地域の人々が集える家を建てたい!福屋聖恵さんの挑戦

地域の人々が集える家を建てたい!福屋聖恵さんの挑戦

春光台地区で、子ども食堂を運営する「ふくふく家族の会」。人と人がつながり、支え合う場として、ふくふくハウスを建設予定です。先日、建設資金1,500万円を集めるべく、クラウドファンディングを開始。「家族の平和は世界の平和」「地域は家族!」を合言葉に、活動をしています。ふくふく家族の会代表の福屋聖恵(ふくやさとえ)さんの想いに迫ります。


ふくふく家族の会って?

ふくふく家族の会は、旭川市春光台地区で子ども食堂を運営している団体です。「人と人がつながり、支え合う場を作りたい!」と2020年6月に結成しました。

ふくふく家族の会代表の福屋聖恵さんは、2歳から高校生までの5人のお子さんをもつお母さん。5人の子育てを通じて感じるのは、近ごろは地域のつながりや絆が薄まり、孤独に子育てをしている家庭が多いということ。

子どもは、お母さんだけではなく地域の人が助け合って育てていくもの。そのためには、地域の人々が集い、困った時に頼れるような場を作りたいと、ふくふくハウスの建設を決めました。

建設場所は、福屋さんの自宅の裏にある空き地を予定。福屋さんの住む春光台地区には、児童会館がなく、子どもたちが安心して遊べる屋内の場所を作りたいという気持ちも後押ししました。

目標額は1,500万円。1月5日のスタートから、2週間足らずで約50万円の支援が集まっています。

公共施設では対応できない柔軟な使い方ができる場が欲しい

ふくふくハウスでは、公共の施設では対応できない柔軟な使い方を想定しています。

構想中のアイディアの1つが、週1回の夕食の会。子どもが自由に遊べるよう解放した日の夕食を、家族の会の会員や近所の人が作って一緒に食べるという構想です。

「子どもを迎えに来た親が一緒にその場で食べてもいいし、持ち帰ってもいい。1世帯でご飯を作るより、皆で大勢の食事を作った方が楽しいし、楽ですよね。」と福屋さん。

もう1つは、災害が起こった時の避難場所としての役割です。停電になっても暖が取れて、煮炊きができるよう薪ストーブを設置予定です。

ほかにも大人が講座や教室を開いたり、いろいろ使い道のアイディアをふくふく家族の会のメンバー同士で出し合っています。

代表の福屋聖恵さんが、家族洗隊福レンジャーの活動に込めた思い

ふくふく家族の会では、ご当地ヒーロー、家族洗隊福レンジャーの活動も行っています。

福屋さんファミリー7名と有志の5家族で結成した福レンジャーは、市町村や団体から依頼を受けて、ショーや、いのちの大切さを伝える活動などを行ってきました。

福レンジャーの活動を通じて訴えたいのは、人とのつながりや共感の大切さ。福レンジャーのショーは、悪を暴力で倒す一般のヒーローものとは違い、愛の力で問題解決をします。

誰かが悩みや不安に囚われてしまった時に姿を現す『トラワレ』が悪役です。この『トラワレ』を戦って倒すのではなく、向き合いぶつかりあって磨き合い、「心を洗う」ことで浄化するのがポイントです。

福レンジャーは他の人の助けを得てパワーアップすることで、本来の力を発揮できます。

そこには、「人は一人では生きられない。お互いに支え合って生きて行こうよ。」という福屋さんの強いメッセージがこめられています。

個人の自己責任といわれがちな世の中の流れに一石を投じたい

福屋さんは、「経済的にも精神的にも満たされないのは、個人の努力が足りないせいだ」と済まされがちな今の時代の流れに疑問を感じています。

「本来、人は支え合って生きるもの。自分に足りないところがあるならば、他の人に補ってもらえばいい。逆に、自分の持っているスキルや強みが、他の人には役に立つかもしれない。そのために人とつながれる機会や場が必要」と考えています。

ふくふく家族の会のメンバーは、お互いのスキルを活かし、地域のために活動中。福屋さんは、助けてくれる仲間への感謝の気持ちも忘れません。

つながりの場を作りたいという想いに共感する人々からの支援の輪が広がっている

現在、ふくふく家族の会のメンバーは24名。それぞれのもつ強みを生かして、活動を支えています。

クラウドファンディングの返礼品を提供してくれる人も増えています。こだわりのお米やチーズ、DIYプランナーによる家具、各種セッションなど、内容もさまざまです。

「1人1人の力は小さくても、皆で助け合えば大きな力になるはず。」

「ふくふくハウスの活動によって、全国に同じような取り組みが広がっていけば嬉しいです」と、笑顔で話す福屋さんの今後の挑戦から目がはなせません。

2月13日、14日には、あさひかわ北彩都ガーデンセンターでイベントを開催予定

2021年2月13日、14日には、あさひかわ北彩都ガーデンセンターにて、ふくふくハウスプロジェクトのイベントを開催します。

親子で参加できるDIYや英語の講座など、楽しみながらふくふくハウスの世界観に触れられる内容です。参加は無料ですが、事前予約が必要です。

興味のある方は、ふくふく家族の会のサイトをご覧ください。

ふくふく家族の会 ふくふく子ども食堂・ふくふくハウス・家族洗隊 福レンジャー

https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000125252

ふくふく家族の会は北海道旭川市の子ども食堂を運営し、地域交流の拠点として活動しています。2021年、交流の場・みんなが安心して集うことのできる『ふくふくハウス』を完成するためにクラウドファンディングにチャレンジします!このページで、ふくふく子ども食堂の参加チケット申し込みやご支援にご利用いただけます。

この記事のキュレーター

転勤族の夫と息子2人の4人暮らしの主婦ライター。旭川での生活を楽しみたいと、週末には家族で公園へ行ったりドライブをしたりするのが好き。
ドライブ情報や、カフェ、甘いモノの情報をお届けします。

関連するキーワード


インタビュー

関連する投稿


三線奏者・玉田基さん&ユーチューバー・西森菜月さんへインタビュー!

三線奏者・玉田基さん&ユーチューバー・西森菜月さんへインタビュー!

旭川で活動している「表現者」のお2人にインタビューしました。三線奏者、玉田基さんと、ユーチューバーとして活動をしている西森菜月さんです。ぜひ、ご覧ください♪


【旭川市】特別インタビュー 明日へ翔る

【旭川市】特別インタビュー 明日へ翔る

新型コロナウイルスによる困難が続く中、新年を迎えました。 様々な分野で挑戦と活躍を続ける4人の方から、 前を向く力になるメッセージをいただきました。


旭川を支える女性経営者へインタビューPart2

旭川を支える女性経営者へインタビューPart2

世界中コロナウイルスの影響があるなかで、いろいろと状況が変化しています。旭川で働く女性起業家・経営に携わる方が、何を考えどのように行動しているのか、女性ならではの視点はあるのか、asatanスタッフがインタビューをしてみました。


旭川を支える女性経営者へインタビュー

旭川を支える女性経営者へインタビュー

世界中コロナウイルスの影響があるなかで、いろいろと状況が変化しています。旭川で働く女性起業家・経営に携わる方が、何を考えどのように行動しているのか、女性ならではの視点はあるのか、asatanスタッフがインタビューをしてみました。


【テレビ出演で話題のイケメン】能登亮太くんにインタビュー!

【テレビ出演で話題のイケメン】能登亮太くんにインタビュー!

『今夜くらべてみました』や『櫻井・有吉 THE夜会』に出演して話題の、能登亮太くんって知っていますか?この春に旭川農業高等学校を卒業したばかりの彼にインタビューをしてみました!


最新の投稿


【新型ヴェゼル】利便性総まとめ!スマホ活用で使い勝手アップ!

【新型ヴェゼル】利便性総まとめ!スマホ活用で使い勝手アップ!

2月18日(木)に世界同時公開された新型ヴェゼル!初代が大人気車種だっただけに大注目の発表となりました!今回はその利便性を中心に、新型になって大幅な進化をしたヴェゼルを徹底解剖していきます♪ホンダカーズ旭川では先行予約受付中!


紅茶を楽しんでみませんか?

紅茶を楽しんでみませんか?

気になっていた大きな建物は、北海道で初めて「紅茶専門店」として開店したお店でした。 通りからは、大きな信号のオブジェが目を引くお店です。 旭川で紅茶専門のお店3軒のご紹介しますね。 春近くなり、お店巡りが楽しい季節になりましたね。 お店側も、ソーシャルディスタンスを考えての席をご案内してくれますよ。


市民なら誰でも知っている【旭川】で昔から親しまれているお菓子|その3

市民なら誰でも知っている【旭川】で昔から親しまれているお菓子|その3

旭川で昔から親しまれているお菓子として、これまで「旭豆」「壺もなか」「ビタミンカステーラ」「まるきた焼き」「かりんとう」「あずチャンかぼチャン」と紹介してきました。今回は第3弾として、さらに3商品を選んでみました。


忙しいビジネスマンにオススメ!旭川でコスパが良い蕎麦屋をご紹介

忙しいビジネスマンにオススメ!旭川でコスパが良い蕎麦屋をご紹介

忙しい時にサッと食べれる定番の食べ物といえばお蕎麦!!健康的でヘルシーなので、僕はランチで悩んだら、ついつい蕎麦屋さんに行ってしまいます(笑)今回は忙しいビジネスマンに向けて"サッ"と食べることができるオススメのお店を紹介します!!


Delicious Japanese traditional sweets. The three long-established Japanese sweets shops of Asahi-cho !

Delicious Japanese traditional sweets. The three long-established Japanese sweets shops of Asahi-cho !

"Asahibashi Mizuho-dori Shopping Street" that runs from Asahibashi to the Hokkaido Gokoku (a shrine dedicated to martyrs) Shrine. It was once used as an important road connecting the 7th Division to the Asahikawa Station. People used to buy sweets here as a celebration of enlistment or discharge.


万葉の湯
消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?
大雪地ビール館
ぴっぷスキー場オープン中!
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
HONDA 決算開催
幌加内町に上杉周大がやってきた!
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
旭川生まれのスタッドレスタイヤ アイスガード6の実力
北海道マイホームセンター
大雪地ビール館
ヒトミの涙
グルメクーポン
新店舗情報
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!