【石が綱引きしてる!?】旭川市内の野外彫刻Part.5【春光エリア編】

【石が綱引きしてる!?】旭川市内の野外彫刻Part.5【春光エリア編】

【彫刻のまち】とも呼ばれる旭川。市内の街中や公園には約100基もの彫刻が設置されているんだそう。でも、身近であるがゆえに「あまりじっくりと見たことがない」なんて方も少なくないのではないでしょうか? 今回は春光エリアに設置されている彫刻3点を紹介しますよ♪


明地信之『エゾユキウサギ』

出典:asatan

初めに紹介するのは、彫刻美術館前の春光園内にある彫刻。

高さ2mの作品で、北海道に生息する『エゾユキウサギ』が雪の上を走る姿が描かれています。

こちらを手掛けた明地信之さんは、これま「”石で作られた動物」の彫刻を数多く作ってきました。

石が持つ色・形を生かしつつも、生き物の躍動感あふれる姿を見事に表現した作品はどれも人気。国内各地のパブリックスペースに様々な動物の彫刻が設置されています。

出典:asatan

明地さんは「設置場所と作品の調和」をイメージして制作活動をしているそう。その生き物が元々住んでいる環境のことまでしっかりと考え、まるで本物の動物がいるかのような空間のリアリティを追究しているんです。

一例ですが、【アフリカの動物をモチーフにした作品はアフリカを感じさせる場所に】、【水生生物をテーマにした彫刻は実際に水のなかに】設置されています。

今回紹介した『エゾユキウサギ』。【2mという高い位置】に置かれている理由ですが、旭川は積雪量が多い地域ですよね。冬になればこの作品の一部(あるいはほとんど)が雪に埋まり、実際にウサギが雪原を走っている姿になる、という作者の計算があったのかと考えられます。

季節を変えて作品がどのように姿を変えるのか、これも野外彫刻鑑賞の楽しみのひとつだと教えられる作品です。

【作品情報】
『エゾユキウサギ』 明地信之
2018 白花崗岩 200×90×40
春光園内(旭川市春光5条7丁目4)

高橋清『親和』

出典:asatan

こちらの彫刻、もともとは旭川市役所市民文化会館の間の広場に設置されていました。しかし、庁舎の建て替えに伴って、彫刻美術館近くの【春光園へと移動】されたようです。

撮影した際には三角コーンが置かれていましたが、おそらくこれは、子どもたちが登らないように注意喚起することが目的でしょう。

こちらの『親和』の作者は、高橋清さんという方。永遠の存在を感じさせる石に、人間のあり方や祈りを反映させた作品を多く手掛けたことで知られます。

「野外彫刻を紹介する記事のパート3」で紹介した『人』同様に、『親和』もシリーズ的に数作品が制作されており、国内数ヵ所に同名の作品が見られます。


、彼のた、のその時は『人 No.13』という彫刻でしたが、今回は『親和』というタイトル。こちらの『人』同様、『親和』もシリーズ化されているタイトルで、国内各地に、様々な姿の『親和』が置かれています。

抽象的な形の作品ですが、丸みを帯びることで柔らかな優しさと、人と人が寄り添い、心を通わせている様子を感じることができます。

【作品情報】
『親和』 高橋清
1974 白御影石 340×225×55
春光園内(旭川市春光5条7丁目4)

山谷圭司『重さのロンド』

出典:asatan

続いて紹介するのは、井上靖通り(附属旭川中学校横の通り)にある作品。

作者・山谷圭司さんの彫刻には、【石(岩)のゴツゴツとした質感】をそのままに生かし、紐でつるす・スライスする・積み上げるなどの【人の手を加えた作品】が多く見られます。

「展示空間の自然」・「素材の風合い」・「人の技術」の3つが加わった作品は原始的でありがながら、知的な印象を与えます。

『重さのロンド』は綱引きをしているようなたたずまい。【石の力強さと愛らしさ】が垣間見える作品。

”ロンド”というタイトルから、石同士が仲良く踊っているようにも感じられます。

【作品情報】
『重さのロンド』 山谷圭司
1994 御影石・ステンレス 250×500×500
井上靖通り(旭川市春光4条2丁目1)

おわりに

今回は春光エリアに設置されている、3つの彫刻を紹介しました。

【彫刻のまち】とも呼ばれる旭川。公園や街中など様々な場所に彫刻が設置されていますから、散歩のついでなどに、足を止めてじっくりと見てみるのも面白いと思いますよ♪

Part.1~4はコチラ!↓

この記事のキュレーター

asatan公式アカウントです。
旭川とその周辺地域に関連するイベント、グルメ、観光、くらしに役立つ情報などなど、ドシドシご紹介しますのでお楽しみに!

関連するキーワード


彫刻 歴史 公園

関連する投稿


【高さ21mの特大彫刻も!】旭川市内の”野外彫刻”を巡る旅Part.8【平和通買物公園編】

【高さ21mの特大彫刻も!】旭川市内の”野外彫刻”を巡る旅Part.8【平和通買物公園編】

【彫刻のまち】とも呼ばれる旭川。市内の街中や公園には約100基もの彫刻が設置されているんだそう。でも、身近であるがゆえに「あまりじっくりと見たことがない」なんて方も少なくないのではないでしょうか? 今回は平和通買物公園編第2弾! 買物公園周辺に設置されている彫刻4点を紹介します。


旭川市内・近郊の『施設』休館状況【5月28日更新】

旭川市内・近郊の『施設』休館状況【5月28日更新】

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、旭川市内近郊では休館・利用制限されたされた施設が多数あります。当記事では旭川市と近郊市町村の公式HPで発表されている、5月28日時点の各施設の休止情報をまとめています。なお、【状況により急きょ開館状況が変更になる場合】がありますので、出かけになる前に各施設にご確認ください。


【マスクを着けたサックスおじさん】旭川市内の”野外彫刻”を巡る旅Part.7【平和通買物公園編】

【マスクを着けたサックスおじさん】旭川市内の”野外彫刻”を巡る旅Part.7【平和通買物公園編】

【彫刻のまち】とも呼ばれる旭川。市内の街中や公園には約100基もの彫刻が設置されているんだそう。でも、身近であるがゆえに「あまりじっくりと見たことがない」なんて方も少なくないのではないでしょうか? 今回は、平和通買物公園周辺に設置されている3つの彫刻を紹介します!


旭川市内の”野外彫刻”を巡る旅Part.6【花咲エリア編】

旭川市内の”野外彫刻”を巡る旅Part.6【花咲エリア編】

【彫刻のまち】とも呼ばれる旭川。市内の街中や公園には約100基もの彫刻が設置されているんだそう。でも、身近であるがゆえに「あまりじっくりと見たことがない」なんて方も少なくないのではないでしょうか? 今回の『”野外彫刻”を巡る旅Part.6』では、花咲エリアに設置されている彫刻4点を紹介します!


【困りごと解決!】昼ご飯をテイクアウトしたら近場の公園へGO!

【困りごと解決!】昼ご飯をテイクアウトしたら近場の公園へGO!

テイクアウト需要が高まり、自宅や会社へ持ち帰ってお店の味を楽しんでいる人が増えています。 その一方で、ランチはいつも外食。でも最近は「イートインでランチするのははばかれる。テイクアウトしたくても食べる場所がない」といった声が増えています。 そんな人のためにテイクアウト後に行って欲しいスポットを紹介します。


最新の投稿


夜の美瑛放浪記

夜の美瑛放浪記

どうも~。広林 小尚(ひろばやし こなお)と申します。 わたくし、いろんな街の飲み屋街を呑み歩くのが好きで今まで訪問した街は20箇所近くあります。 お気に入りの飲み屋街は、帯広、北見です。 そろそろ未踏の飲み屋街を開拓したいなぁぁぁぁと考えてまして、思い立った町が美瑛町!!旭川からも近く、友人も住んでいて、美味しいと評判のお店の事前情報も入手していたので、行ってみることにしましたー。


地元食材でアウトドア飯♪レシピとお店をご紹介

地元食材でアウトドア飯♪レシピとお店をご紹介

これから夏に向かってアウトドアにぴったりないい季節!キャンプやBBQが楽しくなりますね。焼肉も魅力的だけれど、いつもと違う&カンタンにできる「アウトドア飯」でキャンプ気分を味わってみませんか。おうちの中や庭先ではもちろん、キャンプ地でも楽しめるアウトドア飯とレシピをご紹介します。


【買物公園沿道】ラーメンめぐり最新事情 4軒

【買物公園沿道】ラーメンめぐり最新事情 4軒

街ぶらやショッピングで訪れた皆様へご案内。ラーメンでも食べて帰ろうかニーズにお応えする、買物公園沿道のお店情報4軒あります。


アイスクリーム好き♡市内&近郊のおいしいお店3つ

アイスクリーム好き♡市内&近郊のおいしいお店3つ

少しずつ夏を感じ始めたこの季節。冷たいスイーツが恋しくなってきましたね。ソフトクリームはもちろんアイスクリームもおいしいっ♡旭川&近郊でおいしいアイスクリームを食べられるお店をご紹介します。


【旭川市】商業&レジャー施設の臨時休業&再開・営業時間変更まとめ

【旭川市】商業&レジャー施設の臨時休業&再開・営業時間変更まとめ

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け臨時休業や店舗利用中止の商業施設、そして再開などをまとめました。(2020.6.2現在)


旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!

人気ランキング


>>総合人気ランキング
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
コープさっぽろの組合員になりませんか?
グルメクーポン
新店舗情報