どこでも手軽に飲めるのが魅力【カップ酒】高砂酒造、男山、国稀酒造

どこでも手軽に飲めるのが魅力【カップ酒】高砂酒造、男山、国稀酒造

おじさん臭い、呑兵衛みたいというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、最近は若い人や女子に日本酒の「カップ酒」が人気です。今回は、旭川の酒蔵高砂酒造、男山、増毛町の国稀酒造のカップ酒を紹介します。


高砂酒造【国士無双麻雀カップ】

高砂酒造は、明治32年に小桧山酒造として創業。昭和40年に石崎酒造と合併して「高砂酒造株式会社」となりました。現在は、「明治酒蔵」として直売所となっている建物は、明治42年に建てられた酒蔵です。

高砂酒造が、昭和50年に生み出したのが「国士無双」で全国的なヒット商品となり、現在も高砂酒造を代表する銘柄となっています。

国士無双には、佳撰、本醸造、純米酒、吟醸酒、大吟醸とありますが、昭和50年の発売以来、変わらない淡麗辛口のスッキリとした味わいの佳撰を、まずはお試しください。

国士無双の麻雀カップは、真紅のラベルに美術家の可良氏が筆した「国士無双」が描かれたデザインが印象的。

日本酒ファンだけでなく、麻雀好きの人もぜひ飲んでくださいね。役満国士無双をあがれるかもよ(麻雀のルールを知らない人は、わからないかもしれませんが国士無双とは、麻雀のすごい役なんです)

店名:高砂酒造 明治酒蔵
住所:旭川市宮下通17丁目
電話:0166-22-7480
営業時間:9:00~17:30
定休日:年末年始
駐車場:あり

男山【生もと純米カップ】

高砂酒造と並んで旭川を代表する酒蔵の「男山」。その前身は、新潟出身の初代当主山崎與吉が、明治20年に札幌で創業した山崎酒造です。その山崎酒造が、旭川に移ってきたのは高砂酒造の前身小桧山酒造が創業した明治32年です。

山崎酒造は、昭和43年に新社屋竣工と共に社名を男山株式会社へと変更しました。「男山」は、江戸時代に伊丹で誕生し、徳川将軍家の御膳酒に指定されるほどの銘柄。その男山を蔵元の末裔から正式に継承を受けたのが、旭川の「男山」です。

「男山」は、昭和52年に日本酒では世界初となるモンドセレクション金賞を受賞。以来40年に渡って継続して受賞していて、他にも国内外の酒類コンクールや全国新酒鑑評会で数多くの金賞を受賞しています。

国道39号線沿いの永山2条7丁目にある「男山酒造り資料館」は、2階~3階で男山や酒造りの歴史に関する資料の展示、1階は試飲・売店コーナーになっています。

男山のカップ酒は、「生もと純米カップ」。ラベルには、北海道を代表する花のラベンダーやカタクリ、エゾエンゴサク、エゾノリュウキンカ、キクザキイチゲのイラストが描かれています。中に詰められているのは、米、米こうじだけで醸した生もと純米。芳醇で辛口、スッキリと味わいです。

店名:男山酒造り資料館
住所:旭川市永山2条7丁目
電話:0166-47-7080
営業時間:9:00〜17:00
定休日:無休
駐車場:あり

国稀【上撰カップ】

「国稀酒造」は、増毛町にある日本最北の酒蔵です。創業は明治15年で、当時の醸造蔵があった旧本店で現「旧商家丸一本間家」は国指定の重要文化財となっています。

そのすぐ横にある、現在は直売所や資料館として使われている建物も、増毛の歴史的建物群として北海道遺産に選定されています。

この歴史ある建物の中には、國稀を代表する銘柄「鬼ころし」や「純米大吟醸原酒 瀧山」「純米大吟醸 清風ー極」などが並んでいますが、懐かしい上撰国稀のカップ酒も!

上撰とは、かつてあった「特級」「一級」「二級」の等級で、一級クラスにあたるお酒です。

このカップ懐かしいですね。昔、食堂でこのカップで水が出てきましたよね。そして歯磨きのコップに使っていた家もあるのでは?カップには増毛の特産であるリンゴとサクランボのかわいい絵が描かれています。

これは飲み終わっても棄てられないですよね。味は切れのあるスッキリとした辛口。上撰国稀は、一升瓶も五合瓶も売っていますが、やっぱりこのカップが買いたいかも。

名称:国稀酒造
所在地:増毛郡増毛町稲葉町1丁目17
電話:0164-53-1050
営業時間:9:00〜17:00
定休日:無休(年末年始を除く)
駐車場:あり

まとめ

手軽に飲めるカップ酒。最近では、日本酒ファンだけでなく若い女性にも人気です。その人気の理由は味はもちろんですが、カップに描かれたかわいいデザイン。今回は、旭川と増毛の酒蔵から紹介しましたが、ネット通販では全国のカップ酒をお取り寄せできるので、ぜひ飲み比べてみてはいかがでしょうか。

この記事のキュレーター

フリーのWEBライター。専門のジャンルは、食、観光、グルメ、農業、転職など。

関連するキーワード


日本酒

関連する投稿


【旭川】そんな地酒に魅せられて ~4月酒蔵最新情報

【旭川】そんな地酒に魅せられて ~4月酒蔵最新情報

酒蔵のあるマチ旭川。四季を通して日本酒のすばらしさを私たちに伝えてくれています。日頃から旭川の地酒を愛飲する筆者が興味を抱いた各社の動向に触れてみました。今回は2蔵、新発売2本のレビューをお届け。


料理が旨い!地酒蔵の酒粕で【塩粕】をつくろう

料理が旨い!地酒蔵の酒粕で【塩粕】をつくろう

塩麹よりも手早く出来て塩麹にも負けない旨みがたっぷり。酒蔵のあるマチ旭川ならではのスロウフードとして、家庭料理に地酒蔵の風味を生かしませんか。ここでは塩粕(しおかす)の作り方、それを使った一品を紹介しています。


酒が飲まさる【極上なアテ】第2弾おすすめ3品

酒が飲まさる【極上なアテ】第2弾おすすめ3品

「飲まさる」は北のグルメ用語(いえ、ただの方言です)。ついつい酒が進み、筆者に「飲まさるわ~」と言わせた絶品のツマミを紹介します。ローカル用語のガイダンスも。


【旭川】そんな地酒に魅せられて ~酒蔵2社最新情報

【旭川】そんな地酒に魅せられて ~酒蔵2社最新情報

「今朝ノ酒」に「蔵酒一番しぼり」等々この冬もNEWSな旭川の地酒。近頃発売の商品をさっそく味わってみました。それに合う自作の酒肴も紹介しています。


【お歳暮】お酒好きにピタリとハマる地酒の贈り物 

【お歳暮】お酒好きにピタリとハマる地酒の贈り物 

コロナ禍で帰省もままならない年末年始。せめて大切な人には心のこもったものを届けたいですよね。そこで、お酒のイケる方なら旭川の地酒はいかが。蔵の売店をのぞいてみれば、喜んでもらえそうな品がズラリと揃っていますよ。またはオンラインでも。


最新の投稿


間違いなくおいしい旭川の個性派しおらーめん3つ

間違いなくおいしい旭川の個性派しおらーめん3つ

個性派ラーメンぞろいの旭川。自分は普段そんなにラーメンを食べに行かないのですが、そんな自分がリピートしたくなった旭川の個性派しおらーめんを3つご紹介します!※緊急事態宣言中の不要不況の外出はお控えください。


新型コロナウイルスに負けるな!手作りマスクで広がる地域の絆

新型コロナウイルスに負けるな!手作りマスクで広がる地域の絆

今では私たちの生活に欠かせないマスク。新型コロナウイルスの影響が長期化する中、手作り布マスクで、旭川を少しでも明るく元気にしたいという願いから、支援事業を行いました。布マスクのイラストを担当した絵本作家のあべ弘士さんや、製作に携わった市内の事業者から、マスクに込めた思いを伺いました。


【美味しいジャムが食べたい!!】旭川市内近郊で買える絶品ジャムのご紹介♪

【美味しいジャムが食べたい!!】旭川市内近郊で買える絶品ジャムのご紹介♪

なんだか無性にジャムが食べたくなる日ってありませんか?私は最近、気づけばジャムを探してしまう日々を過ごしていました(笑)そんな私が実際に食べて感動した美味しいジャムとそのジャムおすすめの食べ方をご紹介します◎※緊急事態宣言中の不要不況の外出はお控えください。


道の駅・空港・駅【旭川】フードコートにあるおそば屋さんで食べる天丼

道の駅・空港・駅【旭川】フードコートにあるおそば屋さんで食べる天丼

自分で揚げるとなると面倒な天ぷら。そんな天ぷらを気軽に食べられるのがおそば屋さんの天丼ですよね。今回は、道の駅あさひかわ、旭川空港、イオンモール旭川駅前のフードコートにあるおそば屋さんで天丼を食べてきたのでご紹介します。※緊急事態宣言中の不要不況の外出はお控えください。


続【旭川ラーメン】大の醤油派も一目置く塩ラーメン3杯

続【旭川ラーメン】大の醤油派も一目置く塩ラーメン3杯

昨年、筆者こと大の醤油派が感銘を受けた塩ラーメンを紹介しましたが、さすがラーメンのまち旭川。まだまだありました。噂に聞いた旨い塩ラーメンを今再びご紹介します。 ※写真や情報は取材当時の内容につき最新のものとは異なる場合がありますので予めご了承ください※緊急事態宣言中の不要不況の外出はお控えください。


万葉の湯
消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?
大雪地ビール館
北海道マイホームセンター
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
HONDAの車で出かけよう
幌加内町に上杉周大がやってきた!
旭川のお部屋さがしは青いリンゴのリアルターアップル
大雪地ビール館
ヒトミの涙
旭川ホテルガイド
グルメクーポン
新店舗情報
旭川を盛り上げよう!キュレーター募集!