インタビューに関する記事


【特集】昔なつかし!まちの駄菓子屋さんへ行こう!

【特集】昔なつかし!まちの駄菓子屋さんへ行こう!

子ども時代に多くの人が親しんだ駄菓子屋さん。友だちとお菓子を買って、お店の人と雑談をして、公園で楽しく食べる… こんな懐かしい記憶を持っている方も少なくないのではないでしょうか? ひと昔前までは旭川市内近郊にもたくさんの駄菓子屋さんがありましたが、現在も営業を続けているのはわずか数店だけ。今回は、そんな駄菓子屋さんを営む方々に、経営の喜びや苦労、続けていくことに対する思いなどを聞いてみました。たまには童心に帰って、駄菓子を買いに行きませんか?


【大日本プロレス】岡林裕二選手がasatan編集部にやって来た!!

【大日本プロレス】岡林裕二選手がasatan編集部にやって来た!!

2020年4月5日(日)に旭川東地区体育センター(北海道旭川市豊岡2条5丁目)で行なわれる試合に先駆け、PR活動のため約1年ぶりに岡林裕二選手が来社! 今回はプロレスもプライベートも問わず、様々な質問をぶつけてみました!!<span class="text-red">※2020年3月11日(水)17:00をもってプレゼント応募を締め切りました</span>


44歳女性が旭川で南青山の有名店『塩チョコクッキー』を引き継いだ理由【patisserie unjour】

44歳女性が旭川で南青山の有名店『塩チョコクッキー』を引き継いだ理由【patisserie unjour】

30代で東京にある洋菓子学校に入学し、44歳で地元・旭川で自分のお店をオープン。そんな時に南青山で全国的な人気を誇っていた『塩チョコクッキー』を引き継ぐ話が舞い込んできました。ひっそりと隠れ家のように営業しているのにも関わらず、全国から注文が相次ぐ塩チョコクッキーと、年齢で自分に制限をかけず好きなことにチャレンジする、夫婦で営むスイートなお店【patisserie unjour】のお話。


【保存版】東川OilcoのYohさんに聞いた、僕たちに語ってもらいたいこと

【保存版】東川OilcoのYohさんに聞いた、僕たちに語ってもらいたいこと

数々の有名ファッション雑誌で、北海道を代表するアメカジのパイオニアとしても知られるYohさんに、3時間のロングインタビューで聞いた人生観。多くの人が普段聞くことのできない、でも本当は聞いてみたいことを聞いてみました。ぜひあなたの人生のエッセンスに加えてみてはいかがでしょうか。きっと自分を変えてくれる何かがあるはずです。


旭川の老舗「東邦木材」で美人女性が挑む東京での挑戦と覚悟とは

旭川の老舗「東邦木材」で美人女性が挑む東京での挑戦と覚悟とは

旭川の中小企業を代表する「東邦木材」。祖父の代から続く東邦木材の一人娘が会社経営に参画し旭川から新たな戦略を仕掛けています。木工という男社会の色が強い世界で、旭川出身の女性が一人で東京で支所を立ち上げ挑戦をしていく過程と覚悟を追ってみました。


本郷美術骨董館'
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!

人気ランキング


>>総合人気ランキング
いずれか選べる!ご成約プレゼント
比布いちご狩り始まります
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
コープさっぽろの組合員になりませんか?
大雪地ビール館
グルメクーポン
新店舗情報