旭川の老舗「東邦木材」で美人女性が挑む東京での挑戦と覚悟とは

旭川の老舗「東邦木材」で美人女性が挑む東京での挑戦と覚悟とは

旭川の中小企業を代表する「東邦木材」。祖父の代から続く東邦木材の一人娘が会社経営に参画し旭川から新たな戦略を仕掛けています。木工という男社会の色が強い世界で、旭川出身の女性が一人で東京で支所を立ち上げ挑戦をしていく過程と覚悟を追ってみました。


地元旭川から東京で支社を立ち上げを目指す

「元々東京で生活しながらもいつかは地元に帰らなければいけない、親の会社も自分のできることで盛り上げていきたいという想いは常にありました」

そう話す井口さんは現在住んでいる東京と育った旭川を拠点に行き来する東邦木材社長、井口公夫さんの一人娘。

東京の大学を卒業後、学校法人へ就職し広報や生徒募集などの業務を10年間勤めていました。

結婚を機に多忙だった仕事を辞め、生活の切り替えを行うことを考えていた時に、やはり自分の祖父から父へと維持されてきた会社が頭の中から離れることはありませんでした。

「私が育った会社の業務に携わりたい」そう言うと、旦那さんとなったばかりのパートナーは反対することなく応援してくれました。

東京で結婚をして旭川の会社に常勤させるのは現実的に難しいと感じた父親は、

「まずは東京で出来ることをやってみなさい」と父親としての優しさと、会社社長としての役割も課してきたのが始まりです。


全くのゼロからの東京でのスタート

東邦木材が主に行なっている事業は北海道で採れる木材、ナラとタモを加工してフローリングなどの製品を作っていますが、会社社長の娘といっても、業務に関しては全くの未経験。

その中でも「自分にできること」と動き出してまず行なったのは東京などで行われている展示会への出展。

「前職でブースの設定やイベントなども行なっていたこともありその経験を生かしました」

(自社販促物の作成なども経験を元に手がけています)

しかし展示会でのブース出展は最初から上手くいった訳ではありません。
経験の浅さからお客さんのバッテイングや男社会での営業面など難しさを痛感。
ただ、女性としてのアドバンテージと女性目線を有効に活用して、丁寧な営業スタイルや手土産を持参して挨拶に行くなど目に見えないちょっとした気遣いを行なっていったところ日に日に認知されるようになり、手応えも少しずつ掴むようになりました。

木材とアロマオイルの融合

地元で女性ならではの人脈を生かして同じ旭川でオリジナルアロマオイルの制作から販売を行なっているGrasse(グラース)と提携を結び展示会では地元の木を使ったアロマオイルの展示も開始しました。

当初の目的はちょっとしたアクセントを取り入れてみてアピールするのが目的でしたが、意外にも様々な業種の男性が足を止めることに驚いたそうです。

「男の人って実はアロマなどの匂いに敏感に反応する人が多いのかもしれません」

この世界を知らなかったからこそのアイディアであり、女性ならではの感性を活かした営業を意識できるようになったのは彼女の強みの一つでもあります。

北海道の木を必要とする人へ

例えば「食」に関するものであれば多くの人間に必要なものでしょう。

また「水」や「電気」のインフラもそうかもしれません。

しかしフローリングの木材となれば全ての人に共通して生活に必ず必要ではないかもしれません。

だからこそ営業の難しさも味わい、その中で地元北海道の自然素材をアピールするということは簡単ではありません。

「こだわりのある人やお客さんをどのように探し出すか、またそのような潜在客を作り出すことも課題ですね」

生まれ育った地元の自然素材と、自分の祖父の代から続けてきた会社をいかに盛り上げ、成長に貢献するかが今の井口さんの見据える目的です。


女子校出身の彼女が男社会に挑む

井口さんが卒業した高校は旭川藤女子高等学校(現 旭川藤星高等学校)
当時は女子校だった為、男性と接する機会は一般の高校よりは少なめでした。
また彼女自身「人見知りなところがあった」と言うように、東京に出るまでは人前で話すことすら得意ではなかったようです。

しかし思い切って東京に出て生活を重ねていく上で人見知りだった性格は徐々に変化を遂げました。

「当時の私だったらこんな男社会でやっていってるのは想像できないかも」と少しはにかみます。

しかし現在は職人気質のベテラン男性を相手に様々な改善点を話しあい、多くの営業マンたちと渡り合えるように経理の知識なども蓄えています。

「確かに男社会ですが同じ業界でも女性でバリバリ活躍している人もいます。そんな人たちを見るとやってやれないことはないと思います」と決して怯んではいません。

一つの夫婦のあり方

2〜3ヶ月に一度は東京から飛行機に乗って東京を離れ旭川の本社で勤務します。

その間は時期にもよりますが1週間から2週間は妻としての役割ができません。

しかし旦那さんは井口さんの仕事に理解を示し愚痴などを言うことは一切ないようです。

「むしろ最近では彼の方から『木材のこんなイベントがあるよ』『こんな記事見つけたらから読んでみたら?』と興味を示してくれてます」

と、非常に好意的に応援してくれるそうです。

働き方改革と言われ家族としてのライフスタイルも多様に変化している現代で、このような働き方や夫婦のあり方も一つの現代スタイルなのかもしれません。

木工の町旭川の老舗「東邦木材」

木工の町旭川で木材を使った製品を作り続けて70年。

旭川市内に工場を構え、札幌、秋田、福岡、中国(大連)と国内は元より、旭川から海外まで幅広い業務を行なっています。

現在は北海道産のナラ・タモにこだわったフローリングをメインに制作していますが、リノベーションや部屋の寸法やイメージに合わせたオーダー家具なども対応しています。

また海外では長年培った輸入の実績などから輸入代行も行なっています。
木材に限らず幅の広い業務を語学堪能な社員と共に安心、安全な輸入代行業務を続けています。
まずは簡単な相談からしてみてはいかがでしょうか。

東邦木材(株)
本社 〒070-0039 北海道旭川市9条通17丁目左1
電話番号 0166-26-2388
代表取締役 井口 公夫

東邦木材 ホームページ

この記事のキュレーター

バドミントン元全日本ジュニアチャンピオン。20代半ばよりオーストラリアで生活後、アジア、南米、北米を1年半放浪。帰国後は沖縄の宮古島、兵庫の淡路島などで島生活を経てバドミントンネパール代表のコーチに就任。その後メキシコでジュニア代表もコーチし、マヤ族と一緒に生活。海外ではクリスタルやオパールなどの天然石の買い付けも行い、マクラメジュエリー、アトリエ「名もなき石屋」を幌加内で運営。著書にノンフィクション「旅を終えると君の余命は1年だった」を出版。英語、スペイン語、手話での会話が可能。

関連するキーワード


東邦木材 インタビュー

関連する投稿


【ヴォレアス北海道】V1リーグ ホームゲーム開幕直前インタビュー

【ヴォレアス北海道】V1リーグ ホームゲーム開幕直前インタビュー

2022-23シーズンにV1昇格を決めたヴォレアス北海道。設立当時は選手として、今はチーム運営に尽力している代表取締役社長の池田憲士郎さんとディレクター加藤伊織さんに、6年を振り返りつつ、V1リーグ ホームゲーム開幕を目前に思うこと、感じること、そしてこれからのことを伺った。


北海道剣淵町の実家で就農した21歳若手イケメン農家「能登亮太」くんに注目!

北海道剣淵町の実家で就農した21歳若手イケメン農家「能登亮太」くんに注目!

以前にasatanの特集でも紹介した剣淵町の農業イケメン「能登亮太」くん。テレビでイケメン過ぎると話題になった旭川農業高等学校の卒業生なんです。そんな能登くんが、家業を継いで農家になったとのことで改めてインタビューしてみました!


旭川では14年ぶりのプロ誕生!長谷川大晃プロへインタビュー

旭川では14年ぶりのプロ誕生!長谷川大晃プロへインタビュー

2021年に行われた日本プロゴルフ協会(PGA)の最終プロテストに合格し、旭川出身としては14年ぶりのプロ誕生となった『長谷川大晃プロ』へインタビューを行いました。幼少期の話から来期の目標まで、長谷川プロのゴルフにかける想いをお話していただきました。


技能の世界 WORLD OF SKILL

技能の世界 WORLD OF SKILL

巧みな技術で私たちの暮らしを支える職人たち。経験を重ねるごとに魅力を増す、技能の世界を紹介します 【詳細】産業振興課 65・7047


市民が主役の賑わいづくり

市民が主役の賑わいづくり

中心市街地は人々が交流し、商業や文化、歴史を育んできた「まちの顔」です。市内では、まちなかの活性化に向けた基本計画で3つのエリアを対象に、それぞれの個性を生かしたにぎわいづくりが続けられています。各エリアで活動しているACTの委員4人に、取組みや展望を聞きました。【詳細】地域振興課 25・5316


最新の投稿


春光高架橋から新道に入るあの合流のウインカーはどっちが正しい!?

春光高架橋から新道に入るあの合流のウインカーはどっちが正しい!?

旭川市内にある【?】な道を紹介していきます!


【新店】大人の喫茶店&お魚定食が食べれるお店(旭川市)

【新店】大人の喫茶店&お魚定食が食べれるお店(旭川市)

あっという間に3月ですね。今月も早々に、旭川市には新店が仲間入り! まもなく3月14日にグランドオープンを迎える、大人な雰囲気漂う喫茶店と、先月オープンしたお魚定食が食べれる、ほっこりごはんのお店をご紹介します。


「かためのプリン」と「なめらかなプリン」どちらがお好み?

「かためのプリン」と「なめらかなプリン」どちらがお好み?

ひと言で「プリン」と言っても、さまざま種類がありますね。特に「かためのプリン」と「なめらかなプリン」では好みが分かれるのではないでしょうか。


【旭川】冬でも食べられる冷たいチョコスイーツのお店3つ

【旭川】冬でも食べられる冷たいチョコスイーツのお店3つ

冬の季節は冷たいスイーツの販売をお休みするお店が多い中、一年を通してソフトクリームやシェイクなどを販売しているお店が旭川市内にもあります。濃厚でほろ苦い大人味のチョコレートスイーツ。ソフトクリームや冷たいスイーツを冬に食べるのってなんておいしいのでしょう。旭川市内で見つけたお店を3つ、ご紹介します。


【3月20日】富良野市麓郷地域最後の商店で餅つき開催!

【3月20日】富良野市麓郷地域最後の商店で餅つき開催!

2024年3月20日(水)に富良野市麓郷市街地 藤林商店で開催される『藤林商店事業承継記念 お餅つき』のご紹介です。


コープ

ぴっぷ
vision
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!
カラダ
新店
不動産
本郷美術骨董館'
LINE募集'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
3年ぶり開催の幌加内そば祭りに上杉周大さん登場!会場大盛り上がりで大盛況
ヨシキリ
旭川ホテルガイド
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!