【鉄道写真】絵になるノスタルジックな駅舎 in 旭川

【鉄道写真】絵になるノスタルジックな駅舎 in 旭川

もっぱら駅舎や駅のある情景に惹かれるという鉄道好きへ、旭川市内沿線を撮るなら押さえておきたいスポットを紹介。想像力を掻き立てる、味のあるスナップを楽しんでみませんか。


函館本線 近文駅

旭川駅を出発し、1つめの駅がここ。
きんぶん、ではない。「ちかぶみ」と読む。ちなみにアイヌ語由来の地名。

Photo:KOTA

おっと、お目当てはこの駅舎じゃない。
ホームにある待合室がモチーフだ。

Photo:KOTA

まるで外国の建物のような、何ともアンティークな趣き。一説によると、明治時代からあるとか。

同駅の歴史は古く、開業は明治時代。
当時の旭川は陸軍第七師団が駐屯する軍都として栄え、随所に軍関係の施設があったそうな。
当時は洋風な建築様式を取り入れたものが多く、旧偕行社(現彫刻美術館)もその一つ。

同駅から七師団への支線もあったことから、この待合室の雰囲気もその影響を受けたのかな、なんて想像が膨らむ。

Photo:KOTA

鉄道に特化しなくても、とにかく絵になる建物。
さて、どうやって撮ろうか。

▼冬だっていい絵になる

Photo:KOTA

だからといって侘びた感じに撮るというのもありきたりかな(笑)

▼ということで、高速で通り過ぎる特急カムイを入れて。

Photo:KOTA

SPOT DATA
名称:JR函館本線 近文駅
住所:旭川市近文町20丁目

JR函館本線 伊納駅

「いのう」駅。
前掲の近文駅からさらに1駅進むと伊能だ。
実はここ、鉄道マニア垂涎のスポットでもある。

まず秘境ムードいっぱいの空気感。
そこに無機質な構造物の数々が圧倒的な存在感を放つ。

▼そこに佇むダルマ駅(左)。駅といっても待合室としての機能のみ。
以前はもっとキレイだったが、老朽化によりいい意味で古くて味がある。
階段(右)を進むと上り線ホームがあり、跨線橋(右上)は下りホームへとつながる。
2面2線と、実は秘境駅なんて呼べない立派な駅なのだ。

Photo:KOTA

ちなみにダルマ駅とは貨物用の貨車を改造したもの。車輪がないことから手足のないダルマに例えられた。
道内にダルマ駅は多いが、その中では状態がとても良い方か。
ストーブ設置(煙突がかわいい)されたり、出入りしやすいようステップが施されるなど、なかなか手が込んでいる。
※現在ストーブは撤去

Photo:KOTA

▼停車するキハ54形
函館本線ゆえ列車の往来はけっこうある。同駅の乗降は極めて少ないわりには、スルーされない。

Photo:KOTA

▼ 恥ずかしながら、筆者お気に入りの1カット。
大雪の中でも駅はしっかり守られ地域とともに生きている、の図。
たくましいな、というか、さすがJR。市内のバス停なんぞ除雪もされない(笑)

Photo:KOTA

SPOT DATA
名称:JR函館本線 伊納駅
住所:旭川市江丹別町春日

石北本線 北日ノ出駅

ところは変わって石北本線。
旭川発、東旭川の次の駅。20分弱で北日ノ出に着く。

Photo:KOTA

駅名に「北」とあるが、ちなみに南日ノ出や西日ノ出駅はない。
そんなことより、ないじゃん、駅舎。

と思いきや、振り向けばそこに・・・

あれか? ちょっと離れてるけど。
そこはどこ?畑?

中を確認してみる。
言っとくが、コワいもの見たさのネタじゃないからね。
でも、そんな展開になってくる(笑)

Photo:KOTA

内部。
おおっ、路線図や時刻表がある。
まぎれもなく待合室だ。

鉄道がらみの何かのポスターもある。なんか知らんが頑張れって気になる。
中はキレイだし、ベンチになにか敷いてあるし、使われてるってことは分かる。

それより、良いお酒 花の友って書いてあると思うが、花の友って何だろう。
呑兵衛としてはそっちの方が気になる。

昔のベンチといえばふつう男山だろう。
さすが歴史ある東旭川。独自の文化が感じられる。

Photo:KOTA

それにしても立派。なんたってブロック造だ。
そして、駅名を蛍光灯がほのかに照らすのだろう。昔々まわりが畑ばかりだった頃、遠くからもぽつんと見えるこの駅が、人のこころを癒した・・・
なんて話が想像てきる。

ところで、その駅名の部分。

▼ずいぶんと塗り直し(書き直し)が

Photo:KOTA

この看板からして、なんとも言えぬ味がある。

どうでもいいことかもしれないが、もとは「北日の出」と書かれていた。それを「の」の字のぐるっと丸い部分を白で消して「ノ」にしたようだ。
自治体が示す正しい文字「東旭川町日ノ出」に合わせたのか。地名の文字が違うと地域の子どもらの教育に悪いでしょ、とか不都合が生じたか(個人の推測)。

と、謎を残しつつ、こだわりの1枚。
われ黙々と時を重ねつつ存在せり、の図。

Photo:KOTA

最寄りの道からホームに向かって、ブロックによる歩道が取り付けられている。

下り4本、上り6本(うち1本は休日運休)と利用の少ない中、なんだか、とても大切にされてるな、と思うのだった。

SPOT DATA
名称:JR 北日ノ出駅
住所:旭川市東旭川町日ノ出

撮影にあたって

撮影をする際は、筆者も含め、夢中になりルールやマナーを逸脱しないよう注意したいもの。
ルール違反は、すなわち不法侵入・器物破損・鉄道営業法違反・威力業務妨害となり得る。絶対に侵してはならない。

お互い、気をつけましょうね。

この記事のキュレーター

美味しいもの、旨い酒を味わう時間が何より大事。
不惑の呑兵衛を目指すべく、きき酒師の資格を取得。

・SSI認定FBO公認 きき酒師
・日本酒WEBメディア SAKE TIMES ライター

関連するキーワード


旭川駅 鉄道

関連する投稿


【さよなら秘境駅】廃止寸前、市内2駅を訪ねる

【さよなら秘境駅】廃止寸前、市内2駅を訪ねる

JR北海道3月13日ダイヤ改正で旭川市内2駅が廃止に。乗るなら見るなら今のうちですよ。ということでファンの端くれである筆者も改めて出かけてみました。


【撮り鉄】市内おすすめスポット「JR近文駅」の巻

【撮り鉄】市内おすすめスポット「JR近文駅」の巻

撮り鉄さん、見る鉄さんにおすすめ。筆者がもっぱら通うスポットの中から、JR近文駅(ちかぶみえき)をご紹介。特急から普通列車、さらにマニアックな保線機械まで、色々とオイシイのだ。


ハマナスカラーの特急列車を【撮り鉄】してみましたよ。

ハマナスカラーの特急列車を【撮り鉄】してみましたよ。

「北海道鉄道140周年記念」のハマナスカラーの特急を映して【撮り鉄】の気分を味わいましたよ。 宗谷本線を初めて走る「特急宗谷」を南比布で待ち伏せ! 翌日は、「特急サロベツ」を士別駅で待ち伏せしてみましたので 皆さんにご紹介しますね。 宗谷線ステーションカードの収集と、コラボでたのしみましたよ。 皆さん、これからの季節には、密にならない普通列車でどうですか?


【鉄道フォト】大雪山を背景にする旭川の撮影スポット4選

【鉄道フォト】大雪山を背景にする旭川の撮影スポット4選

車両の撮り方いろいろ。その一つに、地域の情緒を写し込むという手法がある。旭川らしい風景といえば、大雪山連邦を臨む雄大な自然美が代表的。この中をJRが行くところを撮りたい!ということて市内を駆けずり回って探索したスポットをご紹介。


【鉄道とふれ合おう】旭川を走る車両を一挙紹介

【鉄道とふれ合おう】旭川を走る車両を一挙紹介

まず筆者からしてそうなのだが、働く乗り物って見ていて楽しい。普段なにげに目にする列車も、呼び名とか、ほんの少しプロフィールが分かると、俄然、愛着がわいてこようというもの。この楽しさ、共有しませんか。


最新の投稿


【新型ヴェゼル】利便性総まとめ!スマホ活用で使い勝手アップ!

【新型ヴェゼル】利便性総まとめ!スマホ活用で使い勝手アップ!

2月18日(木)に世界同時公開された新型ヴェゼル!初代が大人気車種だっただけに大注目の発表となりました!今回はその利便性を中心に、新型になって大幅な進化をしたヴェゼルを徹底解剖していきます♪ホンダカーズ旭川では先行予約受付中!


紅茶を楽しんでみませんか?

紅茶を楽しんでみませんか?

気になっていた大きな建物は、北海道で初めて「紅茶専門店」として開店したお店でした。 通りからは、大きな信号のオブジェが目を引くお店です。 旭川で紅茶専門のお店3軒のご紹介しますね。 春近くなり、お店巡りが楽しい季節になりましたね。 お店側も、ソーシャルディスタンスを考えての席をご案内してくれますよ。


市民なら誰でも知っている【旭川】で昔から親しまれているお菓子|その3

市民なら誰でも知っている【旭川】で昔から親しまれているお菓子|その3

旭川で昔から親しまれているお菓子として、これまで「旭豆」「壺もなか」「ビタミンカステーラ」「まるきた焼き」「かりんとう」「あずチャンかぼチャン」と紹介してきました。今回は第3弾として、さらに3商品を選んでみました。


忙しいビジネスマンにオススメ!旭川でコスパが良い蕎麦屋をご紹介

忙しいビジネスマンにオススメ!旭川でコスパが良い蕎麦屋をご紹介

忙しい時にサッと食べれる定番の食べ物といえばお蕎麦!!健康的でヘルシーなので、僕はランチで悩んだら、ついつい蕎麦屋さんに行ってしまいます(笑)今回は忙しいビジネスマンに向けて"サッ"と食べることができるオススメのお店を紹介します!!


Delicious Japanese traditional sweets. The three long-established Japanese sweets shops of Asahi-cho !

Delicious Japanese traditional sweets. The three long-established Japanese sweets shops of Asahi-cho !

"Asahibashi Mizuho-dori Shopping Street" that runs from Asahibashi to the Hokkaido Gokoku (a shrine dedicated to martyrs) Shrine. It was once used as an important road connecting the 7th Division to the Asahikawa Station. People used to buy sweets here as a celebration of enlistment or discharge.


万葉の湯
消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?
大雪地ビール館
ぴっぷスキー場オープン中!
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
HONDA 決算開催
幌加内町に上杉周大がやってきた!
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
旭川生まれのスタッドレスタイヤ アイスガード6の実力
北海道マイホームセンター
大雪地ビール館
ヒトミの涙
グルメクーポン
新店舗情報
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!