【北海道米のヒミツ③】北海道米をおいしく変えた神ワザ!品種改良って?【完成まで8年】

【北海道米のヒミツ③】北海道米をおいしく変えた神ワザ!品種改良って?【完成まで8年】

今や〝おいしいブランド米″の代表格となった『ゆめぴりか』や『ほしのゆめ』。これらが旭川の隣、上川にある試験場から誕生していたこと、知っていますか?でも北海道には『不毛の大地』と呼ばれていた歴史があるんです。どうしてここまでおいしくなったのか?第3弾となる今回は、おいしくなった理由である「品種改良」の全貌をお届け!


北海道をおいしく変えた『品種改良』とは?

簡単にいうと、新しい苗を作ることです!

ただ『新しい苗を作る』といっても、それにかかる歳月はなんと約8年。とにかく気の遠くなる作業なんです…。

旭川にもっとも近い場所で『品種改良』を行なっているのが、上川にある『上川農業試験場』。あの『ゆめぴりか』や『ほしのゆめ』、『きらら397』も『上川農業試験場』で生まれているんです。それだけで、めちゃくちゃすごい場所だというのがわかると思いますが…今回は!そんな『上川農業試験場』に、『品種改良』について伺いました。

上川農業試験場ってどんなところ?

出典:asatan

1886年に上川に誕生した農業試験場。品種改良を行なう水稲グループ、農薬の効用試験・害虫の診断・栽培技術の開発を行なう生産環境グループ、野菜の栽培技術を研究する地域技術グループ、といった3つの研究グループがあります。

道内に9ヵ所ある試験場のなかでも、上川は広大な土地に大雪山からの豊富な水、さらには夏の温暖な気候が米づくりに適していることから、昔から水稲研究に力を注いできました。1980年に優良米開発の取り組みが始まって以来、ここから生まれた品種は数知れず…。

しかし!!!試験場で新たな品種を開発する研究員はわずか6人しかいないんです。彼らはどのような作業をして、数多くのブランド米を作ってきたのでしょう。水稲グループの研究員さんに、いくつか質問を投げかけてみました!

取材協力:上川農業試験場(取材内容は2017年10月時点)

『不毛の大地』が優良米をつくるようになったきっかけは?

「北海道米はまずい」と昔はよくいわれていました。それは気温が低くて稲の発育が遅いので、おいしさを蓄える期間が短かったからなんです。ですが1970年に国が米の生産調整を行なったため、売れる米にしなければなりませんでした。

そこで上川農業試験場では、米の味に影響する『成分』に着目して改良を続け、新しい稲をつくりました。不利な気候が成分に着目するという今のやり方を生んだんです。

おいしいお米とおいしくないお米では何が違いますか? 

おいしい米の特徴は簡単にいうと、でんぷんの一種である『アミロース』と『タンパク質』の量が少ない、ということなんです。アミロースを多く含んでしまった米は粘りが少なく、タンパク質が多ければ黒っぽく、硬い米になってしまうんです。

上川農業試験場では、これらの成分を計測できる機械を導入したことで、数値でおいしさを判断することができるようになり、日本人好みのモチモチとした米を開発することができたのです。

品種改良はどんな作業をするのですか? 

まず、稲の自家受粉を防ぐためにおしべを手作業でひとつずつ取り除きます。その後違う品種の花粉を人工的に受粉させる交配を行ないますが、稲を植えてすぐでは特徴にばらつきが出てしまうため、その後4世代までは植え続けて種を安定させます。

その後は生育状況や食味の評価を繰り返し、合格した稲が品種となります。毎年、80組み合わせほどつくりますが、それが最終的に品種となるのは、4~5年にひと組み合わせで、交配させてから品種になるまでには約8年がかかります。

品種として出される前にどんな試験を行ないますか?

生育が早いものや、冷害・病気・害虫などの耐性を持っている稲を選び、およそ数十種類にしぼった後にようやく食味の試験を行ないます。

1度目は機械測定である程度の選別をして、それからは1日に2回、グループの職員が実際に食べて評価をします。基準となるのは『ななつぼし』で、これを基準に外観・香り・味・粘りなどを相対評価していきます。

これまでに印象的なお米はありますか? 

この仕事を始めて20年余りですが、1番印象的だったのは『ゆめぴりか』でしょうか。もちろん出来に自信はありましたが、味わいが今までの品種とは格段に違ったので、受け入れられるかが少し心配でした。

ですが、全国で行なった食味官能試験でも非常に高い評価を受けて、その後北海道米を代表する人気品種になってくれました。それに『ゆめぴりか』は『きらら397』以来に全国でCMを流したので、テレビで見るたびに「すごいものをつくったんだ」という実感がわいて、とても嬉しかったですね。

上川農業試験場にある施設をちょい見せ!

食味分析室

出典:asatan

米の成分や粘り・硬さなどを分析する装置が並ぶ部屋。なかには市販の機器を改造したものもあるそうです。

ガラス温室

出典:asatan

短日処理棟と呼ばれる施設内にある、交配した稲が置かれる温室。袋には親となる品種の名前が書かれています。

人工気象棟

出典:asatan

設定温度の異なる部屋が並んでいて、温度の違いで発育や米の成分がどう変化するのか研究する棟のこと。

圃場

出典:asatan

歴代の稲と現在活躍する稲が列ごとに植えられた敷地内の水田のことです。外見や発育の違いがよくわかりますね。

おわりに

全3回にわたってお届けした、北海道米のおいしさのヒミツ、いかがでしたか?想像できないほどの作業、努力のうえにこのおいしさがあること、しっかり伝わりましたでしょうか?

ちなみに上川農業試験場で今年誕生した『えみまる』は、水田に苗ではなく種をまき育てる直播栽培品種で『ほしまる』の後継なんです。種になったことで作業負担が軽く、規模を拡大しやすいのが特徴だとか。

この先もきっと、さらなる進化をとげるであろう北海道米!これからどんなおいしさに出会えるのか、今から楽しみですね。さぁ、今年も新米たくさん食べるぞ~!

この記事のキュレーター

asatan公式アカウントです。
旭川とその周辺地域に関連するイベント、グルメ、観光、くらしに役立つ情報などなど、ドシドシご紹介しますのでお楽しみに!

関連するキーワード


北海道米 農業

関連する投稿


旭川の農業はここがスゴイ

旭川の農業はここがスゴイ

豊かな自然で育った旭川の農作物には、全国に誇れる品質や収穫量、多様さがあります。先進技術で挑戦する農家や、丹精して酒米を育てる高校生、担い手の個性も光ります。旭川の農業の魅力を紹介します。【詳細】農政課 25・7417


【北海道米のヒミツ①】北海道米×新米は最強!ゆめぴりかは国内最高ランク

【北海道米のヒミツ①】北海道米×新米は最強!ゆめぴりかは国内最高ランク

今や〝おいしいブランド米″の代表格となった『ゆめぴりか』や『ほしのゆめ』。これらが旭川の隣、上川にある試験場から誕生していたこと、知っていますか?でも北海道には『不毛の大地』と呼ばれていた歴史があるんです。どうしてここまでおいしくなったのか?全3回にわたって、おいしさの秘密を徹底解説します!記事の内容は2019年10月2日当時のものになります。


【旭川市】旭川市開村130年記念特集 0から始めた米作りの歴史

【旭川市】旭川市開村130年記念特集 0から始めた米作りの歴史

旭川市は今年で開村130年。 様々な苦境を乗り越えてきた先人たちの努力を 4回にわたって紹介します。 1回目は、米作りの歴史を振り返ります。


旭川と近郊で美味しい【おにぎり】が食べられるお店4選!

旭川と近郊で美味しい【おにぎり】が食べられるお店4選!

最近では、コンビニに行けば24時間いつでも買うことができる「おにぎり」。もちろんコンビニのおにぎりも美味しいのですが、裏の原材料表示を見るとなにやらカタカナで文字が…。せっかく米どころの旭川に住んでいるなら、もっと美味しいおにぎりが食べたいですよね。そんなことで今回は、旭川市と東川町で美味しいおにぎりのお店を4つ紹介します。


地元産のお米を食べよう!農家さんの名前がわかる【美味しいお米】4選

地元産のお米を食べよう!農家さんの名前がわかる【美味しいお米】4選

マツコ・デラックスのテレビCMなどもあり、今や美味しいお米として全国的に知られるようになった北海道米。特に旭川市を中心とする上川は、昔から米どころとして知られています。今回は、旭川と近郊でこだわりの農家さんが作った美味しいお米を紹介します。


最新の投稿


旭川の蒸し暑い夏には冷麺が最適!市内おすすめ店3つを紹介

旭川の蒸し暑い夏には冷麺が最適!市内おすすめ店3つを紹介

これからどんどん蒸し暑くなってくる旭川。やっぱり冷たい料理が食べたくなりますよね?そんな時におすすめなのが冷麺!ひんやりもちもちの麺と色とりどりの野菜。味も見た目も夏らしいおすすめの冷麺を3つご紹介します♪


旭川からの観光にも!札幌の二条市場を満喫しよう~海鮮や日本茶も

旭川からの観光にも!札幌の二条市場を満喫しよう~海鮮や日本茶も

札幌の中心部にある、二条市場。新鮮な魚介類が手に入るスポットです。「観光」のイメージが強い二条市場ですが、週末や年末には、地元の人達も多く利用します。お店の人と距離が近く、やり取りも楽しい二条市場。今回は、3つのお店をご紹介します。


グルメ・ハンドメイド多数出店!士別市で香りのガーデンフェスティバル開催

グルメ・ハンドメイド多数出店!士別市で香りのガーデンフェスティバル開催

2022年7月23日(土)・24日(日)に士別市で行われる『香りのガーデンフェスティバル』のご紹介です。


asatanを活用して旭川の飲食店を巡ろう♪検索で店舗情報もルート案内もすぐ!

asatanを活用して旭川の飲食店を巡ろう♪検索で店舗情報もルート案内もすぐ!

asatanを活用してお気に入りのお店を探したり、実際に店舗へ簡単に行ける方法を紹介します♪


生姜の香りが食欲を誘う!【旭川】夏バテにおすすめのしょうが焼き定食

生姜の香りが食欲を誘う!【旭川】夏バテにおすすめのしょうが焼き定食

生姜の香りが食欲を誘うしょうが焼き。豚肉には疲労回復に効果があるビタミンB群が豊富なので、夏バテで疲れた体にぴったりの食事です


消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?
北海道マイホームセンター

ぴっぷいちご狩り
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
上杉周大さんが幌加内町でそば打ち体験!町長も試食で絶賛!?
ヒトミの涙
旭川ホテルガイド
幌延町ってどんなトコ? 知られざる町の魅力を井上仁志が紹介!
グルメクーポン
新店舗情報