

asatan公式アカウントです。
旭川とその周辺地域に関連するイベント、グルメ、観光、くらしに役立つ情報などなど、ドシドシご紹介しますのでお楽しみに!

関連するキーワード


産科婦人科 悩み相談

関連する投稿


症状がほとんどない子宮筋腫は治療が必要?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

症状がほとんどない子宮筋腫は治療が必要?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2018年1月に発行されたタウン情報誌『asatan 2月号』で掲載した記事を再編集したものです


月経が2、3ヵ月に1度に… なぜこんなことが?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

月経が2、3ヵ月に1度に… なぜこんなことが?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2018年12月に発行されたタウン情報誌『asatan 1月号』で掲載した記事を再編集したものです


生理痛が重く普段でも痛みが… 何かの病気に ?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

生理痛が重く普段でも痛みが… 何かの病気に ?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2019年5月に発行されたタウン情報誌『asatan 6月号』で掲載した記事を再編集したものです


ひと月に2回以上も生理が… 体の中で何が起こっているの?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

ひと月に2回以上も生理が… 体の中で何が起こっているの?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2017年8月に発行されたタウン情報誌『asatan 9月号』で掲載した記事を再編集したものです


中学生で思春期子宮内膜症の疑いが…  どのように治療する?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

中学生で思春期子宮内膜症の疑いが… どのように治療する?【産科婦人科医が答える体の悩み相談】

旭川市の【豊岡産科婦人科】で院長を務める【久田孝司先生】に登場していただき、さまざまな身体の悩みにお答えしてもらいます。※この記事は2018年6月に発行されたタウン情報誌『asatan 7月号』で掲載した記事を再編集したものです


最新の投稿


【魅力だらけの北森カレッジ】オープンキャンパス開催!

【魅力だらけの北森カレッジ】オープンキャンパス開催!

旭川に道内初林業の専門学校として今年開校したばかりの『北海道立北の森づくり専門学院』。 そのオープンキャンパスが8月29日(土)に開催されます!


コロナの影響が映像作品にまで??【Zoomでインタビューしてみた】vol.10

コロナの影響が映像作品にまで??【Zoomでインタビューしてみた】vol.10

【Zoomでインタビューしてみた】第10弾のゲストは、ワンドリームピクチャーズ有限会社 今津秀邦さんです! 新型コロナウイルスの影響や、関わっている映像作品について詳しく聞きました!!


オシャレ&おいしいカフェ巡り♡永山エリアのお店3つ

オシャレ&おいしいカフェ巡り♡永山エリアのお店3つ

旭川市内にはいろいろなカフェがいっぱい。おいしいごはん、オシャレなスイーツ、雰囲気を楽しむお店、本がたくさんあるカフェ、広いガーデンがあるオープンカフェ…けれどいざ行こうと思うとどこへ行ったらいいか迷いますよね…いつも馴染みのお店に行っちゃう方は必見!人気のカフェだけれどなかなか足を運んだことのないかも!?なお店へ行ってみました。今回は永山エリアのお店を3つ、ご紹介します。


夏バテに負けないように肉を食べよう!旭川の【しょうが焼き定食】3選!

夏バテに負けないように肉を食べよう!旭川の【しょうが焼き定食】3選!

まだまだ暑い日が続きますね。みなさん夏バテしていませんか。暑さで食欲がないからといって、ひやむぎなどあっさりしたものばかり食べていちゃダメですよ。そんなことで、今回はしょうが焼き定食を3品ご紹介。PART1とPART2の記事も合わせてどうぞ。


まだまだ最高!大ブレイクの富田ファーム~美瑛

まだまだ最高!大ブレイクの富田ファーム~美瑛

冷たい物から、カレー、フランクフルト、コロッケなど盛り沢山の富田ファームは人気絶頂! 勿論、、密を避けて観たりたべたりたのしみましょうね。 甘いものを食べすぎたら、「美瑛選果」でアルファ米でできているおにぎりなど買って自宅で晩御飯もいいのではないでしょうか?自宅にもどり庭で、手抜き晩御飯で楽ちんでしたよ。 さぁ!皆さんの3連休は、どんな過ごし方になるのでしょうか?


本郷美術骨董館'
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!

人気ランキング


>>総合人気ランキング
いずれか選べる!ご成約プレゼント
docomo
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
コープさっぽろの組合員になりませんか?
大雪地ビール館
ヒトミの涙
グルメクーポン
新店舗情報
asatan presents井上仁志コネクトーク