【ねぇ、知ってる?】姿が変わった『旭川常盤ロータリー』のヒミツ

【ねぇ、知ってる?】姿が変わった『旭川常盤ロータリー』のヒミツ

旭川常盤ロータリーといえば、たくさんの自動車が行き交う円形の道路。旭川市民なら誰もが知っていると言っても過言ではありません。しかし、このロータリーが時代の移り変わりとともに様々に形を変えてきたことはご存知でしょうか? いつ、何のために作られたのかも合わせて、【写真付き】で紹介しちゃいますよ!


そもそも旭川常盤ロータリーって何?

旭川常盤ロータリーは旭川市の中心部にある交差点です。

なんと6本の市道・国道へと別れていて、旭町・春光方面へ続く旭橋や、平和通買物公園など旭川市内の中核部を繋ぐ、重要な役割を果たしています。

交通量が多いのですが、交通ルールが少し複雑なことから、自動車を運転する人々からは敬遠されることもあります。

ロータリーに入ったのは良いものの、うまく抜け出せずに困っている車を見たことがある人もきっと多いはず(笑)

しかし、国内では珍しい【大型のロータリー】のため、観光スポットとしても人気だそうです。観光客に見せるために、ロータリー内をわざと2周以上する観光バスがあるとか、ないとか。

さて、ここからは旭川常盤ロータリーの歴史を紹介していきますよ~♪

完成当初はロータリーに電車が!?【1936年】

ロータリーが完成した1936年の様子
写真提供:旭川市中央図書館

常盤ロータリーがある場所は、かつて牛朱別川が流れていて、『常盤橋』という橋が架かっていたんだそうです。

しかし、たびたび氾濫し、洪水が起こったため、埋め立てることになりました。その際、近くにあった【6本の道路を安全に交差させる】必要があったため、現在のロータリーの形をとることにしたんだとか。

完成したのは1936年。路面電車が市民の主要な交通手段だった時代です。写真でも見られるように、ロータリーにも電車が走っていたんですね。

旭川で新築住宅を建てるなら道北振興へ
PR

一大イベントで初代のタワーが登場!【1950年】

1950年の様子
写真提供:旭川市中央図書館

1950年に、旭川が60周年を迎えたことを記念した【北海道開発大博覧会】が開催されました。

常磐公園を始め3ヵ所に会場が設けられ、道内・国内の都市や文化を紹介する建物や、当時の最新科学技術が見られる施設、さらに子どもの国や野外劇場といった娯楽施設まで、様々に並んだそう。

なんと40日間で51万人もの人々が訪れたんだとか!

ロータリーの中心には大博覧会のシンボルとして、【平和塔】が登場。

電車が塔の真下を走り抜ける瞬間、乗客たちは胸を高鳴らせたことでしょう。想像するだけでワクワクしてきちゃいますね♪

電車も塔もなくなり少し寂しい光景に【1956年ごろ】

1960年の様子
写真提供:旭川市中央図書館

1956年ごろ、ロータリーを走っていた【電車が廃止】。これに伴って『北海道開発大博覧会』をきっかけに建てられた『平和塔』も取り外され、【中心の広場】にも道がなくなりました。

ここから約30年間にわたって、ロータリーには【塔のない時代】が続きます。

ちなみに撤去された『平和塔』は、市立病院の敷地内に移転された後、解体されたとの噂が。

高さ35mのシンボルタワーができました!【1985年】

2018年に撮影
出典:asatan

1985年、ロータリー中心部に高さ35m、幅6mの【ロータリーシンボルタワー】が完成し、現在の姿になりました。

鉄柱の上に建てられている銀色のオブジェは、氷・雪・つららといった【旭川の自然】を表現しているそう。機会があったら(車から降りて)じっくり見てみて♪

さらに、2000年からは『あさひかわ街あかりイルミネーション』のひとつとして、【冬のイルミネーション】が行なわれています。

たくさんの電飾で、旭川の夜を美しく彩ってくれますよ♪

なお、2019年度のロータリーシンボルタワーのイルミネーションは2020年3月8日まで実施される予定です。

基本情報

名称:旭川常盤ロータリー
住所:北海道旭川市常盤通1丁目

さいごに

旭川常盤ロータリーの移り変わりを当時の写真付きで紹介しました。

作られたきっかけ、電車が走っていたこと、塔がなかった時代など、意外と知られていないことも多いみたいですね。

観光スポットにもなっているようなので、遠方の人に紹介すると喜ばれるかもしれませんよ♪

この記事のキュレーター

楽しいことが大好き~♪

関連するキーワード


常盤ロータリー 歴史

関連する投稿


旭川を見守ってきた老舗たち②

旭川を見守ってきた老舗たち②

来年は旭川という土地が誕生して、130周年を迎えます。そこで今回、100年以上の歴史を持つお店や施設にインタビューしてきました。昔の人はどう働いていて、どのようにお店を守って来たのでしょうか?


旭川を見守ってきた老舗たち①

旭川を見守ってきた老舗たち①

来年は旭川という土地が誕生して、130周年を迎えます。そこで今回、100年以上の歴史を持つお店や施設にインタビューしてきました。昔の人はどう働いていて、どのようにお店を守って来たのでしょうか?


最新の投稿


【ふらりーと燗酒図鑑】4店の旨い焼燗 ※動画あり

【ふらりーと燗酒図鑑】4店の旨い焼燗 ※動画あり

昭和の酒場風情が人気のグルメスポットふらりーと。その中で、酒処としての風情をよりふくよかにしているのが、趣きある熱燗によるおもてなし。とりわけ呑兵衛を惹きつけるのが旨い「焼燗(やきかん)」だ。呑兵衛の筆者がずっと以前から通っている4軒の、心まで温めてくれた情緒ある焼燗を紹介したい。


外国人から見る旭川ってどんな感じ?動画を見ながら英語の勉強だ!

外国人から見る旭川ってどんな感じ?動画を見ながら英語の勉強だ!

英語が話せるようになりたい!そんな思いもありながら結局あまり勉強をしない。海外での生活や渡航が多い筆者も一緒です。そんな筆者が旭川の人にお勧めする勉強法は“外国人が撮影する旭川を見ながら英語の勉強”という、かなり分かりやすい勉強法。旭川に限らず、この方法を使って勉強をすると英語は話せるようになるかもよ?


旭川から車で1時間あまり 【剣淵】までふらっとドライブはいかが?

旭川から車で1時間あまり 【剣淵】までふらっとドライブはいかが?

北海道の中央に位置する旭川市は、どの方角へもドライブを満喫できる好立地にあります。旭川から1時間ちょっとで行ける上川郡剣淵町にドライブへ行ってきましたので、レポートします。


【2月29日(土)開催】人生やり直し道場

【2月29日(土)開催】人生やり直し道場

2020年2月29日(土)に旭川市で開催されるイベント【人生やり直し道場】の紹介です。


なぜかホッとする!【旭川】昭和レトロな雰囲気の食堂3選!PART2

なぜかホッとする!【旭川】昭和レトロな雰囲気の食堂3選!PART2

昭和から長く営業を続ける老舗の食堂。「お店の雰囲気」「お店の人の人柄」「料理」それぞれが、なぜかホッとさせます。今回は、「昭和レトロな雰囲気の食堂」の第2弾として3つの食堂をご紹介します。


旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!

人気ランキング


>>総合人気ランキング
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
グルメクーポン
新店舗情報