【撮り鉄】市内おすすめスポット「JR近文駅」の巻

【撮り鉄】市内おすすめスポット「JR近文駅」の巻

撮り鉄さん、見る鉄さんにおすすめ。筆者がもっぱら通うスポットの中から、JR近文駅(ちかぶみえき)をご紹介。特急から普通列車、さらにマニアックな保線機械まで、色々とオイシイのだ。


近文駅スポットの見どころは、まず歴史を感じさせるモチーフがあること、市内の他の路線に比べ往来する車両が多いこと、機械マニア垂涎の保線基地であること、等々だ。

What’s 近文駅

話を始める前に、まずは、近文駅のプロフィールをざっくりと。

現在はJR北海道とJR貨物による函館本線の駅として存在する。
同駅が誕生したのは明治時代。旧日本陸軍第七師団の兵営地建設に係る軍用引込線の設営のため開設された。
戦後は同駅と旭川市内大町を結び石炭や木材などの貨物支線として利用されるが、今は貨物の発着はなく、普通列車の乗降のみの無人駅となっている。

構造は島式1面2線。ホーム上には明治時代より使われてきた待合室がある。
上の画像では線路が多数あるが、実際に使われているのは島式ホームに接する上下線の2本だけだ。

下り線の外側にはかつて使われていた貨物支線や、同駅と企業(石油会社やホクレンなど)を結んだ専用線の名残が見られる。
上り線の外側は近文保線基地の敷地となっていて、一般人は立ち入ることはできない。

POINT-1 ノスタルジックなモチーフ

まず、前項で記したように、産業遺産、鉄道遺産的な雰囲気があること。これが他の駅にはない魅力だ。かつて使われていた支線の名残が数本残っているほか、特にホーム上の待合室は明治に流行した洋風建築の趣きにあふれ、フォトジェニックなことこの上ない。

ちなみに、Googleの写真モードで同駅に照準を合わせ、ここから支線跡がどこまで続いているか見てみるのも面白いですよ。

POINT-2 往来する車種多し

同駅を通過・停車するのは比較的運行の多い札幌・旭川を結ぶ特急列車をはじめ、札幌から稚内や網走に向かう特急列車、さらには滝川・旭川間の通勤列車などだ。また札幌ターミナルと北旭川ターミナル間の貨物列車、札幌同と北見ターミナル間の貨物(通称たまねぎ列車/臨時運航)も。

同駅を往来する車両は次のとおり
■電 車 【特急形】789系0番台・789系1000番台 【通勤形】721系
■気動車 【特急形】キハ261系0番台・キハ183系 【国鉄型】キハ54形500番台・キハ40形 【貨物】DE200型

カメラの立ち位置は、駅のホーム入口、島式ホーム上、駅エリアと線路向こうの町内を結ぶ跨線橋(見晴らしバツグン)の他、駅駐輪場から柵越しに構内を狙うポイントもある。

車両の画像一覧

電車 (特急形)

789系0番台
特急ライラック(札幌~旭川)に使用

789系1000番台
特急カムイ(札幌~旭川)に使用

電車 (通勤形)

721系
札幌~旭川間、滝川~旭川間で運用

気動車 (特急形)

キハ261系0番台
特急宗谷(札幌~稚内)に使用

キハ183系
特急オホーツク(札幌~網走)に使用

気動車 (国鉄形)

キハ54形500番台

キハ40形

気動車 (貨物)

DE200型(愛称レッドベア)
たまたま貨車を引かない単独走行を撮ったもの。なんか可愛い(笑)のでアップ。

POINT-3 保線の専用車両も

同駅敷地にはJR北海道旭川保線管理室の近文保線基地が併設。保線のための大型保線機械を見られることもある、マニアには垂涎のスポットでもある。

一例として、筆者が遭遇したものをアップしてみました。

上の画像は、バラスト散布用のホッパ車と、それを牽引する保線モーターカー。バラストとは線路の下に敷き詰める石のこと。基地内にはバラストが一定量ストックされ、ここでバラストを積み込み工事箇所に向かうようだ。

そして、下の車両(残念ながら車両フロントでなくリア側のアングルだが)が、通称マルタイと呼ばれるマルティプルタイタンパー(北海道軌道施設工業所有)。列車が走ることによって生じるレールのずれを検出して修正する大型保線機械だ。
ある日、忽然と停まっていたのを撮影。

ちなみに、この機械はレールの上を自走できるが、車両として扱われていないため、動かせるのは他の車両が路線にいない状態の時だけ(閉鎖が必要)と決められているらしい。その時間はおのずと列車が走らない真夜中となるため、動くこれにお目にかかれるのは稀だ。

諸注意

駅から程近くにローソンや飲食店もあるので、料飲の調達はラク。なので、その気になれば1日中粘ることもできる。
思いっきり蛇足だが、駅には利用可能なトイレがあるが、大便器(女子用?)にはトイレットペーパーがないので要注意。

撮影に当たっては、線路内に立ち入らない等の法の順守はもちろんのこと、駅および保線基地関連エリアには無断で立ち入らないようマナーを徹底すること。
また、車でお出かけになるなら、ご近所迷惑にならぬよう十分に配慮されたい。
誰かの迷惑行為が、多くの撮り鉄の肩身を狭くします。

この記事のキュレーター

美味しいもの、旨い酒を味わう時間が何より大事。
不惑の呑兵衛を目指すべく、きき酒師の資格を取得。

・SSI認定FBO公認 きき酒師
・日本酒WEBメディア SAKE TIMES ライター

関連するキーワード


電車 鉄道

関連する投稿


旭川日帰り圏内。映画と鉄道が好きな筆者が【ロケの舞台】で感動してきた!

旭川日帰り圏内。映画と鉄道が好きな筆者が【ロケの舞台】で感動してきた!

鉄道ファンも必見。映画好きに加え鉄道好きという筆者が特に愛して止まない作品の、ロケ地となった駅をご紹介。名優が演じたホームに立てば、名シーンがよみがえるのでした。


気分はブラタモリ【旭川】旧函館本線廃線跡ウォッチング

気分はブラタモリ【旭川】旧函館本線廃線跡ウォッチング

石狩川に沿って走る旭川サイクリングロード(近文/旭西橋―深川/神納橋)。これがかつて線路だったことをご存知の方は多いと思います。実はまだ、ここには旧国鉄時代の遺物が多数あり、鉄道マニアをわくわくさせる、いわば鉄道遺構ロードでもあるんです。


JR富良野線に乗ってのんびりプチ旅行♪鉄道旅行の見どころをご紹介!

JR富良野線に乗ってのんびりプチ旅行♪鉄道旅行の見どころをご紹介!

北海道の鉄道旅行って魅力がいっぱい♪各駅周辺には美味しい飲食店があり、JRのキャンペーンやタクシー会社の旅行プランを使えば、自分で車の運転をすることなく快適に北海道の旅行を楽しめます。今回は、人気観光エリア旭川~富良野間で1泊2日で楽しめるオススメのスポットをご紹介します。


JR富良野線・宗谷線・石北線に乗ると切符代が半額!?インスタイベントも開催中

JR富良野線・宗谷線・石北線に乗ると切符代が半額!?インスタイベントも開催中

旭川市役所地域振興部都市計画課では、JR富良野線・宗谷線・石北線をより多くの方に利用していただくために様々な企画を打ち出しています。このお得な機会に、ぜひ鉄道をご利用ください。


【なんて読むの??】旭川近郊JR難読駅名5選

【なんて読むの??】旭川近郊JR難読駅名5選

北海道にはアイヌ語に由来する地名がたくさんあります。もちろんJRの駅名にも地名が反映されることが多く、アイヌ語由来の駅名が数多く存在します。中には「えっ!これなんて読むの?」と悩んでしまうような地名も少なくありません。今回はそんな難読駅を5つ紹介します。


最新の投稿


最高に甘くてホクホク!旭川で買える美味しい焼き芋3選

最高に甘くてホクホク!旭川で買える美味しい焼き芋3選

この時期恋しくなるスイーツといえば焼き芋という人も多いはず!専門店だけでなくスーパーでも気軽に安く買えるようになってきましたよね。今回は旭川市内で買える最高に甘くておいしいホクホクの焼き芋を3つ紹介!割った瞬間に湯気が出てくる温かさと甘さにびっくりすること間違いなしの焼き芋ですよ♪


毎日違う味が楽しめる旭川の日替わり定食3選

毎日違う味が楽しめる旭川の日替わり定食3選

ランチはお得でいろんなおかずが食べられるものが良いですよね?旭川には毎日違う味が楽しめる日替わりランチのお店がたくさんあるんです♪しかもおかずがいっぱい!たくさん食べれてお腹いっぱいになるリピ確定のお店を3つ紹介!一度行くと毎日行きたくなるおすすめのお店ばかりですよ♪


旭川市で【無料】貸出ししている『歩くスキー』を借りて冬を楽しもう

旭川市で【無料】貸出ししている『歩くスキー』を借りて冬を楽しもう

みなさんは旭川市が「歩くスキー」の無料貸出しを行っていることをご存知でしょうか?  え?そんなウマい話はないだろうって? いやいや、実はホントにあるんですよ!  それが旭川市が行っている「歩くスキーリユース事業」なんです。  実際、用具を一式セットで買って揃えると結構高価な買い物になりますが、無料で貸してもらえるなら気軽に始めることが出来ますよね?  初心者の方も、少しブランクが空いてしまったリターンスキーヤーも、気軽にドシドシ借りてウインターシーズンをいっぱい楽しんじゃいましょう!


風呂上りに最高!人気の日帰り入浴施設でおすすめの冷たい甘味3選

風呂上りに最高!人気の日帰り入浴施設でおすすめの冷たい甘味3選

雪かきや寒さで肩や腰のコリや痛みを感じている人も多いのではないでしょうか。そんな症状を癒すのに大きなお風呂にゆっくりと入りたいですよね。今回は旭川と東川で人気の入浴施設で、おすすめの冷たい甘味をご紹介します。


ボコボコで厄介!そろばん道路がなぜできるか知ってる?

ボコボコで厄介!そろばん道路がなぜできるか知ってる?

北海道の雪道で厄介なものといえばボコボコのコブが無数に出来た通称『そろばん道路』。道民の誰もを悩ませるこの道路がどうやってできているのか疑問に思ったことはありませんか?今回はそんな冬道の厄介者『そろばん道路』について少しご紹介します。


万葉の湯
消毒x保湿 マジックハンドクリーム

コープさっぽろの組合員になりませんか?
大雪地ビール館
北海道マイホームセンター
本郷美術骨董館'

人気ランキング


>>総合人気ランキング
上杉周大さんが幌加内町でそば打ち体験!町長も試食で絶賛!?
大雪地ビール館
ヒトミの涙
旭川ホテルガイド
グルメクーポン
新店舗情報