【旭川】市内で見つけた驚きの光景5つ

【旭川】市内で見つけた驚きの光景5つ

旭川市内を歩いていると、時には「あれっ!なんでこんなところにこんな物が!?」と思わず驚いてしまうものを見かけることがあります。今回は市内各所にある可愛い看板や変わった乗り物、意外な建物など様々に、5つをご紹介♪


パート1・2はこちら!↓

①屋根の上にまさかの自動車(パート2)

出典:asatan

5条通16丁目の黄色い建物の上に自動車を発見

前回の記事では永山エリアの【屋根の自動車】を紹介しましたが、まさか街なかでも見られるとは…(笑)

自動車のすぐそばの看板に『モーターズ』の文字が見えることから、ここは自動車関係のお店で、【シンボル】として高い位置に自動車を置いた、と推測されます。

見に行くなら、良い感じに影ができる夕方ごろがいいかも。

②動物園近くの大きくてキュートな看板

出典:asatan

続いて紹介するのは、旭川市旭山動物園より西へ1km、道道295号沿いにある看板。

大きなホッキョクグマがひょっこりと顔を出しているのが、とっても愛らしいですよね!

市街地から動物園に行く時には看板の裏側となってクマは見えないのですが、【動物園から中心部へ帰る際】には、載せた写真のように【はっきりとその姿を確認することができる】んです。

まるで「動物園は楽しかった? お土産も忘れずに買ったかな?」と、見る人に語り掛けてくれるみたい(笑)。

雑学ですが、『白い恋人』の看板は道内に6つあり、そのすべてに温度計がはめ込まれているんだそう。

道外からの観光客には【気候】も北海道の魅力と感じる人も多く、北海道に来たことを温度でも実感してほしいとの思いから、温度計も付けているんだとか。

③住宅街にひっそりと佇む【天文台】!

出典:asatan

続いての舞台は、豊岡エリアの住宅街。建物と建物の合間からチラリと見えるのが、こちらの【白いドーム状】の施設です。

市内の学生が調べたところによると、実はこれ、なんと天文台なんだそう!

所有しているのは、すぐ前にある千代田クリニックさん。噂によると天体観測を趣味にしていた大先生が1975年頃に建てたものだそうで、なかには口径300mmもの天体望遠鏡があったのだとか。

ただ、この天文台は10年ほど前から使用されておらず、これからどうしていくかは考え中なんだそう。

まさかこんな身近に個人で所有されている天文台があったなんて…驚きです!

④裏側から見ると…(*´▽`*) 小さなコックさんの看板

出典:asatan

こちらはせせらぎ通りのパン屋さんパンドールの看板です。

コックさんの格好をした、【可愛らしい子ども】が描かれていますね♪

でもこの看板、後ろから見てみると…

出典:asatan

ズボンがずれて、キュートなお尻が…!

実はこちらのイラスト、オーナーの奥さんが、【ご自身のお子さんをモチーフ】にして描いたものだそう。

ズボンが下がっているのは、(子どもにはまだ大きいけど)ベーカリーの制服を着せたかったから? それともお子さん(のお尻)が可愛くて見せたかったからでしょうか?

いずれにしてもオーナー夫妻のお子さんへの愛がうかがえて、心がほっこりします♪

⑤駅じゃない場所に駅名板?

出典:asatan

最後に紹介するのは、4条通17丁目の国道39号沿いを歩いていると突如あらわれる、こちらの駅名板

駅でもない場所になぜこんなものが…ってあれ? 駅名板にしては書いていることがちょっぴりおかしいような。

じつはこれ、【お店の看板】なんです!

出典:asatan

こちらは鉄道雑貨のお店ぽっぽやさん。主に道北地方で実際に使われた駅名板やきっぷ・小物などを展示販売しているんだそう。

【駅名板を模した看板】を設置するなんて、なんとも粋。マニアにとっても嬉しい心遣いですね♪

立地も旭川四条駅のすぐ目の前で、1972年まで旭川電気軌道の始発駅があった場所を選んでいることなどから、店主の鉄道へのこだわりを感じます。

おわりに

今回は「あれっ!なんでこんなところにこんな物が!?」と思わず驚いてしまう、市内各所の乗り物・看板・建物を5つ紹介しました。

なかには設置した人の思いを感じる、心が温かくなるものもありましたね。

実際に足を運んで、間近で見てみるのがオススメです♪

この記事のキュレーター

asatan公式アカウントです。
旭川とその周辺地域に関連するイベント、グルメ、観光、くらしに役立つ情報などなど、ドシドシご紹介しますのでお楽しみに!

関連するキーワード


展望台 電車 パン屋

関連する投稿


旭川から行く【廃駅探訪】廃止後も賑わう駅風景

旭川から行く【廃駅探訪】廃止後も賑わう駅風景

進むJR北海道の廃線、廃駅。そんな中、線路はなくとも人が通う廃駅がある。気軽な観光気分で、ノスタルジックなひとときにふれてみませんか。


旭川日帰り圏内。映画と鉄道が好きな筆者が【ロケの舞台】で感動してきた!

旭川日帰り圏内。映画と鉄道が好きな筆者が【ロケの舞台】で感動してきた!

鉄道ファンも必見。映画好きに加え鉄道好きという筆者が特に愛して止まない作品の、ロケ地となった駅をご紹介。名優が演じたホームに立てば、名シーンがよみがえるのでした。


JR富良野線に乗ってのんびりプチ旅行♪鉄道旅行の見どころをご紹介!

JR富良野線に乗ってのんびりプチ旅行♪鉄道旅行の見どころをご紹介!

北海道の鉄道旅行って魅力がいっぱい♪各駅周辺には美味しい飲食店があり、JRのキャンペーンやタクシー会社の旅行プランを使えば、自分で車の運転をすることなく快適に北海道の旅行を楽しめます。今回は、人気観光エリア旭川~富良野間で1泊2日で楽しめるオススメのスポットをご紹介します。


JR富良野線・宗谷線・石北線に乗ると切符代が半額!?インスタイベントも開催中

JR富良野線・宗谷線・石北線に乗ると切符代が半額!?インスタイベントも開催中

旭川市役所地域振興部都市計画課では、JR富良野線・宗谷線・石北線をより多くの方に利用していただくために様々な企画を打ち出しています。このお得な機会に、ぜひ鉄道をご利用ください。


【なんて読むの??】旭川近郊JR難読駅名5選

【なんて読むの??】旭川近郊JR難読駅名5選

北海道にはアイヌ語に由来する地名がたくさんあります。もちろんJRの駅名にも地名が反映されることが多く、アイヌ語由来の駅名が数多く存在します。中には「えっ!これなんて読むの?」と悩んでしまうような地名も少なくありません。今回はそんな難読駅を5つ紹介します。


最新の投稿


新しい働き方で、自分らしい暮らし

新しい働き方で、自分らしい暮らし

新型コロナウイルス感染症の影響で、働き方が変化しています。離れても仕事ができる「テレワーク」で地方への関心は高まり、市内でも受け皿が整備されるなど広がりを見せています。その現状や魅力を紹介します。


【旭川】子連れOK!!キッズカレーのあるカレー屋さん2店舗ご紹介♪

【旭川】子連れOK!!キッズカレーのあるカレー屋さん2店舗ご紹介♪

大人も子供も大好きなカレー! 自宅カレーに飽きたら、お店のカレーを食べよう!じっくり時間をかけて作るお店のカレーは、一味違って美味しいですよ! お子様連れでも行ける!そんなカレー屋さんを紹介します!


【旭川】素敵なお店で家庭では作れないパスタを食べよう

【旭川】素敵なお店で家庭では作れないパスタを食べよう

パスタ料理はパッと作れるものが多く、私は休日の昼や時間のない時などに作ることが多いです。 そんなイメージのパスタですが、家庭には無い材料で、素材をいかした美味しいパスタランチを提供してくれる、外観も店内も素敵なお店を紹介します。


【忠和】オシャレで可愛いボリューム満点ランチ♪

【忠和】オシャレで可愛いボリューム満点ランチ♪

可愛い!オシャレ!な店内外で目でも楽しめる、忠和エリアの美味しいお店2店をご紹介いたします。


【北海道観光】人気スポットの小樽と余市に行ってみませんか?

【北海道観光】人気スポットの小樽と余市に行ってみませんか?

高速を利用すると旭川から2時間強の小樽。 小樽から余市までは30分くらい、旭川から日帰りでも楽しめるスポットです。 ドライブをしながら人気観光スポットに遊びに行ってみませんか?


消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?
北海道マイホームセンター
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
上杉周大さんが幌加内町でそば打ち体験!町長も試食で絶賛!?
ヒトミの涙
旭川ホテルガイド
幌延町ってどんなトコ? 知られざる町の魅力を井上仁志が紹介!
グルメクーポン
新店舗情報